Hearthstone Read2Win TOP  >  スポンサー広告 >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第3週)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第3週)


 


 Introduction (初めに)



Liquidhearthによるデッキ別ランキング


 4月より始まった、情報サイト 'Liquidhearth' によるデッキタイプ別ランキング。 4月第3週版 が公開されました。

  Strifecro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては例えばミッドレンジハンターについてなら Naiman に、デーモンロックであれば SilentstormXixo などに意見を求めたそうです。

さて、BRM第2Wingが開放された4月第3週のデッキランキングはどのようになっているのでしょうか。



注意 : 元記事は2015年4月17日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 この1週間の主な動き



BRM第2週: 新カードの影響


EmperorThaurissan02.png ImpGangBoss02.png LavaShock08.png



 BRMの第2Wingが開放され、メタはどのように変化したのでしょうか。予想された通り、第1Wingのカードはメタに大きなインパクトを与え、その影響の大きさは次第に増しているようです。Emperor Thaurissan はこれまでの マナ制限をある意味で緩和し、様々なデッキを有効なものへと変化させています。Emperorの恩恵を最も受けているミッドレンジドルイドやフリーズメイジは、先週以上のbuff(強化)と人気を獲得しています。

 第2Wingで追加された新カードもまた同様にメタの変化に影響を与えています。これにより、忘れられていたようなデッキが再びスポットライトを浴びるといった現象が起きているようです。



  • Imp Gang Boss

    • Imp Gang Boss は、今週最も注目を受けた新カードでした。久しく名を聞かなかったZooウォーロックを蘇らせ、デーモンロックにも採用されています。2/4 というステータスのおかげで除去耐性が高く、強化することでかなり効率的なトレードを実現してくれます。それだけでなく、1/1 の Imp まで残してくれるオマケ付きです。この優れた効果と環境にミッドレンジドルイドが増えているという2点から、Ladderでウォーロックを選ぶプレイヤーが増えても不思議ではないでしょう。


  • Lava Shock

    • シャーマンにもヒーロー専用カード Lava Shock が追加されたのですが、これを採用した強力なデッキはまだ見られません。その一方で、チーム 'Archon' が新しく生み出した Mechシャーマンのデッキリストは、大きな反響を呼んでいます。多くのメンバーがトーナメント 「Seatstory Cup」 にこのデッキを持込み、ドルイドに対して大きな成果を上げたようです。



  • まとめ

    • 簡単にまとめると、ドルイドが#1のポジションをキープしつつ フリーズメイジ、Mechシャーマン、Zooウォーロック のデッキパワーが大きく強化された週であったと言えるでしょう。





 6名の有名プレイヤーによるデッキランキング



デッキタイプ別一覧


 6名の有名プレイヤーが現在のLadderやトーナメントでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。ちなみに4月第1週のランキング一覧はこちら。第2週はこちら







 ランク入りしたデッキの補足


 ここでは、ランクインしたデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。



第1位: Midrange/Fast Druid(ミッドレンジ/ファストドルイド)


hunters
 
 先週のランキングではフェイスハンターと共に1位というポジションでしたが、この1週間でミッドレンジドルイドの強力さがより目立つようになりました。Emperor Thaurissan の後押しが強力ですが、他のヒーローも対応策を模索し始めているといった状況です。ドルイドの繁栄を受け、Zooが顕著に増加しています。ただ、Zooがメタを大きく動かすような存在となるかどうかは不明です。


’Orange’ などの有名プレイヤーは、Druid of the Flame をトーナメントデッキに採用していましたが、やはり本人も Shade of Naxxramas の方が強力であると認めているようです。



  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • Floodメイジ、Mechメイジ、テンポメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジパラディン、Zooウォーロック。




第2位: Oil Rogue(オイルローグ)


rogue001 
オイルローグの基礎については こちら の記事をどうぞ。

 展開が早い環境というのは、オイルローグには不利であると言えるでしょう。そうであってもなお、このデッキはパワーランキングの上位に位置しています。他を寄せ付けない圧倒的なバーストダメージと範囲除去能力が魅力のこのデッキ。問題はやはりコンボの道具を揃え、フィニッシュまで持ち込む十分な時間があるのかといった点です。ともあれ、よりアグレッシブなスタイルへ移行しているメタに対応する必要があるでしょう。





  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、ミッドレンジパラディン、コントロールパラディン、コントロールプリースト、デーモンロック、ハンドロック、デーモンハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、コントロールウォーリア、ミッドレンジウォーリア。




第3位: Face Hunter(フェイスハンター)


hunters
 
 今週はランクを2つ下げ、やや勢いが落ち着いた感があります。プレイヤーが徐々にフェイスハンターとの対戦に慣れてきており、デッキを調整しているのが原因でしょう。人気度が今後も低下し、ランクを落とす事になるかもしれません。ただし Quick Shot の追加が安定感を与えている事から再び盛り上がるといった可能性もあります。



  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、オイルローグ、ミッドレンジシャーマン、デーモンハンドロック、ハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • Fatigueメイジ、フリーズメイジ、ライトボムプリースト、コントロールウォーリア。




第4位: フリーズメイジ

mage
 
 トーナメント、Ladderの両方において活躍中。Ladderでは以前より一定数プレイされていましたが、その数が顕著に増加しています。Zooを選択するプレイヤーも増えている中、Emperor Thaurissan のフリーズメイジにおける凄まじい効果を皆が実感した週だったのではないでしょうか。この強化を受け、圧倒的に苦手とされていたコントロールウォーリアとの対戦でも勝つ見込みがあるとまで言われています。実際のところ 「Seatstory Cup」 において、’Ignite’ のフリーズメイジが ’Amaz’ のコントロールウォーリアに勝利しています。



  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、Zoo、Mechメイジ、ミッドレンジ / コントロールパラディン、Mech / ミッドレンジシャーマン。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、コントロールウォーリア、ミッドレンジウォーリア。




第5位: Zooウォーロック


mage
 
 予想通り、Zooの人気度が一気に上昇した週でした。Zooは3マナで出来る行動が弱いと言われていましたが、Imp Gang Boss が見事にその穴を埋めた形です。また変更を受けた Bane of Doom の影響も見逃せないところです。これまで困難とされていたマッチアップへの対応として、ハイコストのカードを採用し マナカーブをやや後半に寄せているデッキ が多く見られます。様々なバリエーションのZooがレジェンド#1を獲得していたというのも印象的です。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド。

  • 苦手なマッチアップ

    • ランプドルイド、フェイスハンター、コントロールプリースト。




第14位: Mech Shaman(メックシャーマン)


mage
 
 今週、チーム 'Archon' が強力なMechシャーマンデッキを生み出しました。チーム内でもデッキに多少の差はありますが、どれも先の「Seatstory Cup」で十分に戦えていたようです。それに加え、’Rdu’ が対ドルイド強化とも言えるMechシャーマンを用いてレジェンド#1を獲得した事も大きな影響を与えました。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、ランプドルイド。

  • 苦手なマッチアップ

    • Fatigue メイジ、フリーズメイジ。




第17位: Grim Patron Warrior(エブリワンウォーリア)


mage
 
Grim Patron Warrior(エブリワンウォーリア)の基礎については こちら の記事をどうぞ。

 先週のこのランキングにおいて、’Nomodogan’ がレジェンドトップランクを獲得して以降も調整が必要であると書きました。’Bloodyface’ がこれを実行し、見事NA#1を獲得しています。今週はNomodgoan にマッチアップについてアドバイスを受けました。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、フリーズメイジ、ミッドレンジ / コントロールパラディン。

  • 苦手なマッチアップ

    • デーモンロック、デーモンハンドロック、ハンドルロック、コントロールウォーリア。





<引用元 : Power Ranks: April 2015 Week 3 >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。