Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  The Meta Report #21 (2014年6月第2週)

The Meta Report #21 (2014年6月第2週)


>metareport.png


さて、毎週恒例のメタリポートが公開されました。このブログで紹介するのは今回で7度目となります。新カード追加が待たれる中、今週は変化が見られたのでしょうか。(ウォーリアのコメントが先週とほぼ同じですが、間違いではありません。)



<引用元 : http://ihearthu.com/the-meta-report-21/ >



ウォーロックは、メタという不安定な場で余裕の笑みを浮かべている状態です。ローグとドルイドがどうにかしてそのポジションを奪うことになるのでしょうか。メタはあなたの好きなデッキにどんな影響を与えるのでしょうか。今週も目が離せません。


下に、DKMRのメタランキングを示します。これはLadderにおける普遍性/人気であって、必ずしも強さを意味するわけではありません。コントロールウォーリアはパワフルなデッキですが、残念ながらミラクルローグとの相性がよくありません。また構築するのにかなりのダストを必要とする、というのも一般的ではない要因となっています。メタが流動する理由は様々です。



warlock001
 Warlock - 今週も相変わらずLadderで支配的な状況にあります。Zooウォーロックはシーズンリセット直後に比べると減ってきている一方、ハンドロックがやや増加した印象があります。ハンドロックはミラクルローグとのマッチアップで対等以上に戦えるだけでなく、他ヒーローに対しても序盤に非常に強い動きが可能です。多くのビルドが2枚の 「Faceless Manipulator」 を採用しており、4,5ターン目の 「Mountain Giant」 との組み合わせを狙うのがトレンドのようです。



rogue001
 Rogue - ミラクルローグはウォーロックの直ぐ後ろに位置している状態で、Ladderでもまだまだ人気のデッキです。「Gnomish Inventor」 を採用する例が時折見られます。アグロローグやテンポローグは目立って使用率が低下しており、対戦相手はローグと当たればミラクルだなと容易に予測できる状況になっています。



druid001
 Druid -トークンドルイドの人気が低下する一方、ミッドレンジドルイドの勢いが増しています。アグロデッキとの相性が良いことがその原因でしょう。アグロデッキが多く見られるシーズン開始時期はこのような変化がよく見受けられます。



shaman001
 Shaman - ハンターの邪魔を受けない現環境で、妥当なポジションを得ているといったところでしょう。トーナメントにおいて特にその傾向が顕著で、多くのトッププレイヤーがシャーマンを据えています。「Feral Spirit」 や 「Lightning Bolt」 といった強力なカードを駆使し、どんなヒーローにでも対抗できる可能性を持っています。



paladin001
 Paladin - アグロパラディンのブームは一時去ったかと思われましたが、ハンドロックやミラクルローグへの優位性から再び盛り返してきている状態です。同様に、ハンドロックの強力なミニオンに対応できることからミッドレンジやコントロールパラディンの勢いも増してきています。



warrior001 Warrior - ウォーリアはそのプレイが長引くという特徴から、ランクリセット後に人気が低下するのも仕方ないところです。しかし相変わらず安定性には定評があり、Ladderにおける大半のトップデッキに対し上手く対応できるヒーローです。ランク5より上になり急にウォーリアと対戦することが多くなったとしても、なんで急に!と驚かないでください。



mage001
 Mage - アグロメイジ、コントロール系メイジのどちらもプレイされる機会が増えている印象です。トーナメントにおいてはフリーズメイジが特に顕著で、このデッキを使用して大会を優勝している例が幾つか見られます。追加カードが来るまではLadderでも一定の人気を維持すると思われます。



hunter001
 Humter - ハンターは現Ladderにおいて特に何も変化がない事に対し注目されるという、奇妙な立ち位置となっています。”Reynad” がトーナメントにおいてミッドレンジデッキを使用する一方、手堅い勝利を得るためにアグロハンターを採用する例がよく見られます。しかし弱体化の影響は根強く残っている状態です。



priest001
 Priest - 新しいプリーストのカードが公開されたことで、将来のLadderにおけるプリーストの活躍が期待できるという印象がありますがどうでしょうか。現在はプレイが遅く不安定なことからLadderでの結果は思わしくありません。新カードである ”Dark Cultist” がこのヒーローの求める変化をもたらすカードとなってくれるでしょう。





----- < Deck of the Week (今週の注目デッキ) > ------------------


 meta2101.pngAAAA今週の注目デッキはミッドレンジドルイドになります。大抵のプレイヤーはゲーム内で最も強力なカードの一つである 「Innervate」 はご存知でしょう。このカードのおかげで、他のプレイヤーは本デッキに対抗するのが困難になるという象徴的なものです。

有名な1ターン目の 「Innervate」 + 「Chillwind Yeti」 という動きに驚かされたことのあるプレイヤーがいることでしょう。「Sap」 や 「Backstab」 + 「Eviscerate」 といったよほど強い手札がない限り相当のダメージを覚悟する必要があります。

一般的にミラクルローグはドルイドが苦手とする相手だと言われています。ミッドレンジドルイドも例外ではなく、ミラクルローグは厳しい相手となります。現在のLadderには、 ”Cancer Rogue(キャンサーローグ)” の様なチャージミニオンや 「Leper Gnome」 といったダメージを迅速に与えるカードを多く採用するタイプのカウンターデッキがそれ程多くありません。こういったことからもミラクルローグの安定した人気が伺えます。







関連記事

No title
いつもお読みいただき、そしてコメントいただきありがとうございます。

特にLadderリセット直後はアグロ系多いですよね。しかもアグレッシブなスタイルでガンガン来られるのでたまりません。

それはそれで立派なコンセプトの元に作られたデッキですから、こちらもカウンターとなるデッキを考えて正々堂々対抗しよう!など意気込むと途端に当たらなくなるのは私だけでしょうか。

新カードが追加され、またメタが大きく変わるのが楽しみですね。
[ 2014/06/13 21:05 ] [ 編集 ]
No title
毎週更新ありがとうございます。
参考にさせて頂いてます。
Ladderではまだまだzooが強いですね。
[ 2014/06/13 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL