Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: June (2015年6月第1週)

Liquidhearth Power Rankings: June (2015年6月第1週)

 


 Introduction (初めに)



Liquidhearthによるデッキ別ランキング


 情報サイト 'Liquidhearth' によるデッキタイプ別ランキング。 6月第1週版 が公開されました。

  StrifeCro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog、Sjow といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては Neirea、Dog、Loyan、JAB、Nomodogan などに意見を求めているそうです。

さて、6月第1週のデッキランキングはどのようになっているのでしょうか。



注意 : 元記事は2015年6月7日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 この1週間の主な動き



5月はPatron / レジェンド上位を獲得するハンターデッキ


Tracking01.png Misdirection02.png MadBomber02.png


  • 5月のLadderは終了し、次の戦いがスタートしています。先月は、パワーランク1位の座を譲らなかった Patromウォーリア の一人舞台でした。6月も暫くはこの状況が続くと思われます。現在一部特定のヒーローがLadderを席巻しており、他のデッキが活躍するのは難しそうです。

    ウォーリア、ハンター、ウォーロックの3ヒーローがその特定ヒーローに当たります。これ以外にトップ層で活躍しているデッキといえば、オイルローグくらいでしょうか。


  • NA、EU各サーバーでレジェンド#1フィニッシュを達成したのはハンターデッキでした。EU#1フィニッシュの Romanp版トラップハンター は、TrackingMad Bomber が採用されているなど珍しいタイプです。ちなみにNAサーバーの#2フィニッシュもハンターです。


  • 2週連続で上位7デッキが順位をそのまま保つというのは初めてのことです。メタが落ち着いてきたという事を意味しているのかもしれません。




 今週の新デッキ


注目のデッキを幾つか紹介







 6名の有名プレイヤーによるデッキランキング



デッキタイプ別一覧


 6名の有名プレイヤーが現在のLadderやトーナメントでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。








 ランク入りしたデッキの補足


 ここでは、ランクインしたデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。




第1位: Grim Patron Warrior(コンボウォーリア)

mage
 
 何度書いたか忘れましたが、今週もパワーランク第1位です。ランクは一定ですが、毎週異なるプレイヤーによりデッキが改変されており、カードサイクル重視型、コントロール色が強い型など様々です。

 どのバリエーションがベストであると言えないのが、Patronウォーリア最大の特徴かもしれません。対戦の度に相手のプレイするカードを注視する必要があります。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、ミッドレンジ パラディン、ライトボムプリースト、コントロールプリースト、ミッドレンジデーモンZoo、ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ランプドルイド、ハンドロック、コントロールウォーリア。




第2位: ハンドロック


mage
  HellfireShadowflame が、現在ハンドロックを強デッキとさせている大きな要因です。とにかく盤面を一掃する能力に長けている、というのが強みになります。

 メタにおいては徐々に得意なマッチアップが減少してきていますが、プレイヤーは巧みに対応しているようです。




  • 得意なマッチアップ

    • テンポメイジ、コントロールプリースト、ライトボムプリースト、ミッドレンジデーモンZoo、Patronウォーリア

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、ミッドレンジハンター、ミッドレンジシャーマン、Malygosウォーロック。




第3位: ミッドレンジハンター


mage
 
 他のハンターバリエーションを押しのけ、再び活躍中のミッドレンジハンター。JAB、Purpleといった有名プレイヤーが相次いでNAレジェンドランク#1に到達し、最終順位も#1、#2を獲得しました。

 苦手とするデッキが少ない訳ではないため、状況によっては直ぐに勝てなくなる可能性もあります。ハンドロックとコントロールウォーリアの人気度によって、このデッキのランクも変化するでしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、テンポメイジ、ハンドロック、ミッドレンジデーモンZoo、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター。




第4位: ハイブリッドハンター


mage
 
 ミッドレンジハンターの活躍により、ハイブリッド型をプレイする人数は減少傾向にあります。ミッドレンジに比べ現環境では効率的に働かない、安定感に欠けるといった点が原因でしょうか。

 次週以降は他のハンターデッキと統合してランク付けすることになるかもしれません。




  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、テンポメイジ、ハンドロック、ミッドレンジデーモンZoo、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター。




第5/6位: オイルローグ


mage
 
 最近は一定数のプレイヤーがオイルローグを巧みに操って活躍しており、強デッキとして再認識されてきています。

 SnipedAgain がオイルローグを使用し、長らくPurpleが維持していたレジェンド#1の座を奪ったのは有名な話です。Mickin はトップ10圏内で昨シーズンを終了しています。

 Harrison Jones が増加しているメタにもなんとか対応しているようです。ミッドレンジハンターを比較的得意とするため、このデッキがメタに一定数存在する限りオイルローグも生き長らえると思われます。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジパラディン、ミッドレンジシャーマン、コントロール/ライトボムプリースト、Malygosウォーロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、コントロールウォーリア。




第5/6位: ミッドレンジデーモンZoo


mage
 
 ミッドレンジデーモンZooはハンドロックやPatronウォーリアを苦手とするものの、先週の順位をキープしています。Mechシャーマン同様、初期手札によっては抑えることが出来ない程の爆発力を秘めたデッキです。

 開幕が良ければPatronウォーリアにも十分勝利可能です。近いうちに、デーモン属性カードの見直しを含め、何らかのデッキ改編が見られるのではないでしょうか。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、Mechメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジシャーマン、Malygosウォーロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フリーズメイジ、ミッドレンジハンター、ライトボムプリースト、ハンドロック、Patronウォーリア。




第7位: Control Warrior(コントロールウォーリア)


mage
 
 ハンター / ウォーロックが多い環境においても、コントロールウォーリアは力強さを見せています。ダメージ量が限られているデッキに対しては、ウォーリアのヒーローパワーが勝利の決め手になっているようです。

 メタがミッドレンジ寄りになるまでは、コントロールウォーリアが居場所に困ることは無さそうです。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、オイルローグ、Patronウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、ハイブリッドハンター、ミッドレンジハンター、テンポメイジ、ミッドレンジパラディン、ミッドレンジシャーマン、Malygosウォーロック。





<引用元 : Power Ranks: June 2015 Week 1 >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL