HearthStone Read2Win TOP  >  ガイド >  ガイド: Dreadsteed デッキをよく知ろう(前編)

ガイド: Dreadsteed デッキをよく知ろう(前編)


AGSD001.jpgHearthstone

 予想外の盛り上がりを見せる、ユニークデッキ


倒しても倒しても蘇る、不死鳥のようなミニオン

 ManaWraith02.png  
 TGTリリース前、この Dreadsteed というカードに期待していたプレイヤーは殆どいなかったのではないでしょうか。かく言う私も同様で、「いつかは面白デッキが生み出されるのだろう」 くらいに感じてはいたものの、他の分かりやすく強いカードに目が向いていました。

 まさかこんなに早くプレイが楽しめ、かつそこそこ戦えるデッキが誕生するとは想像していませんでした。今回、’HS Players’ にて、Dreadsteed を活用したデッキガイドが公開されていましたので紹介していこうと思います。
 


注意 : この記事は2015年9月4日に書かれたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 The Horse (Dreadsteedの特徴と注意点)



他カードとのシナジーで大きく化ける

 Dreadsteed01.png  
 このカードは 「コストが4マナでステータスが 1/1」 ということで、ネガティブな印象を持つプレイヤーが多いのではないでしょうか。しかし実際に使用してみると、「4マナは先行投資で利益回収は後々」 という表現がピッタリだと感じています。

 相手が有効な回答を持っていなければ、ターンを経過する程そのバリューは高まることに。このカードの基本的な目的は、「毎ターン1点ダメージを与える」、という地味なものです。勿論ダメージは相手ヒーローに直接ぶつけるだけでなく、ミニオンとのトレードにも役立ちます。
 


 このカードの長所は、他の多くのカードと相乗効果を持つという点でしょう。後に説明しますが、確かに Dreadsteed 単体では力不足です。しかし特定のカードと組み合わせることにより、複数体のDreadsteedを並べる、或いは強化させる事が可能です。




増え続けるのも問題? プレイ時の注意点


 ここでちょっとした問題が発生します。Dreadsteed を増やすのはよいのですが、「何体まで並べてよいのか」 というものです。

 Dreadsteed01.png 
 皆さんご存知の通り、盤面には7体までしかミニオンを配置することができません。もし Dreadsteed を7体並べてしまうと、相乗効果を与えるミニオンや回復効果を持ったミニオンを一切プレイ出来ない、という事態に陥ってしまいます。

 2~3体であればさして問題にはならないでしょう。私の経験から、5体が限界だと思います。5体増やすのは大変なので滅多に起こらないだろうと感じるかもしれませんが、意外にそのような機会は多いものです。
 


 ミニオンを増やすことが出来るというのは確かに魅力ですが、4体くらいで落ち着いて考えましょう。増やし過ぎが原因で勝負に負けてしまうという例が少なからずありました。通常のミニオンならいざ知らず、Dreadsteed は一旦増えてしまうと、「自ら数を減らすのは非常に困難である」 という点を忘れてはいけません。相手ミニオンにぶつけようが再生してしまうためです。


 また場に Baron Rivendare などヘルスの高いミニオンが置かれることもあり、スペースの確保が重要であると言えるでしょう。

AntiqueHealbot02.png MalGanis.png BaronRivendare02.png


 ヒールがしたくても Antique healbot が置けない、強化したくても Mal'Ganis が置けないといった事はよく起こりがちです。また、Baron RivendareKel'Thuzad といったカードの効果で大増殖を狙う際にも注意が必要です。


 とにかくここで強調しておきたいのは、「Dreadsteedで盤面を埋め尽くすな」 ということです。




Dreadsteed の弱み


 4体の Dreadsteed が場に並べば、相手は対処に相当困るでしょう。単純に毎ターン4点ダメージを与え続けることが可能になります。こう書くと良い事だらけのように感じられますが、勿論短所・欠点も存在します。以下、大きく3点について説明します。


  1. まず第一に、テンポの問題です。このカードは4マナとコストが意外にかかります。また盤面に3から4体並べるのに別のカードが必要となり、また一手間。先にも述べましたが、先行投資分を回収できるのは先のターンになります。

    AntiqueHealbot02.png Implosion01.png


    もし対戦相手が展開の早いアグロデッキであった場合、4ターン目に Dreadsteed をプレイするのはかなり危険です。即座に盤面に影響を与える HellfireImp-losion といったカードをプレイすべきです。Dreadsteed は出すタイミングが重要なカードと言えます。



  2. 続いて考慮すべきは、相手のサイレンスです。サイレンスにより、このカードは単なる 1/1 ミニオンとなってしまいます。Dreadsteed の恐ろしさを体験したことのないプレイヤーにしてみれば、「1/1 ミニオンにサイレンスを使うのは勿体無い」 と感じられるかも知れません。

    しかし、相手にする場合これを封じておくことは非常に重要です。4ターン目に何も出来なくなるとしても、サイレンスを選ぶべきです。プレイする側からすると、増殖や強化前にサイレンスされてしまうと極端にテンポとバリューを失ってしまうという事になります。



  3. 3点目は、Patronウォーリア相手にプレイしづらいという点です。

    steedg005.png


    1/1 で倒しても増え続けるミニオンというのは、Grim Patron を増やしたいプレイヤーのよい餌となってしまいます。同時に Frothing Berserker を置かれた場合には、悲惨な結果が待ち受けていることでしょう。




 後編に続く


後編では様々なシナジーを紹介


 ここまで、Dreadsteed の基本的な特徴と注意点を説明してきました。後編では、有効なコンビネーションと有名プレイヤーの使用していたデッキの解説をしていこうと思います。

 ちなみに当ブログのライブラリにある Dreadsteed デッキは、Kripparian版Savjz版Tides of Time版 の3つです。慣れるとなかなか面白いデッキです、ぜひお試しあれ!




<引用元 : Dreadsteed: Is it Okay to Beat a Dead Horse? >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL