Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  State of the Meta #1(旧神リリース後のメタリポート)

State of the Meta #1(旧神リリース後のメタリポート)


TMS3401.jpgHearthstone


 「旧神のささやき」リリース第1週の環境


Mana Crystals で公開されたメタリポート第1弾


 「旧神のささやき」リリースから約一週間。新カード導入に伴い、今までにないデッキが数多く見られるようになっています。本ブログでも毎日注目デッキを「ライブラリ」に追加していますが、’Mana Crystals’の「State of the Meta」ではそういったデッキや復活したデッキなどをまとめて紹介してくれています。


さて、今週はどのようなデッキがランクマッチで活躍していたのでしょうか。


注意 : この記事は2016年5月3日に公開されたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。出来るだけ日本語カードでリストを見られるよう、デッキリンクは当ブログの画像を流用しています。







 Spotlight!(注目のデッキ)



Loyan版 ミッドレンジシャーマン (デッキリスト)


prank001.jpg
 ’Loyan’がミッドレンジシャーマンに新カードを採り入れ、ランクマッチで活躍を見せました。中でも低コストでステータス値の高い「炎まとう無貌のもの」の力強さが際立っています。

その他、ヒーローパワーや「トーテム・ゴーレム」「タスカーのトーテム師」と相乗効果を持つ 「地底よりのもの」も大きく貢献しています。


 環境にはアグロデッキがやや少なく、全体的にゲーム展開が遅くなっています。そのため回復要素がそれ程必要ではない、という点もこのデッキの活躍を後押ししているのではないでしょうか。




BoarControl版 テンポウォーリア (デッキリスト)


prank001.jpg

 テンポウォーリアは、旧神のささやきリリース直前に名が知られるようになりました。’ShtanUdachi’が使い始め、’Xixo’がEUサーバーでレジェンド1位に到達したデッキです。

 新環境では’BoarControl’がそれに新カードを採用し、成果を上げています。2枚の「旋風剣」が一つの特徴と言えるでしょう。




Modernleper版 Zooウォーロック (デッキリスト)


prank001.jpg

 Zooウォーロックは、ハースストーン初期に’Reynad’が作り出したデッキタイプです。苦難の時代もありましたが、Zooはどの拡張リリース時期でも一定の成果を上げ続けてきています。

強力なだけでなく、比較的安価で組むことが出来るというのが特徴ですのでビギナーにお薦めしやすいデッキとなっています。

’Modernleper’は旧神のささやきリリース初日にデッキを組み上げ、レジェンド上位に到達しました。「ダークシャイアの議員」と「禁じられし儀式」がZooにハマっています。









 The Old Gods!(旧神関連デッキ)


クトゥーンデッキ


  • クトゥーンドルイド

    prank001.jpg

     クトゥーンと最も相性の良いヒーローと言われています。

     2ターン目の「邪悪の誘い手」、3ターン目の「クトゥーンの門弟」、4ターン目の「クラクシの琥珀織師」、6ターン目の「闇アラコア」、そして7ターン目の「双皇帝ヴェク=ロア」という流れは、シークレットパラディンを思い起こさせるような定番の動きとなっています。




  • クトゥーンプリースト

     ヒール能力と「埋葬」という強力な呪文を持つことから、コントロール寄りのメタでは活躍できるのではないでしょうか。



  • クトゥーンウォーリア

    prank001.jpg

     なんといっても「古代の盾持ち」の活躍が光ります。試合を自分に有利なターン数にまで持ち込むには十分な性能です。






  • ン=ゾス デッキ


  • ン=ゾス パラディン

    prank001.jpg

     非常に安定感のあるコントロールデッキです。

    平等 / Equality」「禁じられし癒し / Forbidden Healing」、そして「頽廃させしものン=ゾス」を有するコントロールパラディンを、ゲーム終盤で負かすのはなかなか難しいのではないでしょうか。




  • ン=ゾス 断末魔ローグ

    prank001.jpg

     追加された新カード「アンダーシティの押し売り」「シャドーキャスター」「黄昏の鎚の召喚師」を活かし、見事な連携を実現するデッキです。十分に実用に値するデッキだと思います。

     「ケーアン・ブラッドフーフ」など、一昔前に活躍したカードが現役復帰。





  • ヨグ=サロン デッキ


  • ヨグ=サロン テンポメイジ

    prank001.jpg

     テンポメイジと組み合わせることで、「希望の終焉 ヨグ=サロン」がフィニッシャーとして機能する場合があるようです。






  •  Rise from the 'Grave(復活を果たしたデッキ)


  • ミラクルローグ

    prank001.jpg

     「リロイ・ジェンキンス」、「ガジェッツァンの競売人 」の弱体化後、身を潜めていたミラクルローグが再び活躍してます。

     新カード「蠱毒なザリル」「影の一閃」と、メタの低速化が追い風になっています。




  • ランプドルイド

     「セナリウス」「滋養」、2枚の「戦の古代樹」が思った以上に機能しているようです。

    メタが模索中という点、アグロデッキがやや減少しているという点で分があるのではないでしょうか。









  • <引用元 : State of the Meta #1 - May 2016 Season is Live! >



    code.png

    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL