Hearthstone Read2Win TOP  >  スポンサー広告 >  Meta >  The Meta Report #18 (2014年5月第3週)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Meta Report #18 (2014年5月第3週)

>metareport.png


さて、毎週恒例のメタリポート。今回で4度目となりました。自分のランク帯では、体感でパラディンが増えたような気がするのですが、皆さんのランク帯ではいかがなものでしょうか。さて、さっそく今週のリポートを見てみましょう。



<引用元 : http://ihearthu.com/the-meta-report-18/ >




”Curse of Naxxramas” 実装に伴う新カードが追加されるまで、おそらく現在と同じようなデッキもしくはその改変デッキをプレイし続けることにはなるでしょう。しかし驚くべきことにデッキの種類は変わらずとも、メタは変化し続けます。今週もチェックしてみましょう。ローグは今週も我々のリポートにおいて最高位に留まっています。しかしながら、それ以外の順位はまだまだ混乱状態です。ハンターの返り咲きはあるのでしょうか。シャーマンがローグの王座を脅かすのでしょうか。

下に、DKMRのメタランキングを示します。これは普遍性/人気であって、必ずしも強さを意味するわけではありません。コントロールウォーリアはパワフルなデッキですが、残念ながらミラクルローグとの相性がよくありません。また構築するのにかなりのダストを必要とする、というのも一般的ではない要因となっています。メタが流動する理由は様々なのです。



rogue001
 Rogue - ローグはメタにおいていまだNo.1の座にいます。ミラクルローグはトーナメント、Ladderどちらにおいても圧倒的使用率で、これがいつ終りを迎えるのか兆しさえ見えません。好ましくないマッチアップも幾つかありますが、どれに対しても勝利が見込め、ミラクルの適切なプレイが出来るプレイヤーであれば常にチャンスがあると言ってもよいでしょう。ミラクル同士の対戦に備え、最近ではデッキに2枚の 「Cold Blood」 や時には2枚の 「Conceal」 を入れることもあるようです。



warlock001
 Warlock - ハンドロックはミラクルローグとの相性が良いため、Ladderにおいて使用率が上昇しています。ローグの与えるダメージが大きいことより、体力を15点にリセットする意味があまり感じられないためデッキから 「Alexstrasza」、「Lord Jaraxxus」 が取り除かれる傾向にあります。「Shadowflame」 は 「Gadgetzan Auctioneer」 を安定して除去することができるため、「Hellfire」 より人気が出てきています。

Shadow Bolt」 も同様に 「Gadgetzan Auctioneer」 や 「Azure Drake」 を除去可能なことから、目にするようになりました。また、ミラーマッチ(同デッキによる対戦)や「Cold Blood」 で強化されたミニオン対策のために、「Big Game Hunter」 を1枚加えるのが流行りでしょうか。アグロウォーロックは安定性と低コストな事から、依然として人気のデッキです。


shaman001
 Shaman - ハンターの不在とハンドロックの台頭がシャーマンに復活の機会を与えています。「Earth Shock」 と 「Hex」 はハンドロックに非常に有効で、他クラスより対戦の相性は良さそうです。「Feral Spirit」 はミラクルローグのコンボから身を守る防壁として優秀です。こうした特性のおかげで、シャーマンはメタの支配的なローグと渡り合える好ましい状態にあります。先週末に行われた 「Deck Wars tournament」 は、シャーマンの新しい可能性を示す場となりました。標準的なトレード向きミニオンである 「Harvest Golem」、「Chillwind Yeti」 の使用を控えるというものです。



druid001
 Druid - トークンドルイドが盛り上がりを見せたことから、プレイされる機会が増えています。トークンドルイドは強力なコンボと攻撃的であるという特徴から、ミラクルローグがリロイコンボを成立させる前に試合を決める可能性があります。ランプドルイドとミッドレンジドルイドもよく見かけます。そのためドルイドをLadderで人気のあるヒーローへと押し上げる結果となっています。



warrior001 Warrior - 特に強力なマッチアップがないため、最近は人気度が低下しています。ミラクルローグやハンドロックとの相性は悪くないのですが、これらメタのトップデッキとはより好ましい選択肢があることがその一因でしょう。また、シャーマンの除去の多様さにかなり弱いということもその原因のようです。今週も人気度は低下しましたが、このヒーローが再びランクを上げるのは想像に難くないと思います。



paladin001
 Paladin - アグロパラディンの功績により、人気度が上昇しています。過剰な攻撃寄りのデッキは、ミラクルローグ、ハンドロックの両者に対して強力です。どちらも手札数が多いという特徴があることから、パラディンの 「Divine Favor」 が非常に有効に働きます。アグロパラディンは、守りが紙のようになってしまいますがミラクルローグとハンドロックがメタのトップに居続ける限り、この特有のスタイルは生き続けることでしょう。



hunter001
 Humter - ハンターの凋落は、ハンドロックとシャーマンに完全に席を譲る形となりました。しかしアグロハンターは未だにミラクルローグ、ハンドロック、そしてシャーマンに対して素晴らしい結果を残せるデッキです。弱体化を乗り越えて、再びプレイされる時が来ると予想しています。トーナメントでは一定数の採用率があります。



mage001
 Mage - パラディンが一歩抜けだした一方で、アグロメイジはLadderにおいて一定の位置をキープしている状態です。開幕の素早い動き出しとバーストダメージを与えるスペルで試合をあっという間に終わらせます。Curse of Naxxramasの実装でメイジの状況が変わるのを楽しみにしています。



priest001
 Priest - プリーストはメタランキングでは相変わらず勢いがありません。とても素晴らしい ”モノ” を持っているのですが、その戦略がメタのトップデッキに比べ早さも力強さも勝っていないのが残念なところです。プリーストがLadderで一定のポジションを得るのに必要なモノをもっているかどうか、時間が教えてくれるでしょう。




関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。