HearthStone Read2Win TOP  >  ガイド >  初心者ガイド: コインの賢い使い方

初心者ガイド: コインの賢い使い方


AGSD001.jpgHearthstone

 コインを笑う者は、コインに泣く


コインをよく知ることで少しでも勝利に近づこう!

 TheCoin02.png  
 今回は、情報サイト ”BLIZZPRO” で見かけた ” 初心者向け 「コインの賢い使い方」 ” をご紹介したいと思います。

 ゲームを始めた当初は The Coin の使いどきがイマイチ分からず、手持ちのカードを眺めて 「もう1枚プレイできるな、ラッキー」 程度にしか感じていませんでした。数週間してようやく、スペルとしてカウントされる という事実を知ることに。その後、コンボやトークン生成に利用できるといった便利な使い方が分かり、僅かですが勝率が上がった気がします。
 


 このような 「一見地味だが勝負を決める事もある」 といった知識がこのゲームには多いと思います。そのような知識は立派な武器です。読んだだけではよく理解できないこともありますので、意識しながら実践することでその重要性を確かめてみてください。それでは本題へ移りましょう。



注意 : この記事は2013年11月に書かれたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 Early Aggression(序盤におけるコインの有用性)


先行が有利?それともコインをもらえる方がよい?

TheCoin02.png TarnishedCoin02.png GallywixsCoin003.png


 2013年に開発メンバーの一人である ’Ben Brode’ が投稿した実験的データによると、「The Coin」 が有ることで確実な優位性は無いとのことですが、個人的にはコインを持っている場合のほうが勝率が高いように感じます。「The Coin」 は試合中に様々な選択肢を与えてくれます。この記事では、マナブーストを可能とするコインの有効活用法について幾つか説明するつもりです。




序盤の動き出しに


 あなたがどんな完璧な戦略を持っていたとしても、基本的に最も重要なのは盤面を支配することです。コントロールデッキなのかアグロデッキなのかという事は問題ではありません。盤面のコントロールは、ゲーム序盤にスペルそしてミニオンを抜け目なくプレイする技量があって初めて成し得るものです。

 もしミニオンプレイで盤面支配をしようとする場合、序盤に 「The Coin」 の力を借りて 「Amani Berserker」、「Faerie Dragon」、「Knife Juggler」 などの2マナミニオンをプレイすると有利に働くでしょう。このようなコインのマナ加速により、相手がどんなヒーローであれプレッシャーを与え何らかの対応策の検討を強いることが可能です。コインの有無に限らず、相手の行動を制限できる というのは非常に強い動きだと思います。

KnifeJuggler02.png ShieldedMinibot02.png Mechwarper02.png



 手札からミニオンをプレイする以外の選択肢も考えられます。パラディンを使っていて1ターン目にプレイできるものがなければ、 「The Coin」 を利用して Silver Hand Recruit を場に出すという手を検討しても良いでしょう。盤面に何かしらミニオンを置くことは重要で、更にパラディンは強化カードも豊富です。2マナでできることが多いため次のターンへの布石にもなり得ます。




序盤の除去に


 現在のところ、序盤に低マナミニオンを数多くプレイして猛攻する類のデッキが幾つか見られます。所謂フェイス もしくは アグロデッキと呼ばれるものです。私の経験上、これらに対する有効な手立てはやはり 「Consecration」、「Holy Nova」、「Hellfire」 といった範囲除去スペルになります。

Consecration02.png HolyNova02.png Hellfire01.png


 序盤に酷い展開になってしまった場合でも、コインとこういったスペル1つあれば1ターン早く対応でき、受けるダメージを最小限に抑えられます。アグロデッキに対する際の1ターンの違いは、「安定」 か 「大出血」 くらいの違いがあると言っても過言ではありません。




 コインはスペルである。これ重要。


スペルとして、またコンボのきっかけとして


 やられる側のプレイヤーにとっては "ゲーム中の大きな不満" になっているようですが、コインはスペルの一つ、またコンボの起動役として活用されます。


 「Mana Wyrm」 と組み合わせて使用することで即座に強化することが可能です。他にも 「Gadgetzan Auctioneer」 や 「Questing Adventurer」、「Mana Addict」、「Violet Teacher」、「Edwin VanCleef」、「Defias Ringleader」などコインとの組み合わせで明らかなアドバンテージを得られるカードは多く存在します。

ManaWyrm02.png GadgetzanAuctioneer04.png VioletTeacher02.png EdwinVanCleef03.png



 試合が想定どおりのペースで進んでいるなら、序盤で無理にコインを使用せずに温存し、コンボが可能なカードが手元に来るまで待つというのも悪くありません。「コインは序盤にこそ有効である」 と思い込まずに 機転を利かせることが重要です。カードドローが必要であれば 「Gadgetzan Auctioneer」 と使用すればよいですし、盤面が圧倒的に不利であれば範囲除去を早めに打つという選択をすべきです。ただ、期待を胸にコンボカードを必要以上に長く待ち続けるのはオススメしません。




 その他のコイン活用法


ニッチな用途


 ここまで述べたように、コインはスペルとしてカウントされます。つまり、メイジのトラップである 「Counterspell」 への対策としても利用できるのです。このトラップを使用するメイジと対戦する機会が多いか少ないか、その時のメタに大きく左右されますが、トーナメントなどではそのようなプレイが必要となる可能性は十分にあるでしょう。

 「Counterspell」 確認のためコインを使用するのはアリだと思います。特にあるスペルの依存度が高く、タイミングもある程度読まれやすいデッキを使っている場合に有効です。例としては 「Savage Roar」 や 「Bloodlust」 が挙げられます。これらが打ち消された時の悲しさといったら、他に例えようがありません。

Counterspell02.png SavageRoar02.png Bloodlust02.png



 トレーディングカードに慣れている人なら、”sandbagging(サンドバギング)” という言葉を知っていることでしょう。知らない人のために説明しておくと、サンドバギングとはマナソースのようなカードを試合中盤~終盤まで手札に温存しておくことで、相手に 「重要なカードを大切に残しているに違いない」と思わせるというものです。

 これはマインドゲームに効果的です。賢い対戦相手ならあなたがまだコインを使っていないことはしっかりと把握しているでしょうが、比較的ハースストーンに慣れていないプレイヤーが相手の場合には、コインを使ったサンドバギングが試す価値のある作戦になるかもしれません。

 あなたがプリーストを使用し、この作戦を実行したと考えてみましょう。相手に 「Mind Control」 を持っているかもと思わせた時には、奪われるのを恐れなかなか強力なミニオンをプレイしづらいものです。逆に言うと、相手のコインの有無、使用したかどうかを確認することはかなり重要といえます。


 ここまで述べてきたように、「The Coin」 はとても強力な道具です。適切な状況で使用することが出来れば、あなたを勝利へと導いてくれることでしょう。




<引用元 : Intelligent Use of The Coin >



code.png



関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL