Hearthstone Read2Win TOP  >  デッキ >  BRMデッキ: Grim Patron Warrior(エブリワンウォーリア)

BRMデッキ: Grim Patron Warrior(エブリワンウォーリア)


fatigmage00



 Introduction (はじめに)


ミニオンが増殖するコンボデッキ


     今回紹介するデッキは Grim Patron Warrior になります。皆さんBRM第1週に開放された新カードの印象はどの様なものでしょうか。それらを使ったデッキ作りを楽しんでいると思いますが、この通称 エブリワンウォーリア もBRM新カードである Grim Patron を基軸に構築されたデッキの一つです。

     'Nomodogan' というプレイヤーが、本デッキ1つのみを用いてランク8からレジェンドまで到達しています。記事の最後にプレイ動画へのリンクを添えておきました。文字で読んだ後に慣れているプレイヤーの動きをみて勉強しましょう!


    さて、本デッキにはどんなカードが採用されており、どのように戦うのでしょうか。


    注意 : 元記事は2015年4月9日のものですが、環境が変化し現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。





     Let's Take a Look at the Deck



    Deck List (デッキリスト)

       
        

      Warrior (19)



      Neutral (11)





       Deck Breakdown (デッキ解説)



      カードの選択とその理由


         ここではデッキリストを眺めて「あれ?」と感じる様なカードについて説明します。特に触れられていないカードは、シナジーを考慮すると当然採用されるべきモノであるということです。

        BattleRage02.png Armorsmith01.png


         とりあえず上記のデッキリストで何度かプレイしてみることをオススメします。自分で動かして感覚を掴んだ後に差し替えを検討しましょう。ただここでひとつアドバイス。フェイスハンターとの対戦機会が多いようであれば、Battle Rage を1枚抜いて Armorsmith を採用すると安定感が増し勝率が少し上がると思います。



        BattleRage02.png RagingWorgen02.png EmperorThaurissan02.png


        • 2x Battle Rage

          • デッキ内のダメージ系カードの全てとシナジーを持つ重要なドローソース。これは欠かせません。


        • 1x Raging Worgen

          • 2枚の Warsong CommanderInner Rage との相性は抜群であるため、本デッキに採用しないという選択肢はほぼあり得ません。また単純に3マナ 3/3 というステータスはそれ程悪くないと思います。相手はこれをなんとか除去しようと思考するため、よいプレッシャーとなるでしょう。


        • 1x Emperor Thaurissan

          • Warsong Commander + Grim Patron コンボをより早い段階で実現可能にしてくれます。本デッキのドロー系カードの全てと相性が良いです。ドルイドが増えているという現状にもマッチしていると思われます。



        なんでこのカードが入ってないの?

          Charge02.png

           このカードは本デッキにおいてはそれ程重要ではありません。Warsong Commander が全く同じ役割を果たしており、デッキ内のほぼ全てのミニオンにチャージを与えてくれます(しかも1体に限らない)。それだけでなく、盤面に 2/3 が残るという点でも Warsong Commander の方が優れています。

          hr1.jpg

          ShieldSlam.png

           このカードは、Shield BlockShieldmaidenArmorsmith といった相方となるカードが存在して初めて真価を発揮します。このデッキで活かすにはカード枠が足りなくなってしまいます。

          hr1.jpg

          ShieldBlock.png

           このカードでドロー出来る枚数は、Acolyte of PainBattle Rage よりも少なく、自分/相手の盤面に何も影響を与えません。Shield Slam も採用していませんので、私のデッキには必要無いと判断できます。

          hr1.jpg

          BigGameHunter01.png

           先にも述べましたが、このデッキはコンボデッキです。Big Game Hunter のような保険的効果を与えてくれるカードを犠牲にすることで成り立っていると言っても過言ではありません。とにかく様々なコンボを成立させるのが第一目的になるためBGHはこれに該当しませんし、更に Warsong Commander の効果も受けられません。

          4もしくは5ターン目に50%以上の確率でジャイアントをプレイされるといった環境ならば、採用する価値があるでしょう。

          hr1.jpg

          BouncingBlade01.png MadderBomber.png MadBomber02.png

           これら3枚のカードは確かに Grim Patron を増殖させることが出来るかもしれませんが、やはり安定感に欠けると思います。ここぞという場面で確実にコンボを発動させられるカードを本デッキには採用しています。






          Replacement Options(代替カード案)
確かに!
コメントありがとうございます。

そう言われればそうですよね。引用元ではWispというジョークだったのですが、
伝わらない可能性もあるなあ、と勝手に変更したのが裏目に出てしまいました。

それっぽい表現に変更しておきました。
[ 2015/04/10 12:45 ] [ 編集 ]
グリムを持っていてエンペラーを持っていないということはほぼないんじゃないんでしょうか?
[ 2015/04/10 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL