Hearthstone Read2Win TOP  >  ガイド >  デッキガイド: Oil Rogue (オイルローグ) 調整編

デッキガイド: Oil Rogue (オイルローグ) 調整編


AGSD001.jpgHearthstone / ハースストーン


 世界大会優勝プレイヤーも選択していたデッキ


プレイに慣れを要するオイルローグ

 LivingRoots01.png LivingRoots01.png  
 先日行われた「2015年 World Championship」で優勝した’Ostkaka’、そして準優勝の’Hotform’が採用していたデッキの一つがオイルローグと呼ばれるモノです。

またシーズン20のLadderにおいて、’MrYagut’がEUサーバーでレジェンド#1を獲得したことも話題に。今後プレイヤーの増加が見込まれているデッキの一つです。
 


 前回の概要編(こちら)に続き、この記事ではデッキバリエーションを紹介していきます。


注意 : この記事は2015年11月10日に書かれたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。







 Variants (デッキバリエーション)


自分好みのデッキへ調整しよう


     デッキを「現在のメタや自分の好みに合わせて調整する能力」は非常に大切です。ここでは、様々な目的に応じて構築されたオイルローグのバリエーションを紹介していきます。

    オイルローグの核となるカードは前回の記事に挙げています。忘れてしまったという方は「こちら」をどうぞ。





     TheIrronSmith’s choice: Irron Oil


    デッキバリエーション 01

       
      cursed.png



      デッキ解説


         現在(2015年11月上旬)のメタに適したビルドだと思います。「大物ハンター / Big Game Hunter」はコントロールタイプのデッキに限らず、環境に多い「シークレットパラディン」「アグロドルイド」といった相手にも有効です。

        Innervate02 DarnassusAspirant02


        ヘドロゲッパー / Sludge Belcher」はオイルローグに時折採用されるカードで、「骨董品のヒールロボ / Antique healbot」と並び対アグロデッキカードという位置付けになります。個人的には「ヘドロゲッパー / Sludge Belcher」の方が好ましいと考えます。というのも、現在のメタはアグロデッキに偏っている一方でコントロール系デッキの数も無視できないという「二面性を持っているため」です。


         このデッキには「大地の円環の遠見師 / Earthen Ring Farseer」の代わりに「Edwin VanCleef」を採用しています。フェイスハンターが減少しているメタにおいては、3点回復能力は必須という感じがしないためです。6/6 の「Edwin VanCleef」はコントロール系デッキに対しても相当のプレッシャーを与えることが出来ます。「大物ハンター / Big Game Hunter」の適用外というのも大きなポイント。


         現状でコントロールウォーリアに苦戦する場面が多いのですが、「Assassin's Blade」は打開策の一つになるでしょう。場合によっては「Dr. Boom」を2枚目の「ティンカーの刃研ぎ油 / Tinker's Sharpsword Oil」か「手動操縦のシュレッダー / Piloted Shredder」に変更するという考え方もあります。


         今後アグロ偏重の環境がスローシフトするようなら、「ヘドロゲッパー / Sludge Belcher」を「南海の甲板員 / Southsea Deckhand」や「ティンカーの刃研ぎ油 / Tinker's Sharpsword Oil」に変えてみましょう。



        有効なマッチアップ


          シークレットパラディン、ミッドレンジパラディン、テンポメイジ、Zooウォーロック、ドラゴンプリースト。





           Community Standard


          デッキバリエーション 02

             
            cursed.png



            デッキ解説


               現在最もポピュラーなタイプの「オイルローグ」だと思います。先ほど紹介したバリエーションよりも防御面で劣っているように思えますが、かなり万能型という印象。4マナミニオンが厚いため、ミッドレンジ or コントロールデッキに対しプレッシャーを与えやすくなっています。

              その一方で3マナミニオンの手薄感から、序盤のゲーム作りで苦戦するかもしれません。結果的にアグロ系デッキに対する戦績は先のリストに劣るでしょう。


              Innervate02 DarnassusAspirant02


               現状では「Edwin VanCleef」よりも「大物ハンター / Big Game Hunter」の方が良さそうな気がするのですが、プレッシャーを与えつつ時にはこれ1枚のおかげで勝利することもあるという点が、前者の魅力です。序盤の 4/4 や 6/6 というサイズは中盤に登場する 10/10 ミニオンよりもインパクトがあると思います。

              VioletTeacher02.pngor PilotedShredder02.png   ArgentHorserider02.png


               フリーズメイジやコントロールウォーリアに苦戦するようであれば、4マナミニオン1枚を「Assassin's Blade」に変えてみましょう。



              有効なマッチアップ


                ミッドレンジハンター、その他のデッキにも対応できる、柔軟性がウリ。





                 Weapon Up!


                デッキバリエーション 03

                   
                  cursed.png



                  デッキ解説


                     このデッキは「ヘドロゲッパー / Sludge Belcher」「骨董品のヒールロボ / Antique healbot」「ロウゼブ / Loatheb」といったディフェンシブなカードだけでなく、範囲除去である「ナイフの雨 / Fan of Knives」をも廃し、武器ダメージに特化した構成となっています。

                    他のオイルローグに比べ、コントロール系デッキへの勝率が高いという特徴があります。


                    AssassinsBlade02.png ArgentHorserider02.png


                     またテンポを失うリスクを低下させるため、「Assassin's Blade」を見越した2枚の「悪辣なる海賊 / Dread Corsair」が採用されています。強力な武器を準備した後、低マナで作ることが可能な防御壁は、アグロデッキに対する有効な手段となるでしょう。


                     「ゴブリン式全自動散髪機 / Goblin Auto-Barber」は最も気に入っているチョイスの一つです。コントロール系への打点補助だけでなく、アグロデッキに対する盤面維持でも貢献してくれます。


                     「Captain Greenskin」は「Assassin's Blade」を2枚搭載したローグデッキではポピュラーな選択となっていますが、本デッキに採用してしまうとアグロデッキに極端に弱くなってしまうという事から見送っています。フリーズメイジ、コントロールウォーリアのみをターゲットするのであれば組み込んでも良いでしょう。



                    有効なマッチアップ


                      コントロール/Fatigueウォーリア、コントロールプリースト、フリーズメイジ。





                       A SnoBOLD Choice


                      デッキバリエーション 04

                         
                        cursed.png



                        デッキ解説


                           このバリエーションは競技シーンで通用するかと言われると疑問ですが、かなり楽しいデッキです。アグロデッキ、特にシークレットパラディンとのマッチアップを得意とするという点が強みでしょうか。

                          アグロデッキに特化した構成であり、燃料切れも起こしにくいと思います。他のオイルローグに比べ、試合中盤に与えることが出来るダメージが抑えられているという特徴アリ。


                           LivingRoots01.png  
                           デッキ名の由来となっている「極寒のスノボルト / Frigid Snobold」は、序盤に登場するミニオンに対し有利なトレードをしかける事が可能です。

                          ヘルスが6点というのに加え、こちらの範囲除去スペルを強化することで中盤までの場を支配する能力に長けています。これがシークレットパラディンに強いという由縁です。
                           


                          アンダーシティの勇士 / Undercity Valiant」もまたアグロ対策となるカードです。序盤にトークンを展開してくるデッキに対して非常に有利です。


                           しかし一方で、展開の遅いデッキに対して弱いのが苦しい所。従ってメタがアグロに寄っている場合には良いのですが、そうでない場合は素直に他のバリエーションを活用すべきです。



                          有効なマッチアップ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL