Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  The Meta Report #23 (2014年6月第4週)

The Meta Report #23 (2014年6月第4週)





さて、今週もDKMRメタリポートが公開されました。今週はメイジとの対戦機会が圧倒的に増えた気がしますが、自分のランク帯だけだったのでしょうか。個人的にはハンターブームが到来しております。シーズン終盤というのは、ヒーローの人気度に大きな影響を与えたのでしょうか。



Introduction (初めに)


シーズンが終わりに近づく中、メタは比較的安定していたといえます。ドルイドとメイジの人気度がやや上昇し、ウォーロックは定位置をキープしているといった具合です。メタがこの一週間でどう変化したのか、そしてあなたのお気に入りのヒーローの人気度はいかほどなのかこのリポートで確かめてみてください。


以下に、DKMRのメタランキングを示します。これはLadderにおける普遍性/人気であって、必ずしも強さを意味するわけではありません。しかし、強力なデッキはそれだけ多くの人にプレイされるというのは間違いありません。また人気のデッキに対するカウンターを考えるプレイヤーも一定数存在します。そういったプレイヤーの心理がメタに影響をあたえるわけです。





Meta ranking (メタ人気ランク)


druid001
 Druid -Dreamhackの大会後、更に人気度が高まっています。ミッドレンジドルイドに 「Argent Commander」 と1~2セットの 「Force of Nature」 + 「Savage Roar」 を加えたデッキがよく見られます。トークンドルイドは相対的に減少している状態です。Ladderには14点ダメージドルイドで溢れかえっていると言ってもよいでしょう。


warlock001
 Warlock - ウォーロックはドルイドに対し一定の優位を保てることから、Zooそしてハンドロックの両デッキがLadderにおける有力な選択肢となっています。以前より、ハンドロックはミッドレンジドルイドを得意としていたのですが、「Force of Nature」 + 「Savage Roar」 の追加により優位性が低下している状態です。ZooウォーロックはLadderランクを上げるのに相変わらず安価で強い選択肢となっています。ただ、こちらもミッドレンジドルイドの増加に苦戦しているようです。


rogue001
 Rogue - ハンドロックにはやや不利な反面、ドルイドとのマッチアップにはなんとか有利が取れることから、ミラクルローグの人気度が再び上がってきています。アグロローグもその強さから一定の人気を得ています。ミラクルローグに関しては、「Sinister Strike」 と 「Southsea Deckhand」 を追加してバーストダメージを補強するタイプのデッキも散見されます。


mage001
 Mage - フリーズメイジは適切なプレイが出来れば真っ当に戦えるため、人気度を増しています。またアグロメイジはテンポの良さもあり、妥当な人気度を維持しているといった状態です。フリーズメイジはハンドロック、そしてミラクルローグが好ましい対戦となるため、現環境ではかなり有効なデッキ選択だと言えるでしょう。


shaman001
 Shaman - ミラクルローグ及びドルイドに対してはそれなりの、そしてハンドロックには優位な選択です。それ故中位の人気度に落ち着いています。しかし不幸にも、シャーマンよりも現メタ環境に適した選択が他に多いため、このランクに留まっている状態です。


hunter001
 Humter - 多くのプレイヤーが不名誉なポジションにいたハンターに再び目を向けてきています。それでもまだ、人気度は他のヒーローに及ばないといったところでしょうか。またドルイドの人気度上昇を受け、もう暫くの間は人気度が大きく回復することはなさそうです。


warrior001 Warrior - ウォーリアはデッキにあまり大きな変化がもたらされず、人気もイマイチといった状態です。「Gadgetzan Auctioneer」 や 「Chillwind Yeti」 を効率良く処理するという目的で、「Arcanite Reaper」 の採用率が高まっています。処理だけでなく、バーストダメージに用いることができるというのもポイントです。もしこのままメイジの人気度が上がり続けるなら、ウォーリア復権の可能性もある得るでしょう。


paladin001
 Paladin - カードパワーのポテンシャルがやや低いものの、勝利を獲得するための手段を多く持つこと、更に優位を取れるハンドロック人気に便乗する形で一定の人気があります。ミッドレンジパラディンはアグロパラディンの人気を追い越しましたが、どちらもLadderにおいては妥当なポジションだと思います。


priest001
 Priest - プリーストはLadderでプレイするメリットがない唯一のヒーローと言えるでしょう。攻撃的になる要素が少なく、他のコントロールデッキの方が機能的そして速度的にも有能です。その一方で、プリーストはこのゲームにおいてもっとも楽しいヒーローであるとも言えます。ただ単に、Ladderには向いていないというだけなのです。「Dark Cultist」 が大きく環境を変えてくれることを祈りましょう。





Deck of the Week (今週の注目デッキ)



 ErApal.pngAAAA多くのプレイヤーはこのヒーローを十分に戦えるヤツとは考えていないようですが、先週のメタリポートでも少し触れたように、”ErA” がかなりイケているデッキを発表しました。DKMRの ”Hosty” はこのデッキをかなりやりこみ、レジェンドのトップ50まで上り詰めたという実績があります。

左に示すデッキは、そのErAミッドレンジパラディンになります。リストを眺めると、シングルで採用されているカードが多いことに気がつくことでしょう。カードバラエティが多いということは、各ターンにおける選択肢が多く提供されるということになるはずです。これにより、多様な状況に対応できるというのがこのデッキの強みといえるでしょう。





<引用元 : http://ihearthu.com/the-meta-report-23/ >





code.png





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL