Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第1週)

Liquidhearth Power Rankings: April (2015年4月第1週)


 


 Introduction (初めに)



久々のメタ関連記事


 以前、”チームIHEARTHU” が毎週発表するメタランキングを紹介していましたが、更新が止まってからはあまりメタに関する記事を扱ってきませんでした。


 今週より、Liquidhearth がヒーロー別でなく デッキタイプ別ランキング を毎週発表することになりました。Strifecro、ThijsNL、Savjz、Neirea、Firebat、Dog といった有名プレイヤーがデッキをランク付けしており、特定のマッチアップについては例えばミッドレンジハンターについてなら Naiman に、デーモンロックであれば SilentstormXixo などに意見を求めたそうです。



注意 : 元記事は2015年4月2日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。




 5名のプレイヤーによるデッキランキング


デッキタイプ別一覧


 まずは、5名のプレイヤーが現在メタでよく見られるデッキについて順位付けした一覧になります。Firebatは来週以降の参加となるようです。







 ハイランクデッキの補足


 ここでは、高い順位のデッキについてカードリストや最近の動向などを紹介してみようと思います。とりあえず総合ランクを確認したいという方は、元記事の順位を眺めてみましょう。



第1位: Oil Rogue(オイルローグ)


rogue001 
オイルローグの基礎については こちら の記事をどうぞ。

 少なくともこの1ヶ月は、メタゲームの鍵となるデッキでした。実際オイルローグ対策が進み、有利を取れるデッキがLadderに多くなってきています。最近の大きな変化といえば、MrYagut というプレイヤーが Tinker's Sharpsword Oil を1枚にし、Sludge BelcherDr. Boom を採用したより安定したオイルローグの構築を試みたことでしょうか。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、ミッドレンジパラディン、コントロールパラディン、コントロールプリースト、デーモンロック、ハンドロック、デーモンハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • フェイスハンター、コントロールウォーリア、ミッドレンジウォーリア。




第2位: Demon Handlock(デーモンハンドロック)


warlock001
 
 StrifeCro が2週間ほど前にこのデッキを用いてレジェンド#1を獲得したことで知名度が一気に上がりました。これに続くように Kolento が 「EU vs CN #2」 で同様のデッキを使用し、成功を収めています。Ladderトップランクでは、Dread Infernal が入ったデーモンロックが数多く見られます。旧来のハンドロックに比べ、現環境における他デッキとの相性や安定性で優れており、特にアグロデッキに対してはその傾向が顕著です。




  • 得意なマッチアップ

    • コントロールプリースト、ライトボムプリースト、Fatigueメイジ、ミッドレンジウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、フェイスハンター、コントロールパラディン、ミッドレンジパラディン




第3位: Face Hunter(フェイスハンター)


hunters
 
 フェイスハンターが再びトップランクに戻ってきました。コントロールウォーリア、ライトボムプリースト、フリーズメイジを使用するといった対策/調整が行われていますが、その他のポピュラーデッキには概ね有利が取れるということが強みとなっています。BRMではフェイスハンター向きなカードがあるため、Ladderにおいて人気が増すと思われます。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジハンター、オイルローグ、ミッドレンジシャーマン、デーモンハンドロック、ハンドロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • Fatigueメイジ、フリーズメイジ、ライトボムプリースト、コントロールウォーリア。




第4位: Midrange/Fast Druid(ミッドレンジ/ファストドルイド)


hunters
 
 今週はファストドルイドに勢いがありました。ドルイドは現在メジャーなヒーローで、Ladderにおいてはファストドルイドと数多く対戦することになるでしょう。確かにこのタイプのデッキは現環境ではとても強いと思います。フェイスハンター対策のためにコントロールウォーリアが増えている、というのも有利な点です。




  • 得意なマッチアップ

    • フリーズメイジ、コントロールウォーリア。

  • 苦手なマッチアップ

    • Floodメイジ、Mechメイジ、テンポメイジ、Mechシャーマン、ミッドレンジパラディン、Zooウォーロック。




第5位: Mech Mage(メックメイジ)


mage
 
 Mechメイジは、以前までの勢いではないものの未だに高い人気をキープしています。どのように対処するのかといった対策/研究が進んだことから使用率は低下していますが、以前のZooウォーロック的なポジションを獲得していると言えるでしょう。いつでも対戦する可能性があることから、常にその存在を意識しておく必要があります。Goblin BlastmageTinkertown Technician の脅威を少しでも減らすため、盤面にあるMechミニオンは徹底的に潰しましょう。盤面さえ確保できれば、必要なのは Dr. BoomArchmage Antonidas に対するカードを温存しておく事だけです。




  • 得意なマッチアップ

    • ミッドレンジドルイド、ランプドルイド。

  • 苦手なマッチアップ

    • Fatigueメイジ、フリーズメイジ。




第11位: Chinese Lightbomb Priest(ライトボムプリースト)


mage
 
 Lightbomb プリーストは最近大流行しているデッキの一つです。Savjz が本デッキを用い、数時間でレジェンド高ランクへ到達したことで広く知られるようになりました。2枚の LightbombShadow Word: DeathHoly Nova を採用し除去能力に優れたデッキです。Gilblin StalkerZombie ChowDeathlord といったミニオンに Velen's Chosen を組み合わせる事で効率的なトレードが行えます。以前までのプリーストに比べ、ローグやハンドロックとのマッチアップが改善されていますが、まだまだ苦戦する相手である事に変わりはありません。




  • 得意なマッチアップ

    • フェイスハンター、コントロールパラディン、ミッドレンジパラディン、Zooウォーロック。

  • 苦手なマッチアップ

    • オイルローグ、デーモンハンドロック、ハンドロック。



その他のデッキについては、随時追記予定




<引用元 : Power Ranks: April 2015 Week 1 >



code.png
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL