HearthStone Read2Win TOP  >  ガイド >  初心者ガイド : シークレットを攻略しよう(パラディン編)

初心者ガイド : シークレットを攻略しよう(パラディン編)


tmf001.jpg
Hearthstone


 シークレットにどう対応するか



初心者泣かせのシークレット


 secrets002.png   場に出てくる厄介なミニオン以上に相手のプレイするシークレットにペースを乱された、という話を初心者の方からよく聞きます。

 各ヒーローのシークレットを全て把握しているプレイヤーだとしても予測を基に次のプレイを選択することから、HSにおいては 局面を大きく変える存在である と言えるでしょう。


 この記事は、アリーナにおけるシークレットの使用頻度と対応の仕方 について、各ヒーロー別に説明してみようというガイドになります(今回はパラディン編)。まだシークレットをプレイされるとどうしてよいのか分からない方に。メイジ編はこちら



注意 : 元記事は2015年4月27日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。





 パラディンのシークレットについて



パラディンのシークレット一覧と簡単な説明


 初心者ガイドということで、まずはパラディンの 全シークレットを確認 してみましょう。赤文字は日本語での簡単な説明になります。イラストもしくはカード名で大体の効果が頭に浮かぶようになればOKです。






アリーナにおける使用頻度


 次に示す図は、アリーナにおけるシークレットの使用頻度を大まかに表したものです。どう対応すればいいのかを考える際、「どのシークレットが最もよく使用されているのか」を知ることは非常に重要です。






パラディンのシークレット対応はメイジより簡単


 メイジに比べると、パラディンのシークレットは対応が簡単に思えるでしょう。基本的によく用いられるのが Noble SacrificeAvenge の2枚しか無いというのがその原因です。その2枚の中でも、Avenge の頻度が高いというのがアリーナでの現状です。




1. Noble Sacrifice を確認する

 NobleSacrifice02.png   特別な理由がない限り、始めにヘルスが2のミニオンで攻撃するのは避けましょう。犠牲にしても影響の小さいミニオンで攻撃すること。

残り体力にも依りますが、ローグやドルイドであればヒーローパワーを使用して攻撃するのが無難です。




2. Avenge を確認する

 Avenge01.png   ここでの目的は、スペルかミニオンで直ぐに処理できるような対象を強化させる事です。

FireballPolymorphShadow Word: Death といった強力な除去手段を持っているのであれば、多少サイズの大きいミニオンが強化を受けても問題ありません。なので盤面のより弱いミニオン或いは1/1 トークンを倒してから、先に挙げたスペルで対応しましょう。


 もし強力な除去手段を持っていないのであれば、ステータスのより低いミニオンが強化されるように工夫しましょう。2体のミニオンがいる場合、先により大きな方を倒すことになります。とはいえ、これは状況によっては順序が逆になる場合もあるという事を覚えておきましょう。例を一つ挙げてみます。






 あなたの盤面には 5/1 になった Stranglethorn Tiger と 3/2の Bloodfen Raptor がいて、相手盤面には 3/3の Earthen Ring FarseerSilver Hand Recruit があるという状況です。パラディンは Avenge をセットしていると考えて下さい。


 この場合はセオリーとは逆に Bloodfen RaptorSilver Hand Recruit を倒し、6/5に強化された Earthen Ring FarseerStranglethorn Tiger で処理するのがよいでしょう。5/1 のタイガーはここでは5点ダメージのスペルとほぼ同じ扱いと言えます。この処理手順だと、こちらの盤面に3/1 の Bloodfen Raptor を残すことができます。


 一方でセオリー通りに処理した場合を考えてみましょう。より大きいミニオンを倒すので、3/2 Bloodfen RaptorEarthen Ring Farseer へぶつけます。その結果どちらも倒れ、 Silver Hand RecruitAvenge の効果により 4/3へと強化されます。これを残った Stranglethorn Tiger で処理するわけですが、最終的に盤面には何も残らないという結果となります。この状況だと、セオリー通りに処理しない方がよい結果になるということです。





3. Redemption を確認する

 Redemption02.png   ここまでシークレットが Noble Sacrifice でも Avenge でもないと確認できたら、次は Redemption の可能性が高いです。

 この場合、Piloted Shredder などの有用なDeathrattleを持つミニオンを倒さないように注意しましょう。

また、Scarlet Crusader といったDevine Shieldを持ったミニオンに復活されるのも厄介です。出来るだけ触れずに相手を倒したいところです。







 注意すべき状況



2つ以上のシークレットが同時にセットされている場合


 恐らく Noble Sacrifice + Avenge の組み合わせである事が多いでしょう。こちらが殴って攻撃すると身代わりが倒れ、それが Avenge を発動させるというコンボが成立します。

これを防ぐには、殴り攻撃の前に何らかのスペル或いはメイジのヒーローパワーを先に使用して Avenge だけ発動させるという手段が有効です。一つ例を挙げてみます。






 6ターン目、あなたの盤面には 4/4の Dark Iron Dwarf があり、手札には Fireball を抱えています。相手の盤面には 5/4の Lost TallstriderSilver Hand Recruit がいるという状況。パラディンは Noble Sacrifice + Avenge の2つのシークレットをセットしていると考えて下さい。


 ここでまず Dark Iron Dwarf で攻撃してしまうと、Noble Sacrifice が発動するという点が重要です。もし 1/1 が強化されたとすると、相手盤面には 5/4 と 4/3 という2体のミニオンがいる状況になり、スペルで 5/4 が処理できるとはいえミニオンを1体残してしまうことになります。


 ではどうすればよいでしょうか。この場面では、先にヒーローパワー(Fireblast)を用いて Silver Hand Recruit を倒します。殴り攻撃ではないため、Noble Sacrifice は発動しません。代わりに Avenge のみが発動し Lost Tallstrider が 8/6と大幅に強化されてしまいますが、これは Fireball で処理することが可能です。最後にドワーフで相手を攻撃すれば、全てのシークレットを取り除き、4/2ミニオンも場に残るという先程とは全く違った結果になります。





 簡単なまとめ


アリーナにおけるパラディンシークレットへの対応


  1. Noble Sacrifice を確認する。
  2. Avenge を確認する。ミニオンの処理順処に気を付けること。
  3. Redemption を確認する。








<引用元 : Beginner's Guide to Arena: Secrets and How to Play Around Them >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL