HearthStone Read2Win TOP  >  デッキ >  初心者向け: Low Budget Hunter (低予算アグロハンター)

初心者向け: Low Budget Hunter (低予算アグロハンター)


traphunt01.jpg



今回は ”BLIZZPRO” で特集されていた ”低予算アグロハンター” を紹介します。最近このゲームを始めましたというプレイヤーの方も多いと思います。始めのうちはそれほどカード資産がないでしょうから、エピックやレジェンダリといったカードを使用しない低予算型デッキを選びました。「アグロって何?」という新規プレイヤーの方は、まず こちらの記事 (アグロなどの説明) を読んでみてください。

自分が4月末にこのゲームを始めた当初、情報サイトに行ってデッキを眺めていても、「持ってないカードばっかりじゃん状態」 で残念な思いをしたという記憶があります。 物凄く強いデッキとは言いませんが、構築コストが安くても一定の設計思想を持ったデッキはちゃんと存在します。


ただし以前初心者向けとして紹介していた、最低限ヒーローのレベルを10まで上げていれば組むことができる ”Free to play” とは異なり、コモンやレアカード(ベーシックよりランクが上のカード)が採用されています。ちなみに、今回の低予算ハンターを構築するのに必要なダストは ”960” です。




<引用元 : http://hearthstone.blizzpro.com/2014/06/09/budget-deck-of-the-week-6-aggro-hunter/ >





----- < Introduction(導入) > ------------------


導入でこう書くのもあれですが、ハンターは何かと評判の良くないヒーローです。Warcraftというゲームにおいては、頭を使ってプレイするのを好む人達から敬遠されがちなヤツ、という風に認識されています。またある人達は、ハンターというのはボタンをポチポチ押すだけで面白味がないキャラクターだと言います。あなたが望むなら ”フェイスローラー” になれるといった感じです。

さて、そんなステレオタイプはある種Hearthstoneでも引き継がれていると言えます。特に今週紹介する低予算ハンターデッキにおいてはその傾向がありますね。

このデッキは攻撃的で相手の体力を減らすことに特化しています。やることが単純でしょう? 大体7~8ターンで勝負を決めるように設計されています。もしそれまでに試合を終わらせられなければ、後は悲しい結果が待っていると言ってもよいでしょう。そんなネガティブなことは考えず、爆発力を頼りに相手を倒そう、という気持ちが大切かもしれませんね。






----- < Deck list and Strategy (デッキリストとプレイ方針) > ------------------



 lbdghunter01.pngAAAA


くどいようですが、このデッキは相手の顔面をひたすら殴るというコンセプトになっています。もし先手なら 「Tracking」 をマリガンで確保しプレイするとよいでしょう。後手ならば、「The Coin」 を使って出来るだけ早く 「Eaglehorn Bow」 をプレイしたいと思うでしょうが、もし不可能であれば2ターン目にコインと 「Animal Companion」 という選択のほうがよさそうです。可能ならば常に各種トラップと 「Eaglehorn Bow」 を組み合わせるように心がけましょう。Zooデッキに対しては、「Explosive Trap」 がかなり有効です。また、ドルイドなどサイズの大きいミニオンをプレイするヒーローに対しては 「Misdirection」 が効果的です。 EaglehornBow.png 


StonetuskBoar.png 
相手の強力なミニオンもしくはトーントミニオンに対抗するため、 「Hunter's Mark」 を温存しておきましょう。「Stonetusk Boar」 と組み合わせることでどんなサイズのミニオンでも処理することが可能です。なので、1ターン目で 「Stonetusk Boar」 焦ってプレイしないというのが賢明だといえます。またこのカードは 「Starving Buzzard」 でドローを起動させる、「Kill Command」 のダメージを5点に強化するといった使い方もできるのでなおさらです。


ハンター、ミラクルローグ、メイジと対戦する場合は、「Flare」 を温存しておくといいでしょう。ミラクルローグに対しては、ステルスで隠れたつもりの 「Gadgetzan Auctioneer」 を露わにすることができます。メイジに対しては、試合終盤によく使われがちな 「Ice Block」 を解除するのにとても役立ちます。ガードを弾いて得意の顔面パンチをおみまいしてやりましょう。ハンター相手の場合は仕掛けられたトラップを解除できます。それらヒーロー以外と対戦するのであれば、1マナドローカードとして積極的に使用していくとよいでしょう。


UnleashtheHounds.pngTimberWolf.png
Unleash the Hounds + Timber Wolf


相手が2~3体のミニオンを盤面にならべようものなら、こちらの最も強力なコンボの出番です。「Unleash the Hounds」 + 「Timber Wolf」 を組み合わせることで相手のミニオンを倒してもよいですし、ヒーローを直接攻撃するのもアリだと思います。


Reckless Rocketeer」 は試合を終わらせるフィニッシャー役になります。もし 「Eaglehorn Bow」 を装備しているならヒーローパワーである 「Steady Shot」 も合わせて10点のダメージを与えられる計算になります。もちろん 「Leeroy Jenkins」 の方がよいのですが、これは低予算デッキということからこの選択に至りました。「Arcane Golem」 の方が低ナマで好みならそちらでも構わないでしょう。

盤面コントロールは 「Hunter's Mark」 と 「Deadly Shot」 に任せて、ひたすら相手の顔面(本体)を狙いましょう。少しでもディフェンシブに立ちまわったりミニオンや武器で相手のミニオンをトレードしようなどと思えば、こちらの分が悪くなるだけです。

このゲームに限ったことではないのですが、とにかく知識を頭に入れてアレコレ考えるよりまずプレイ回数を増やす事が大切です。もちろん何も考えずにプレイしてはいけませんよ。そのデッキそしてヒーローについての経験が増えますし、クエストやアリーナをこなすことでカード資産も増えますから一石二鳥といえるでしょう。経験を元に得られたカードに有効なものがないかどうか検討し、デッキを改良していくのもこのゲームの楽しみの一つだと思います。







関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL