Hearthstone Read2Win TOP  >  スポンサー広告 >  ガイド >  ガイド : ’Patronウォーリア’でやりがちな10のミス(前編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイド : ’Patronウォーリア’でやりがちな10のミス(前編)


10misspatron001.jpgHearthstone


 プレイングで差のつくPatronウォーリア



ランキングトップを守る人気のデッキ


 qes01.png   毎週数名のプロプレイヤーがデッキにスコアを付け、発表されるランキングがあります。そのランキングで10週以上連続で一位の座を守り続けるのが、Patronウォーリア というデッキです。

 Patronウォーリアの簡単な解説は、以前ブログで扱いました。このデッキについてイメージが湧かない方は、まずそちらを参考にしてみてください。「BRMデッキ: Grim Patron Warrior」「ガイド: KolentoによるGrimウォーリア解説」 になります。
 


 本記事では、数多くの有名配信者の試合を観戦し自らもプレイを重ねジェンダリーランクに到達したプレイヤーが、Patronウォーリアをプレイする際の注意点をまとめてくれています。初心者がやりがちなミスというのは、一体どのようなものなのでしょうか。前半パートでは、5つのミスを取り上げます。


注意 : 元記事は2015年7月2日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 Introducrion(始めに)



プレイングで差のつくデッキ


  • ここ数週間に渡り、Patronウォーリアを実際にプレイし数多くの試合を観戦してきました。そのような体験を経て、どうすればこのデッキを効率的にプレイできるのか理解が深まったと思います。


  • 同時に、初心者が上級者と対戦する際にやりがちなミスも分かるようになってきました。この記事では、そのような 「Patronウォーリアを使用するプレイヤーがやりがちなミス」 を幾つかを紹介してみようと思います。プレイの参考としたのは、主に Th3Rat、AsmodaiTV、SenfGlas、Sjow、Leadpaint といったプレイヤー達です。





使用したデッキ

 
   

Warrior (20)



Neutral (10)






 Patronウォーリアでやりがちな10のミス



1. コンボパーツが無いのに Thaurissan をプレイしてしまう


EmperorThaurissan02.png


  • これはPatronウォーリアをプレイする際に最も起こりがちなミスだと思います。出来る限り早く Emperor Thaurissan をプレイしてアドバンテージを稼ぎたい、というのは誰しも考えることでしょう。しかし、それが正しいプレイとは限らない場合も多々あるということをお忘れなく。


FrothingBerserker02.png WarsongCommander.png


  • 例えば回復するカードを使用され、25点以上のライフを一気にバーストで削り切らねばならないといった状況があるとしましょう。もしあなたが Frothing BerserkerWarsong Commander といったコンボーパーツを手元に持っていない時に Emperor Thaurissan をプレイしてしまうと、いざ攻めるぞというターンにマナ不足になるはずです。



  • 除去スペル、2マナ武器、そしてドローに関与するカードはコンボに直接関係しません。バーストが命のPatronデッキについては、こういったカードしか手元にない場合の Emperor Thaurissan は勿体無いという印象を受けます。

     ただし例外もあります。Warsong Commander + Grim Patron のコンボでは勝利には十分でない(間に合わない)相手との対戦においては、早目のプレイが求められる場合があります。このような Emperor Thaurissan をいつプレイすべきかの判断をしっかり行えるかどうかが重要です。




2. Acolyte of Pain で1枚しかドローできていない

AcolyteofPain01.png


  • 相手がアグロもしくはミラーマッチでない場合、Acolyte of Pain3ターン目にプレイするのは止めましょうAcolyte of Pain はあなたに勝利をもたらすカードを引き寄せる、重要な存在です。


  • もし既に必要なコンボパーツが手札に揃っている、もしくはこのカード以上に対処しなければならない標的を場に置いているならば、それ程考えずにプレイしてもよいでしょう。しかし、そうでない場合が多いというのが現実です。


    Whirlwind02.png InnerRage02.png CruelTaskmaster02.png


     最低2枚のドローが出来る様な状況を、頭に描くようにしましょう。幸運にも、Patronウォーリアのデッキには WhirlwindInner RageCruel Taskmaster といった組み合わせでドローに使えるカードが数多く含まれています。Acolyte of Pain で2枚ドローするのはそれほど難しくないはずです。




3. Grim Patron の増殖が足りない

GrimPatron02.png


  • 急にコンボを発動させなければならないといった緊急事態でもない限り、不用意に Grim Patron をプレイしないように。

     私は幾度と無く、5ターン目に Grim Patron + Inner Rage をプレイし、これで十分だろうと満足してしまうプレイヤーを目にしてきました。多くの場合、サイレンスされたり武器で簡単に処理されたりといった結果が待ち構えています。


  • Patronウォーリア上達への一歩は、「しっかり待つ」 という事だと思います。安易にPatronを出さず、多くのカードをドローする事が重要です。余裕があるのなら、ヒーローパワーだけで終わるターンがあっても良いでしょう。少なくとも、次のターンに最低1体の最大体力を保った Grim Patron が場に残るようなプレイを心掛けましょう。




4. Frothing Berserker を軽視してしまう

FrothingBerserker02.png


  • Patronウォーリアという名称から、メインは勿論 Grim Patron なのは明らかです。しかし、これだけでは十分な打点を確保できないというのも事実です。例えば豊富な範囲除去スペルを持つようなデッキと対戦する場合、増殖させたPatronを一気に処理されてしまうことがあります。HellfireShadowflame といった強力な武器を備えるハンドロックがこれに該当します。


  • 一定のダメージを与えられるでしょうが、それが決定打とならない場合どうすればよいでしょうか。ハンドロック、コントロールウォーリア、コントロールプリースト、ミッドレンジパラディンといったデッキとの対戦ではフィニッシャーが Frothing Berserker となることが多い、と意識しておきましょう。


  • 出来る限り相手を足止めしつつ、Warsong CommanderFrothing Berserker、数体のミニオン(Armorsmithなど)、そして Whirlwind 効果(Death's Biteを含む)が一度に発動させられるまで待ちましょう。この際、先に挙げたように Emperor Thaurissan のマナ低減を効果的に活用することが重要です。

     これが実現できれば、1ターンで20点以上のダメージを与えられるというのもそれ程難しくないでしょう。相手盤面にミニオンが一定数存在すれば、30点近くまで引き出すことが可能です。Frothing Berserker を無策でプレイするのはそのようなチャンスを失っていることを意味します。




5. Emperor Thaurissan を手札に残してしまう

EmperorThaurissan02.png


  • Thaurissan は確かにこのデッキの生命線です。デッキに1枚しか入っていないためキープしたくなる気持ちも分かります。マッチアップに依ってはマリガンで Emperor をキープすべき対戦がありますが僅かだと思います。そうでない場合との判断を間違えないようにしましょう。

     例えばハンター相手に Emperor をキープして他の2枚を交換した場合、それをプレイする前に死にかけているという場面が容易に想像できます。


  • Emperor Thaurissan というのは、「単なる 5/5 ミニオンで盤面に特別な影響を与えない」 という事を覚えておきましょう。盤面で不利な状況にある場合、即時的な改善が見込める一手になり得ないということです。また先にも述べたように、手元にコンボパーツがない場合プレイするのが勿体無いと感じてしまうカードでもあります。このカードのプレイタイミングが勝負を決めると言っても過言ではありません。






 後編は…



残り5つのやりがちなミス
 

 前編では、10ある定番ミスのうち5つを扱いました。後編ではミラーマッチやDread Corsairに関するものなど残り5つを紹介する予定です。





<引用元 : 10 Mistakes Patron Warrior Players Make >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。