Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第4週)

Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第4週)


 


 Introduction (初めに)



Liquidhearthによるデッキ別ランキング


 4月より始まった、情報サイト 'Liquidhearth' によるデッキタイプ別ランキング。 4月第4週版 が公開されました。

  Strifecro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog、Sjow といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては例えばデーモンロックであれば SilentstormXixo などに意見を求めているそうです。

さて、BRM第3Wingが開放された4月第4週のデッキランキングはどのようになっているのでしょうか。



注意 : 元記事は2015年4月24日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 この1週間の主な動き



BRM第2、3週: 新カードの影響


ImpGangBoss02.png DragonConsort02.png



  • BRMの3Wingが開放され、新カードはメタに大きなインパクトを与えています。今週目立ったデッキは Dragon Consort を採用したドラゴンパラディンでしょう。パワーランキングではまだ下位ですが、来週以降にドラゴン属性のカード開放が控えているため、今後勢いを増すと予想されます。

  • 先週末、’TidesofTime’ がミルドルイドに Volcanic Lumberer を採用できないものかと試行錯誤していたようです。それが強力なデッキなのかどうかを判断するのに、もう少し時間がかかるでしょう。

  •  先週に引き続き Grim Patronウォーリア と Zooウォーロックが改編を受け、ランクを上げています。現在のメタはZooウォーロックを中心に動いていると言ってもよいでしょう。他に勢いを増したのは ハンドロック、ライトボムプリーストで逆にランクを落としたのは Mechメイジ、Fatigueメイジといったデッキです。





 7名の有名プレイヤーによるデッキランキング



デッキタイプ別一覧


 7名の有名プレイヤーが現在のLadderやトーナメントでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。ちなみに4月第1週のランキング一覧はこちら。第2週はこちら。第3週はこちら







 ランク入りしたデッキの補足


 ここでは、ランクインしたデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。



第1位: Midrange/Fast Druid(ミッドレンジ/ファストドルイド)


hunters
 
 Zooデッキが週毎に勢いを増してきていますが、ドルイド人気は相変わらずといった様子です。ドルイドが苦手とするZooが増えているのにおかしいなと思われるかもしれません。しかしメタ全体を考慮するとこの結果は妥当です。例えばZooはMechメイジやTempoメイジに強いのですが、これらはドルイドの強力なカウンターになります。更にZooが増えるとそれに合わせるようにフリーズメイジが台頭してきますが、これはドルイドにとって好都合と言えるでしょう。



  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • Floodメイジ、Mechメイジ、テンポメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジパラディン、Zooウォーロック。




第2位: Zooウォーロック


mage
 
 トーナメント/Ladderの両方において、ここ数週間で最も勢いのあるデッキになります。多くのプレイヤーがレジェンドトップランク到達を報告しており、トーナメントでのパフォーマンスもかなりのモノです。Gfinity においては ’Firebat’ がZooを取り入れており、Kinguin においては最も勝率の高いデッキであったというのがそれを裏付けています。Zooを得意とするデッキは今後ランキングが上昇するでしょうし、Zooが苦手ならば振るわないであろうと予想されます。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド。その他人気デッキに対して概ね 55%/45%。

  • 苦手なマッチアップ

    • ランプドルイド、フェイスハンター、ライトボムプリースト、コントロールプリースト、Grim Patronウォーリア。




第3位: フリーズメイジ

mage
 
 Zooウォーロックの流行を受け、それを得意な相手とするフリーズメイジが増加するのは当然の流れと言えます。Ladderでの対戦機会が増えたと感じるプレイヤーは少なくないでしょう。この傾向はこの後も続くと思われます。メタ全体を眺めても不利な相手がそれ程多くない、という点も強みです。フリーズメイジ対策として Kezan Mystic を採用するのも悪くなさそうです。



  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、Zoo、Mechメイジ、ミッドレンジ / コントロールパラディン、Mech / ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、コントロールウォーリア、Grim Patronウォーリア。




第4位: ハンドロック


mage
 
 Zooのカウンターとして徐々に人気が高まっていますが、まだ爆発的ではありません。有名プレイヤーである ’Trump’ がハンドロックを用いてLadderを駆け上がったことから、ポテンシャルはあると考えられます。メタに対応するためにはもう一工夫が必要そうです。




  • 得意なマッチアップ

    • コントロールプリースト、ライトボムプリースト、Zooウォーロック、Grim Patronウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、ミッドレンジハンター。




第5位: Oil Rogue(オイルローグ)


rogue001 
オイルローグの基礎については こちら の記事をどうぞ。

 全体的なデッキの展開速度が上がっているため、オイルローグは徐々にランクを下げているという状態にあります。2セットのコンボを搭載したドルイドやフェイスハンターが数多く居るメタではやや厳しい立場です。しかしながら、Zooウォーロックを苦手としないという点は救いと言えます。武器の強化と Blade Flurry が手元に来ない場合は苦戦するでしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、ミッドレンジパラディン、コントロールパラディン、コントロールプリースト、デーモンロック、ハンドロック、デーモンハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、コントロールウォーリア。




第6/7位: Grim Patron Warrior(エブリワンウォーリア)


mage
 
Grim Patron Warrior(エブリワンウォーリア)の基礎については こちら の記事をどうぞ。

 先週から大幅なランクアップです。毎週数多くのプレイヤーによって改良を受け、トーナメントでも一定の成績を収めています。特に ArmorsmithDread Corsair を加えるパターンが増えています。今後もこのデッキがメタのラインナップとして定番化する可能性は十分高いでしょう。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、ミッドレンジ パラディン。

  • 苦手なマッチアップ

    • デーモンロック、デーモンハンドロック、ハンドロック、コントロールウォーリア。




第21位: Dragon Paladin(ドラゴンパラディン)


mage
 
 ドラゴンパラディンは、Dragon Consort を原動力とするドラゴンベースのデッキになります。多くのプレイヤーがデッキ構成を模索していますが、実力はまだ未知の状態といったところです。BRM第4、5Wingで開放されるドラゴンの中に強力なカードが残っているため、その他シナジーカードを含め今後が楽しみなデッキであると思います。




  • 得意なマッチアップ

    • 現在調査中。

  • 苦手なマッチアップ

    • 同上。





<引用元 : Power Ranks: April 2015 Week 4 >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL