HearthStone Read2Win TOP  >  Tips >  新機能「デッキレシピ」

新機能「デッキレシピ」

Hearthstone


 追加予定の新要素「デッキレシピ」


  • 2016年3月9日、公式サイトにて「デッキレシピ」なる機能がゲームクライアントに導入される事が発表されました。記事のリンクはこちら


    まだデッキ構築のノウハウを持っていない初心者プレイヤーや、そこそこやっているが一からコンセプトデッキを組み上げるまでに至っていない方に向け、アイディアを提供するお手本の様な機能になるようです。


    詳しくは公式ページに記載されていますので、そちらで全ての情報を得ることが出来ます。この記事では、簡単なまとめと例示されているレシピの日本語デッキリストを載せてあります。








  •  提供される2種類のレシピ


    クラシックレシピ と テーマレシピ


       デッキ構築をする際、ヒーロー選択後に3つのレシピが提示されるようになります。レシピには2つの種類があるようです。


       一つは ”基本カード+クラシックカード” のみからなる「クラシックレシピ」。これはゲームを始めたばかりで資産があまり無い、というプレイヤー向けだと思います。マナカーブやミニオン/スペルの比率といったある程度しっかりとした考えに基づくデッキに触れ、デッキ構築の感覚を掴んでもらおうというコンセプトのようです。考えなしに強そうなカードをデッキに放り込んでしまっているプレイヤーにとっては、色々と気がつく点が多いのではないでしょうか。


       もう一つは種族や相乗効果を活かした作りになっている「テーマレシピ」。こちらはある程度資産があるプレイヤー向けで、せっかく持っているカードを眠らせず活用してもらおう、試したことのないシナジーを体験してもらおうといった感じでしょうか。



      下に示す画像の様に、クラシックレシピが1つ、テーマレシピが2つの計3つが同時に提示されます(ローグ選択時の例)。


      EPT#3bkt





      カードが足りない場合は?


         レシピが提示されたとしても、該当するカードを持っていない場合はどうなるの?と気になる方がいるかと思います。そういった場合も当然考慮されており、以下画像の様に代替カード案を幾つか提示してくれるみたいです。


        EPT#3bkt





        環境が変わればレシピも変わる


           今春から導入されるフォーマット制度に合わせ、特に「スタンダード」に焦点を当てたレシピが提示されることになる、と書かれています。環境や使用できるカードが追加されれば、その都度レシピも更新されるようです。





           テーマレシピ例



          公式サイトに示された3つのテーマレシピ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL