Hearthstone Read2Win TOP  >  ガイド >  初心者ガイド: Piloted Shredderについてのアレコレ

初心者ガイド: Piloted Shredderについてのアレコレ


Pirotedss001.jpgHearthstone


 Piloted Shredderプレイ時の注意点



採用率の高いミニオン、Piroted Shredder

 PilotedShredder01.png 
 Deathrattleで新たな対象を登場させるミニオンは、1アクションでの除去が困難であるため盤面維持にとても役立ちます。

 今回のテーマは 「Piloted Shredder」です。特に有能なミニオンですので、デッキに採用している方が多いと思います。

 良いとこばかりが注目されがちなお役立ちミニオンでありますが、ランダムな2マナミニオンを登場させるという効果について様々な注意点が存在します。
 


 ’bully’というプレイヤーが、そのような Piloted Shredder に関する幾つかの注意点をまとめてくれています。初心者プレイヤーに限らず、ある程度慣れた方でもうっかりミスしてしまうポイントがありますのでチェックしてみて下さい。


注意 : 元記事は2015年4月20日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 Introduction(始めに)



相手が出した場合の対応、こちらのプレイ時、どちらにも落とし穴が


 この記事では、幾度もレジェンドランクに到達している私 ’bully’ が、Hearthstoneをプレイする上での重要なポイントを説明していきます。しっかりと気をつけていれば得をする事があり、そうでなければ負けにつながる場合もある、というポイントを理解してもらうのが狙いとなっています。 


 記事はシリーズになっており、「GATFY! - Got a tip for you!」 というタイトルを付けました。特に初心者プレイヤーがあまり考慮していない点について触れていこうと思います。当然なことだ、と思えるプレイヤーもいるでしょうが、多くの方にとってプレイの助けになることでしょう。


 さて、今回注目する対象は、「Piloted Shredder」です。このミニオン自体の基本的な特徴については詳しく説明しません。ここで扱うのは、以下の2点になります。

  1. このミニオンが既に盤面にいる場合の注意点
  2. これからShredderをプレイする際の注意点




ちょっと確認。Shredderの一般的留意点。


 Deathrattleで2マナミニオンが登場する訳ですが、一体どれくらいのミニオンが対象となっているのでしょう。情報サイトによると、コレクション可能な2マナミニオンは 84体 存在しているそうです。ということは、特定のミニオンが出現する可能性は、約1.2% になります。

 これを知っておくことで、あなたの望むミニオンがどれくらいの可能性で出現するのか計算出来ますよね。例えば、Tauntミニオンが得られるパーセンテージはいくつか、といったモノが代表的です。


sumtaunt001.png


 これを知るには2マナのTauntミニオンが幾つ存在するのか把握していなければならないのですが、その答えは5つになります。Sparring PartnerAnnoy-o-TronAnodized RoboFrostwolf GruntUnstable Ghoul がそれに該当します。

 1.2%×5体= 6% の確率でShredderからTauntが出てくるという簡単な計算ができました。こういったパターンをある程度知っておく事は、必須とは言いませんが見逃せないポイントではないかと思います。




 Shredderが相手の場にいる時の留意点



メリットとデメリットを把握しておこう


 まずは相手の場に Piloted Shredder がいる状況を考えてみましょう。ここで気をつけたいのは、先に Piloted Shredder を倒すのか、それとも先にミニオンをプレイするのかという順序の問題です。先にshredderを倒す場合のメリット、デメリットを考えてみましょう。


  • 先にShredderを倒すことのメリット

    • Shredderからは、こちらのミニオンに被害が及ぶものが出てくる可能性があります。最も代表的なのは Doomsayer で、その他にも Explosive SheepUnstable Ghoul といった全体ダメージを与えるミニオンがいます。これらを先に確認しておくというのは安全なプレイにつながります。

      Doomsayer01.png ExplosiveSheep03.png UnstableGhoul02.png PatientAssassin02.png


      また、こちらがサイズの大きいミニオンをプレイしようとしている場合、 Patient Assassin を確認してからプレイする、というのは勝敗を決める要素になるかもしれません。



  • 先にShredderを倒すことのデメリット

    • 場合によっては、予定していたミニオンがプレイできない事態が生じます。 一体どういう事なのでしょうか。
      ManaWraith02.png NerubarWeblord02.png


      ミニオンの中には、マナコストに影響を及ぼすモノが幾つか存在します。Mana WraithNerub'ar Weblord の登場が 「ミニオンを場に出せない」 といった事故を引き起こします。



 あなたがどのようにプレイすべきか、というのは非常に難しい問題です。5ターン目に Loatheb をプレイするつもりであれば、私なら Piloted Shredder を処理する前にそれをプレイするでしょう。先出ししてデメリットになるのは Doomsayer くらいです。

 もし Sludge Belcher といった別の選択肢があるなら、どちらの行動がよりベターなのか評価するのが良さそうです。 Doomsayer がshredderから出てくればTauntスライムが場に残り、 Mana Wraith が出れば予定していたミニオンがプレイできなくなるといった具合です。




擬似チャージという現象について


 あなたのターンに相手のShredderを倒し、こちらに Deathrattleで登場したミニオンを破壊する手立てがない場合 を考えてみましょう。

 そのミニオンは返すターンで攻撃可能になることから、相手にとって チャージの付いているミニオンをプレイしたのと同じこと を意味します。このゲームにおいて、チャージは大きな価値を持っています。同マナコストのミニオンを比較するとそれが分かりやすいと思いますので、確認してみましょう。

BluegillWarrior02.png RiverCrocolisk02.png


 Bluegill Warrior のステータスは 2/1 であるのに対し、チャージを持たない River Crocolisk は 2/3 です。チャージがあるだけでステータスにこれだけ差が設けられているのは、それだけ価値の高い特殊能力であるということを意味しています。


 これを踏まえると、こちらのターンにShredderを倒して後処理をしないというのは、相手をかなり有利にしてしまっていることになります。「処理できないのであれば自ターンに決して相手のShredderを倒すな」、とは言いません。しかしこの擬似チャージとも言える効果を相手に与えてしまうのであれば、Shredderを無視して相手ヒーローを攻撃するという選択もある という事を覚えておくとよいでしょう。




 Shredderをプレイする際の留意点



ミニオンの置き場所は意外に重要


 これについては、よく知っているプレイヤーが多いと思います。しかしながら頭では理解していても、しっかりと実践しているプレイヤーはそれ程多くないのではないでしょうか。ハイレベルのトーナメントでさえ、時折「アレ?」と思えるプレイが見られるくらいです。


 基本的にあなたの盤面に2体のミニオンが置かれている場合、Shredderはその中間にプレイするようにしましょう
FlametongueTotem02.png DireWolfAlpha02.png


というのもDeathrattle効果により、約3%の確率で Flametongue Totem または Dire Wolf Alpha が出現するためです。これらラッキーなミニオンが登場した後に、あの位置に出しておけばよかったと後悔したことのあるプレイヤーは多いのではないでしょうか。こういった細かい配慮が勝率アップに欠かせないと思います。



ハンターとパラディンについての例外


 ヒーローによっては例外もあります。ハンターを使用しているなら、Shredderは一番右側に配置するのが良いでしょう。なぜなら、Unleash the Hounds をプレイする可能性を考えると、この配置が最も Flametongue Totem などの恩恵を受けられるためです。全ての犬が強化されるのとそうでないのとでは大きな差が生まれます。

UnleashtheHounds02.png MusterforBattle02.png


 同様のことはパラディンにも言えます。パラディンで Muster for Battle をプレイする予定があるのなら、Shredderが Silver Hand Recruit に隣接するような配置にしましょう。


 少なくともこのように配慮することで目立ったデメリットは生じません。3%は決して低すぎる数字ではないと思いますので、Shredderの配置に気をつける習慣を身に付けるのは決して無駄ではありません。




 Shredderが倒されるまで、決して試合放棄しない



あきらめたらそこで負け


 これは相手/自分に関わらず、盤面に1体でもShredderが存在する場合に言えることです。あなたは今、普通であれば直ぐに降参してしまうような 完全なピンチ にあると仮定します。

 盤面に Piloted Shredder があり、手札に Wrath を持っているなら迷わず Piloted Shredder へ3点ダメージを与えましょう。1.5%の確率で Doomsayer が登場し、盤面を一掃してくれるかもしれません。


 場に出ておらず、手札にShredderがある状況でも同じ考え方が可能です。相手が盤面にリーサルダメージを持っているという状況なら、Shredderをプレイしましょう。相手が間違いもしくはBM(バッドマナー/なめプレイ)でこれを倒してくれるかもしれません。これで Annoy-o-Tron でも登場してくれれば、チャンスが生まれる可能性があります。


 結果的にここで言いたいのは、絶望的な状況でも、何らかの方法で Piloted Shredder が倒れてこちらに都合の良いミニオンが登場するのを期待しましょうということです。次のターン、勝ちにつながるカードがドロー出来るといったことはそれ程稀なことではないと思います。




<引用元 : GATFY! - Got a tip for you! #1 [Piloted Shredder] >



code.png
関連記事
コメントありがとうございます。
リンク貼り間違いでした。explosiveを含むカードが3枚もあるとは…
修正済みです。
[ 2015/07/28 18:01 ] [ 編集 ]
>先にShredderを倒すことのメリット
>
>Shredderからは、こちらのミニオンに被害が及ぶものが出てくる可能性があります。最も代表的なのは Doomsayer で、その他にも Explosive Shot や Unstable Ghoul といった全体ダメージを与えるミニオンがいます。これらを先に確認しておくというのは安全なプレイにつながります。

Explosive ShotではなくExplosive Sheepかな?
[ 2015/07/28 15:39 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/07/28 14:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL