Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: May (2015年5月第2週)

Liquidhearth Power Rankings: May (2015年5月第2週)


 


 Introduction (初めに)



Liquidhearthによるデッキ別ランキング


 情報サイト 'Liquidhearth' によるデッキタイプ別ランキング。 5月第2週版 が公開されました。

  StrifeCro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog、Sjow といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては Neirea、Dog、Loyan、JAB、Nomodogan などに意見を求めているそうです。

さて、5月第2週のデッキランキングはどのようになっているのでしょうか。



注意 : 元記事は2015年5月16日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 この1週間の主な動き



BRM全カードが利用可能に / Patronウォーリアの勢い


GrimPatron02.png GrimPatron02.png GrimPatron02.png


  • ここ暫くはBRMの新カードが毎週開放されていましたが、それも終了し徐々に落ち着きを取り戻していくように思われます。Patronウォーリアは今週も変わらず1位をキープしており、ミラーマッチ或いはカウンターデッキに対応するため改良を続けているといった状況です。


  • Patronウォーリアに対抗するにはうってつけということで、今週はハンドロックが勢力を伸ばしています。これを受け、ミッドレンジドルイドが再びランクを上昇させるという形に。ドルイドはカード構成次第でPatronウォーリアとも戦えるのが強みです。


  • 先週お伝えしましたが、ドラゴンパラディンをランキングから外すことにしました。ここ数週間に渡り、メタで目立った活躍が無かったというのが理由です。ドラゴン特化のデッキについては、もう暫く様子を見てランキングに加えていくつもりです。





 今週注目のデッキ



Dragon/Malygos Warlock


 mage
  
 ウォーロックのヒーローパワーのおかげで、安定してドラゴンシナジーが得られるデッキになっています。


 Imp-losionTwilight Drake といったバリューの高いカードに加え、Blackwing TechnicianBlackwing Corruptor によってテンポを奪うことが出来るのが特徴です。


 フィニッシャーには Malygos + SoulfireDarkbomb といった強力なスペル群が控えています。


 ’MrYagut ’が最近このデッキを駆使しレジェンド#1を獲得しています。またそれに続き、’SuperJJ’もレジェンド#2を獲得。Dogは今後このデッキがトーナメントでもよく見られるようになるのではないかとコメントしています。
 





Value/Grinder Mage


 mage
  
 Value(バリュー)或いはGrinder(グラインダー)メイジと呼ばれているデッキです。FlamestrikeDuplicate といったカードでゲームを長引かせ、相手のバリューを上回ろうというのが目的になります。別タイプはこちら


 このような特徴を耳にすると、以前に流用したFatigueメイジと同じように思えるかもしれません。しかし、フィニッシュの形態が異なっており、こちらは Archmage AntonidasYseraRagnaros the Firelord といったバリューの高いレジェンダリミニオンで相手を圧倒しようとするスタイルです。


 ’Firebat’やその他チームArchonメンバーは、このデッキが現状においてかなり強力な存在であると感じているようです。
 




Hybrid Hunter


 mage
  
 ミッドレンジハンターはマナカーブに沿ったミニオン展開をするのが持ち味です。Mad ScientistAnimal CompanionSavannah Highmane がそれらの代表となります。


 Freezing TrapHunter's Mark といったテンポ重視のカードは、バリューの高いミニオンと非常に相性がよいと言えるでしょう。


 これ等に加え、武器、Kill CommandQuick Shot といったダメージソースとヒーローパワーで相手を追い込むことが可能です。

 
 今週は、ここに紹介する様なハイブリッド型のハンターを用いて複数のプレイヤーがレジェンド#1を獲得しています。フェイスハンターとミッドレンジハンターのいいとこ取りをしたデッキを言えばよいでしょうか。今後このデッキが更なる活躍を見せるかどうか注目しましょう。
 








 7名の有名プレイヤーによるデッキランキング



デッキタイプ別一覧


 7名の有名プレイヤーが現在のLadderやトーナメントでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。








 ランク入りしたデッキの補足


 ここでは、ランクインしたデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。




第1位: Grim Patron Warrior(コンボウォーリア)

mage
 
 3週連続の第1位。この座を脅かすデッキは未だ存在しておらずといった状況です。適切にプレイするのが非常に難しいデッキですが、多くのプレイヤーがそれでも挑戦しようとする程魅力的なモノだと思います。

 現在主流となっている大半のデッキに勝てるでしょう。盤面を安定して一掃できるのはコントロールウォーリアかハンドロックくらいではないでしょうか。

 なんとか Death's Bite に対抗しようと Acidic Swamp OozeHarrison Jones を採用し始めているプレイヤーが増加しているようです。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、ミッドレンジ パラディン、ライトボムプリースト、コントロールプリースト、ミッドレンジデーモンZoo、ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ランプドルイド、ハンドロック、コントロールウォーリア。




第2位: ミッドレンジZoo


mage
 
 ミッドレンジZooは2週連続2位を獲得。試合が終盤へ進むに連れて不利になることもありますが、大半のデッキに対し序盤の有利を取ることが可能です。

 現在の環境が続く限りはトップ3の座に居続けると思われます。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、Mechメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • フリーズメイジ、ライトボムプリースト、ハンドロック、Patronウォーリア。




第3位: Midrange/Fast Druid(ミッドレンジ/ファストドルイド)


hunters
 
 Patronウォーリアに対抗しようと、環境にハンドロックやコントロールウォーリアが少しずつ戻ってきています。ミッドレンジドルイドがこれを機にトップ3へ返り咲きました。

 Ladderには、Patronウォーリア対策に Harrison Jones を採用しているドルイドが増加しているようです。



  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、ライトボムプリースト、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • Mechメイジ、テンポメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジシャーマン、ミッドレンジパラディン、ミッドレンジZoo。




第4位: ハンドロック


mage
  Patronウォーリアの対抗策として増加傾向にあります。現環境で、ウォーロックの持つAoE(範囲攻撃)スペルは非常に強力です。Patronウォーリアの勢いが続く限り、ハンドロックは有効な選択肢となるでしょう。

 一時期流行ったデーモンロックではなく、旧来のスタンダードなハンドロックがよく見られます。Patron対策の武器として、Darkbomb と Hellfire を2枚ずつ採用しているタイプが多いのではないでしょうか。


 ’Dog’はPatronウォーリアへの対策として、ハンドロックに Acidic Swamp Ooze まで採用する念の入れようです。
 



  • 得意なマッチアップ

    • コントロールプリースト、ライトボムプリースト、ミッドレンジZoo、Patronウォーリア

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、ミッドレンジハンター、ミッドレンジシャーマン。





第5/6位: フリーズメイジ

mage
 
 最近はあまり好ましくない対戦相手が多いといった状態です。今週のランキングを眺めても上位陣のデッキにはかなり苦労するモノばかりが並んでいます。この順位よりも下であっても不思議ではありません。

 しかしながら、フリーズメイジにとっての Emperor Thaurissan は最終兵器とも言える存在で、これに対応する術を持っていない場合厳しい状況に追い込まれることでしょう。



  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、Mechメイジ、ミッドレンジパラディン、コントロール/ライトボムプリースト、Mechシャーマン、ミッドレンジZoo、ノーマルZoo。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、ミッドレンジハンター、コントロールウォーリア、Grim Patronウォーリア。




第5/6位: Oil Rogue(オイルローグ)


rogue001 
オイルローグの基礎については こちら の記事をどうぞ。

 ランキングを見ると順位に変化はありませんが、実際の使用率を考えると人気がやや低下しているのではないでしょうか。コントロールウォーリアがやや増加傾向にあるため選択を避けるプレイヤーが多かったのかもしれません。

 今後ミッドレンジデッキが流行してくるようであれば、オイルローグの登場機会もそれに合わせて増えると思われます。





  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジパラディン、ミッドレンジシャーマン、コントロール/ライトボムプリースト。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、コントロールウォーリア。





<引用元 : Power Ranks: May 2015 Week 2 >



code.png
関連記事
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL