Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第5週)

Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第5週)


 


 Introduction (初めに)



Liquidhearthによるデッキ別ランキング


 4月より始まった、情報サイト 'Liquidhearth' によるデッキタイプ別ランキング。 4月第5週版 が公開されました。

  Strifecro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog、Sjow といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては例えばデーモンロックであれば SilentstormXixo などに意見を求めているそうです。

さて、4月第5週のデッキランキングはどのようになっているのでしょうか。



注意 : 元記事は2015年4月24日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 この1週間の主な動き



BRM第4週: 新カードの影響


FireguardDestroyer02.png Flamewaker02.png


  • 先週はBRM第4Wingが開放され、7種の新カードが使用可能になりました。しかしながら、これらはまだLadderそしてトーナメントシーンに大きな影響を与えるには至っていません。Fireguard DestroyerFlamewaker についてはそれ自身のポテンシャルは高いため、これからに期待といったところです。


  • 今週最も注目を集めたのが、Grim Patron Warrior の活躍でしょうか。3週前のデビュー以来、このパワーランキングで順当に順位を上げ続けています。今週はついに1位を獲得しました。今最も活躍しているデッキと言ってよいでしょう。


  • また今週の驚きとしては パラディンの凋落 が挙げられます。BRMがアナウンスされた当初、強いドラゴンパラディンを想像しトップランクにいるのを期待していたプレイヤーは多かったと思います。蓋を開けてみると、どのパラディンタイプも Grim Patron Warrior にやられてしまうという状態です。今週のランキングでは各パラディンデッキが軒並み下位に位置するという結果となっています。





 7名の有名プレイヤーによるデッキランキング



デッキタイプ別一覧


 7名の有名プレイヤーが現在のLadderやトーナメントでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。ちなみに4月第1週のランキング一覧はこちら。第2週はこちら。第3週はこちら。第4週はこちら






マッチアップの相性


 情報掲示板redditに、パワーランキングを基にしたマッチアップの相性表がアップされていました。Bo3などでのデッキ選択の際には役立ちそうです。






 ランク入りしたデッキの補足


 ここでは、ランクインしたデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。



第1位: Grim Patron Warrior(コンボウォーリア)


mage
 
Grim Patron Warrior(コンボウォーリア)の基礎については こちら の記事をどうぞ。

 度重なる改良を受け、毎週劇的に変化しているデッキです。短時間で真っ当に戦えるデッキへと仕上がった事に驚きを隠せません。このデッキの強みはフェイスハンターやフリーズメイジなどに有利なだけでなく、近頃はZooやミッドレンジパラディン相手にも渡り合えるという点でしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、ミッドレンジ パラディン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ハンドロック、コントロールウォーリア。




第2位: ミッドレンジZoo


mage
 
 数週を経て、デーモンロックとZooが融合する事によりその力を増してきました。このタイプはZooにデーモン要素を加え、マナカーブがやや高めにシフトしているという特徴があります。Mal'Ganis が採用されているパターンも珍しくありません。Void TerrorBane of DoomDr. Boom のおかげで持続力も兼ね備えています。弱点はスタンダードなZooに対し動き出しが遅い点でしょうか。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド。その他人気デッキに対して概ね 55%/45%。

  • 苦手なマッチアップ

    • ランプドルイド、フェイスハンター、ライトボムプリースト、コントロールプリースト、Grim Patronウォーリア。




第3位: Midrange/Fast Druid(ミッドレンジ/ファストドルイド)


hunters
 
 Zooの勢いが増していますが、ドルイド人気も一定のレベルをキープしています。苦手とするZooが増えているのにおかしいなと思われるかもしれません。しかしメタ全体を考慮するとこの結果は妥当だと言えます。例えばZooはMechメイジやTempoメイジに強いのですが、これらはドルイドの強力なカウンターになります。更にZooが増えるとそれに合わせるようにフリーズメイジが台頭してきますが、これはドルイドにとって好都合と言えるでしょう。



  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • Floodメイジ、Mechメイジ、テンポメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジパラディン、Zooウォーロック。




第4/5/6位: フリーズメイジ

mage
 
 Zooウォーロックの流行を受け、それを得意な相手とするフリーズメイジが増加するのは当然の流れです。正しいプレイが出来るならば、Zooに対し最も効果的なデッキと言えます。Ladderでの対戦機会も少なくないため、フリーズメイジ対策として Kezan Mystic を採用するのも悪くなさそうです。



  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、Zoo、Mechメイジ、ミッドレンジ / コントロールパラディン、Mech / ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、コントロールウォーリア、Grim Patronウォーリア。




第4/5/6位: ミッドレンジハンター


mage
 
 ErAが一定期間このタイプのデッキを用いてレジェンドランク上位をキープしていました。ただし環境がこれに対応し、ハンター使いは更なる変更を余儀なくされています。対策はされたものの、未だにトップメタの一角として十分な存在感を示しています。




  • 得意なマッチアップ

    • ハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、オイルローグ。




第4/5/6位: Oil Rogue(オイルローグ)


rogue001 
オイルローグの基礎については こちら の記事をどうぞ。

 ミッドレンジハンターが流行すると、それに応じて人気が増加するデッキタイプです。Zooウォーロックやミッドレンジハンターといった好ましいマッチアップが多いおかげで、再び脚光を浴びる形となっています。Blade Flurry の威力は相変わらず凄まじく、このデッキが存続している要素の大部分を占めると言ってもよいでしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、ミッドレンジパラディン、コントロールパラディン、コントロールプリースト、ハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、コントロールウォーリア。




第20位: Dragon Paladin(ドラゴンパラディン)


mage
 
 ドラゴンパラディンは、Dragon Consort を原動力とするドラゴンベースのデッキになります。多くのプレイヤーがデッキ構成を模索していますが、実力はまだ未知の状態といったところです。BRM第5Wingで開放されたカードに強力なドラゴンタイプがあるため、今後が楽しみなデッキであると思います。現在人気爆発中のGrim Patron Warriorにどう対応するかが鍵となるでしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • 現在調査中。

  • 苦手なマッチアップ

    • 同上。





<引用元 : Power Ranks: April 2015 Week 5 >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL