Hearthstone Read2Win TOP  >  大会 >  Easy-Peasyトーナメント ルール補足

Easy-Peasyトーナメント ルール補足


Hearthstone


 Blizzard公認のポイント付与大会 「Easy-Peasyトーナメント」


大会を楽しみたいという方に


     2016年ハースストーン世界選手権のルールが発表されました(こちら)。世界大会に出場するには「アジア太平洋選手権」を勝ち抜く必要があります。では、そのアジア太平洋選手権に出場するにはどうすればよいのでしょうか。


     このブログを読んでいるプレイヤーの殆どは日本在住でしょうから、約3ヶ月に一度開催される日本予選を勝ち抜く必要があります。毎月のランクマッチの成績、或いはBlizzardの指定する大会で入賞することで得られるHCT(ハースストーン・チャンピオンシップツアー)ポイント を獲得しましょう。ポイント上位プレイヤーが日本予選へと招待される、という仕組みになっています。


    この記事では、Blizzard公認となり上位入賞者にポイントが付与される 「Easy-Peasyトーナメント」 で採用しているルールを、初めて大会に参加する方向けに説明してこうと思います。


     ここまでかなり真剣にハースストーンを取り組んでいる方に向けた情報を書きましたが、大会に参加するのは普段のランクマッチと違った緊張感が味わえるため、とても楽しい事だと思います。参加費は無料ですので、気軽に参加してみましょう。







     大会の形式に関して



    「BoX : ベストオブX」 という用語


       ハースストーンに限らず、対戦ゲームにおけるルールでよく見られる言葉です。Bo3(ベスト・オブ・スリー)や、Bo5(ベスト・オブ・ファイブ)といった文字を見たことがあるかと思います。

      数字の部分が最大ゲーム数を指すのですが、初めての方には分かりづらいと思いますので以下のように覚えても構わないでしょう。


      Bo3 : 先に2勝したプレイヤーがその対戦に勝利
      Bo5 : 先に3勝したプレイヤーがその対戦に勝利
      Bo7 : 先に4勝したプレイヤーがその対戦に勝利




      コンクエストというフォーマット


         「Easy-Peasy トーナメント」では、準決勝以降を除く全試合はコンクエストのBo3で行われます。Bo3については既に説明しましたので、ここでは ”コンクエスト” というルールについて説明します。


         各プレイヤーは指定された数のデッキを用意します。この際、1つのヒーローについて2つ以上のデッキを用いることは出来ません。2つのデッキが必要な場合、ドルイド / ハンター のように異なる2ヒーローのデッキ提示が求められます。いくらメイジが好きだからといって、メイジ / メイジ といった構成で大会に出場する事は出来ません。


         デッキ提示後、試合が始まります。ここでは、Easy-Peasyトーナメントで採用している 「2ヒーロー提示のコンクエスト、Bo3」 という形式について説明していきます。


        コンクエストは、簡潔に書くと「ゲームに勝った側はそのデッキを以降使用できない。負けた側のプレイヤーは同じデッキを使ってもよいし、変更してもよい」というモノです。よく分からないという方のために図を用意しました。








        コンクエストを図で理解しよう


           対戦画面に入った後、ゲーム内チャットにて相手に使用ヒーローを宣言します。ここではAさんがウォーロックとドルイドを、Bさんがウォーリアとメイジを提示したとして話を進めていきます。


          URE004.png


           第1ゲームは、各プレイヤーが相手に提示したデッキのどちらを使用しても構いません。あなたの戦略に沿った方を選び、勝負して下さい。ここでは第1ゲームにおいて、Aさんがウォーロックを、Bさんがウォーリアを選んだとしましょう。第1ゲームを勝利したのはBさんのウォーリアとします。




          URE004.png


           第1ゲームで負けたAさんは、次のゲームにウォーロック、ドルイドどちらかを選ぶことが出来ます。ここではドルイドを選んだとします。一方で第1ゲームをウォーリアで勝利したBさんは、以降の試合でウォーリアを使用することは出来ません。残るデッキはメイジのみですので、メイジで第2ゲームに挑みます。第2ゲームはAさんのドルイドが勝利したとしましょう。




          URE004.png


           第2ゲームで勝利したAさんは、以降のゲームにドルイドを選ぶことは出来ません。次のゲームはウォーロックで挑みます。Bさんについても残された使用可能デッキは1つ(メイジ)なので、これで再び勝負に挑みます。Bo3は先に2勝したプレイヤーの勝利ですから、この第3ゲームに勝利した方がトーナメントの次の対戦へと進むことなります。


           3デッキ提示、Bo5といった場合でも基本的にはこれと同様です。勝ち抜けたヒーローをしっかりと把握し、間違えて以降のゲームに選択しないよう注意しましょう。









          code.png




          関連記事
スクリーンショットの提出に関して
デッキ選択画面のスクリーンショットは、基本的に対戦相手の方が求めてきた場合のみ提示するという形です。
大会ページのDiscussion欄(http://challonge.com/kissin15/comments …)やTwitterのDM、e-mail等でやりとりしていた例があります。
交換ツールは相手とのやりとり次第という事なのですが、大会中何か困ったことがありましたらバトルネットのチャットにて管理者までお問い合わせ下さい。
[ 2016/05/06 22:55 ] [ 編集 ]
スクリーンショットはどのタイミングでどこにおくるのですか?
[ 2016/05/06 13:56 ] [ 編集 ]
承知しました。
ご丁寧にありがとうございます!
[ 2015/12/22 23:54 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

「Easy-Peasy トーナメント」には2種類あり、一つは「アジアサーバーで開催されるモノ」もう一つは
「NAサーバーで開催されるモノ」となっています。

どのサーバーにもカード資産が十分にある、というプレイヤーの方であれば両方に登録されても問題無いでしょう。しかし普段プレイされているサーバーがどちらか一方であるという場合には、大会名の後ろに付いているサーバー(Asia or NA)をチェックし、自分に合った方の大会へエントリーするのが良いと思います。


ちなみに、来年1月9-10日に開催予定の「Easy-Peasy トーナメント #3 (Asia)」はアジアサーバーでの開催となります。http://challonge.com/kissin03
[ 2015/12/22 15:39 ] [ 編集 ]
>Easy-Peasy トーナメント #2(NA)

なぜNAと明記されているのにAsiaアカウントで参加できると思ったのだろうか…
[ 2015/12/22 15:25 ] [ 編集 ]
大会時のアカウントについて
いつも参考になる記事を楽しく拝見しております。

この度、Easy-Peasy トーナメント #2(NA)
への出場を考えているのですが、
大会時のアカウントは普段遊ぶアカウントなのでしょうか?
最近アジアサーバーで遊び始めたので、
NA鯖にはカード資産がないので気になっています。
[ 2015/12/22 13:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL