Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: May (2015年5月第4週)

Liquidhearth Power Rankings: May (2015年5月第4週)


 


 Introduction (初めに)



Liquidhearthによるデッキ別ランキング


 情報サイト 'Liquidhearth' によるデッキタイプ別ランキング。 5月第4週版 が公開されました。

  StrifeCro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog、Sjow といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては Neirea、Dog、Loyan、JAB、Nomodogan などに意見を求めているそうです。

さて、5月第3週のデッキランキングはどのようになっているのでしょうか。



注意 : 元記事は2015年6月1日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 この1週間の主な動き



堅調なPatronウォーリア / ミッドレンジハンター再び


HuntersMark01.png Houndmaster01.png SludgeBelcher01.png


  • 今週もまた ’Patronウォーリア’ がパワーランキング第一位を獲得。この結果は驚くべきことではありませんが、ランキングには確実な変化が見られます。今週はHybridハンターがややランクを落としています。前回のパワーランキングにて注目の新デッキとして紹介した ’Purpledrank’のミッドレンジハンターに勢いがあるようです。このハンターはその他チームArchonのメンバーも使用しています。ハンドロックもランキング上位を保っており、現メタでかなり強力なデッキとして認識されています。


  • 今回から、ランキングに2つのデッキを加えました。1つ目は少し前より話題に上がっていた ドラゴンウォーリア です。旧来のコントロールウォーリアを改変したデッキで、ドラゴンパラディン以来のドラゴン属性を活用したデッキになります。もう一つは アグロパラディン です。以前にも流行した時期がありましたが、今回のアグロパラディンは定番となることができるでしょうか。


  • StrifeCroからの助言により、旧来のZooをランキングから外すことになりました。新しいミッドレンジデーモンZooに比べ、Ladder/トーナメント共に使用数が減ってきているためです。




 今週の新デッキ



注目のデッキを幾つか紹介







 6名の有名プレイヤーによるデッキランキング



デッキタイプ別一覧


 6名の有名プレイヤーが現在のLadderやトーナメントでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。今回はトーナメントへ参加するため、StrifeCroのランクが空白になっています。








 ランク入りしたデッキの補足


 ここでは、ランクインしたデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。




第1位: Grim Patron Warrior(コンボウォーリア)

mage
 
 5週連続でトップを維持しており、もう暫くこの勢いは続きそうです。強力なデッキであるのは間違いありませんが、適切にプレイするのは非常に難しいデッキです。

 安定したドローのお陰で、多少のミスプレイをしても勝利できるデッキだと思います。ほぼ完璧に使いこなせば、勝率80%も夢ではないでしょう。


 今週は、最悪のマッチアップであるハンドロックへ対応しようという動きが活発だったようです。JustsayianやZalaeといったプレイヤーは BrawlBig Game Hunter を、Naireaは Shield Block + Shield Slam のコンボを、Xixoは動きをより早くするため2マナカードを増強させているといった具合です。今後もデッキに変化が加えられていくでしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、ミッドレンジ パラディン、ライトボムプリースト、コントロールプリースト、ミッドレンジデーモンZoo、ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ランプドルイド、ハンドロック、コントロールウォーリア。




第2位: ハンドロック


mage
  ジャイアンド採用型のハンドロックが、今週もベスト3入りをキープ。Patronウォーリアを含むトップ層のデッキは、大抵このデッキを苦手としているという状態です。Big Game Hunter を採用していないポピュラーデッキも多いというのが原因の一つとなっています。

 Patronが脱落するなどメタが大きく変わるまで、このデッキが上位に居続けると思われます。




  • 得意なマッチアップ

    • コントロールプリースト、ライトボムプリースト、ミッドレンジZoo、Patronウォーリア

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、ミッドレンジハンター、ミッドレンジシャーマン。




第3位: ミッドレンジハンター


mage
 
 最近はHybridハンターが定着し、ハンターには様々なタイプが見受けられます。この一週間はミッドレンジハンターが人気を取り戻すことになりました。というのも、’Purpledrank’ がレジェンド1位を獲得するだけでなくその後6試合連続で勝利するといったパフォーマンスを見せつけたためです。多くのプレイヤーはフェイス或いはハイブリッドハンターを意識するでしょうから、これを選択するメリットは大きいと思います。




  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、テンポメイジ、ハンドロック、ミッドレンジデーモンZoo、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター。




第4位: ハイブリッドハンター


mage
 
 ミッドレンジハンターの項でも述べたように、Purple の活躍によりハイブリッドハンターのランクは先週よりダウンしています。この2つのデッキにそれ程大きな違いはないため、近いうちに1つにまとめてランク付けをするかもしれません。




  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、テンポメイジ、ハンドロック、ミッドレンジデーモンZoo、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター。




第5/6位: オイルローグ


mage
 
 最近のパワーランクではかなりいいポジションに居るにもかかわらず、あまり話題に上がらないという不思議な立ち位置のデッキです。

 ウォーリアのアーマーや最近多くのデッキに Harrison Jones が採用されている事実は、本デッキにそれ程大きな影響を及ぼしていないようです。隠れた存在の様ですが、順位の割にメタへの適応力は高いデッキです。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジパラディン、ミッドレンジシャーマン、コントロール/ライトボムプリースト、Malygosウォーロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、コントロールウォーリア。




第5/6位: ミッドレンジデーモンZoo


mage
 
 トップ層には苦手なデッキがひしめいているのですが、ミッドレンジデーモンZooはそれらとなんとか渡り合い、好位置を維持し続けています。やはりそのドロー力が大きな要素ではないでしょうか。ハンドロックとPatronウォーリアには勝ち越せないものの、メタに居るその他のデッキに対しては大きな問題は無いという状態です。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、Mechメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジシャーマン、Malygosウォーロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フリーズメイジ、ミッドレンジハンター、ライトボムプリースト、ハンドロック、Patronウォーリア。




第7位: Control Warrior(コントロールウォーリア)


mage
 
 Brawl は現在のメタで非常に重要なカードとなっています。

 またヒーローパーで得られるアーマーは、アグロ系デッキだけでなく打点が限られているデッキに対して有効です。トップにいるPatronウォーリアも例外でなく、バーストダメージで勝負を決めようとするデッキはアーマーに苦戦することでしょう。シーズン終盤に向け、コントロールウォーリアは有効な一手になると思われます。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、オイルローグ、Patronウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、ハイブリッドハンター、ミッドレンジハンター、テンポメイジ、ミッドレンジパラディン、ミッドレンジシャーマン、Malygosウォーロック。







<引用元 : Power Ranks: May 2015 Week 4 >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL