Hearthstone Read2Win TOP  >  Tips >  動画で学ぶ、Hearthstone豆知識

動画で学ぶ、Hearthstone豆知識


hstips001


 Introduction (はじめに)


動画に学ぶHS豆知識

     
      
     情報掲示板’reddit’や、Hearthhead、Youtubeなどのサイトにて、Hearthstone関連の気づきにくい情報(豆知識)を見つけることができます。

    趣味/雑学のように思えますが、実プレイに影響するようなモノも少なくありません。

     そこで本記事では、Hearthstone Mythbusters という動画に登場するHS豆知識を紹介していこうと思います。
      

     
    注意 : 元情報は2015年6月16日のものですが、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。



     動画で紹介されている豆知識



    1. Twilight drakeは、バトルクライ発動前の1ダメージで倒される

     TwilightDrake02.png   Twilight Drake は、「プレイヤーの所持している手札の数だけヘルスを得る」 というバトルクライ能力を有するミニオンです。しかし、そのバトルクライ効果が発動する前にダメージを受けてしまうと場に登場する前に倒れてしまいます

     動画では、こちらの盤面に Illidan StormrageKnife Juggler を、相手盤面に Imp Gang BossKnife Juggler が構えられており、こちらのドレイク登場と共に連鎖ダメージが発生する様に仕組んで検証を行っています。




    2. 味方ミニオンを自分で殴れる場合がある

     SylvanasWindrunner01.png   味方ミニオンにダメージを与えられるスペルは存在しますが、通常自ら殴り攻撃することは出来ません。

     Sylvanas Windrunner は、倒された際に相手ミニオンをランダムで1体奪う能力を持っています。

    動画では、Truesilver ChampionShadowboxer を攻撃することにより Sylvanas Windrunner を倒させ、こちら側に移動してきたミニオンを攻撃することに成功しています。




    3. オーバーロードが10を超えた場合でも、ゼロマナスペルは使用可能


     シャーマンには、マナを前借りするような 「オーバーロード」 という仕組みが存在します。こちらのオーバーロードが10を超えてしまう特殊な状態では、一切の行動が不可能なのでしょうか。

     動画では、オーバーロードを持つカードを多数使用することで借金を16にしています。次のターン、ゼロマナコストである The Coin を使用することが出来ています。ここに1マナコストのカードがあったらどうなっていたのか、気になるところです。




    4. 盤面がフルの場合、Noble Sacrificeは発動しない

     NobleSacrifice02.png   Noble Sacrifice は、相手の攻撃を代わりに受けてくれるパラディンのシークレットです。このカードに助けられた、という経験をお持ちの方もいることでしょう。しかし、発動によって登場する身代わりも立派なミニオンです。盤面が一杯(7体)の状態ではどうなってしまうのでしょう

     動画では、盤面がフルであるため見事に発動がスルーされているのが確認できます。シークレットがあるからといっても安心できない場合があるということになります。




    5. 例のMistress of Painバグを生き延びることができる

     MistressofPain01.png   Mistress of PainAuchenai Soulpriest が同時に盤面にある状態で相手を殴ると、延々とダメージを受け続けて死んでしまう、という話は有名です。

     このコンボが発動してしまうと暫く止まらないため、必ず死んでしまうと思われています。しかし、十分なアーマーがあれば生き延びることが出来るのでは、ということで検証を行っています。

    体力30+約40点のアーマーを用意し連鎖を発動させると、ダメージが止まるまで耐える事が可能なようです。





    <引用元 : Hearthstone Mythbusters 6 >



    code.png
    関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL