Hearthstone Read2Win TOP  >  注目デッキ >  5月Ladder(シーズン14)、第3週の注目デッキ紹介+α

5月Ladder(シーズン14)、第3週の注目デッキ紹介+α


 New decklists this week
Hearthstone

5月第3週注目のデッキと Justsaiyan によるパトロンウォーリア解説








 まだまだ変化を続けるPatronウォーリア
Hearthstone


Patronウォーリアをディフェンシブにシフト


 海外掲示板redditにて、’Justsaiyan’の投稿がありましたので紹介します(リンクはこちら)。


 Patronウォーリアが世に知られるようになってから約2ヶ月、デッキリストは絶えず変化し続けています。Loot HoarderDread Corsair を2枚入れては抜いてみたりといった具合です。

 パトロンウォーリアへの対策が徐々に進み、プレイヤーはよりアグレッシブにそして盤面除去にそれ程こだわらない行動を取る傾向にあります。 そのような傾向を受け、Sludge Belcher と 2枚の Armorsmith を加えるなどよりディフェンシブにシフトしています。

また、パトロンウォーリアに対抗するためハンドロックが再び流行するという環境へ。最終的に出来上がったのが上記のデッキリストになります。




Tech choices(テックカードの選択)


SenjinShieldmasta01.png SludgeBelcher01.png


 このデッキには、Sen'jin ShieldmastaSludge Belcher をそれぞれ1枚ずつ加えています。パトロンウォーリアの最も弱い動きは大抵4ターン目です。前者はこれを補強するのに最適だと思います。このターンまでに Death's Bite を引けていなくても、Senjinが手札にあればアグロデッキや Piloted Shredder へ対応することが可能です。

hr1.jpg

BigGameHunter01.png SlCruelTaskmaster02dgeBelcher01.png


 現在のメタでは非常に強力です。ハンドロックが最初に展開してくるミニオンへの対策だけでなく、Cruel Taskmaster と組み合わせることで、ドルイドの Ancient of LoreAncient of War への回答にもなります。

hr1.jpg
Brawl01.png


 なぜ Brawl を入れたのだろう、と思う方もいるでしょう。このカードがあることで、ゲームプランをより柔軟に組み立てることが可能になります。アグロデッキに対してはプレッシャーを抑える効果があり、ハンドロックに対してはサイズの大きいミニオン群をなんとか制御出来るようにするといった具合です。そしてミラーマッチではこれが決め手になることが多いと思います。

hr1.jpg
InnerRage02.png SlCruelTaskmaster02dgeBelcher01.png


 Cruel Taskmaster を2枚採用しているのは、メタにハンターが増加しているためです。Leper GnomeAbusive SergeantHaunted Creeper といったハンターが採用する序盤のミニオンに対し、有利なトレードをする事ができるので有用です。

1枚採用している Inner Rage は、コンボ成立をそれ程遅らせることは無く、Acolyte of Pain のドローを進めたり、Grim Patron を増加させたい場面で上手く活用できます。




General Building Guidelines(デッキ構築のガイドライン)


  • カードドロー重視の構築

    LootHoarder02.png GnomishInventor02.png


     ドロー能力を強化したデッキ構成では、Loot HoarderGnomish Inventor が採用されますが、これらミニオンはトレード能力で通常ミニオンより劣ります。このためアグロ系デッキに弱く、Death's BiteGrim PatronInner Rage を5ターン目までに引けない場合、8ターン目のコンボまで到達できない場合もあるでしょう。

    従って、ドロー寄りの構築には中盤以降相手にプレッシャーを与える(トレードを余儀なくさせる)ような補強が必要です。Emperor ThaurissanDr. BoomGrommash Hellscream を加えるのがよいでしょう。


hr1.jpg

  • ミニオンバリュー重視の構築

    PilotedShredder01.png AzureDrake02.png


     2x Sludge Belcher、1x Piloted Shredder、1x Azure Drake といったカードを採用する構築は、中盤のトレード能力に長けておりコンボ成立まで生き延びられる可能性が高まります。現在のメタでは、フィニッシャーとして Grommash Hellscream を加えて Dr. Boom を削るのがよいと思います。後者は単に Big Game Hunter の標的になるだけの場合が大半です。





code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL