Hearthstone Read2Win TOP  >  スポンサー広告 >  BRM >  BRM新カードについての所感 vol.2 - Flamewaker

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM新カードについての所感 vol.2 - Flamewaker


wwt001.jpg
Hearthstone



 メイジ専用ミニオン Flamewaker



追加される新カードは31枚!


    BRM006

      
     先日発表された新アドベンチャーモード、
    「Blackrock Mountain」

    新規追加カードは31枚あり、その内の12枚が公開されました。この記事ではそれらカードについての意見をあれこれ紹介していきます。

    注意 : 元記事は2015年3月20日のものですが、環境が変化し現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で紹介しております。ご了承ください。



    Flamewaker


       今回扱うのは 「Flamewaker」 です。メイジ専用の3マナミニオンで、効果は以下のとおり。


      Flamewaker02.png

       
      Flamewaker
      あなたがスペルを使用した後、合計2点のダメージを、1点ずつランダムな敵ミニオンもしくはヒーローに与える。








       Flamewaker について - BRIAN KIBLER



      メイジの3マナミニオンに対する不満


         丁度昨日、Mechを軸にしないメイジデッキについて考えていましたが、メイジが使用できる3マナミニオンのクオリティーの低さ に改めてがっかりするばかりでした。


        KirinTorMage02 SootSpewer02



         Kirin Tor Mage は2マナミニオンにトレードされてしまうという脆さに加え、真価を発揮するには手元にシークレットが無ければならないというミニオンです。Soot Spewer も生存力は Kirin Tor Mage と同様で、生き残ったとしても僅かなスペルパワーを与えてくれるに過ぎません。あまりハッピーな気分にはなれませんよね。

        Mechベースでもないため、Tinkertown Technician も候補から外れてしまいます。もっと丈夫でインパクトのある3マナミニオンがあれば、と強く願っていました。




        ダメージに関係ないスペルにも打点を


           そんな中、間もなくリリースされる Blackrock Mountain の新カードが発表されました。Flamewaker は私の求めていたそのもので、スペルカードを多く採用したデッキにとって最高のミニオンに思えます。


          相手の盤面にミニオンがいない場合、スペルパワー+2 を持つミニオンと似たような効果を与えてくれます。スペルパワーと異なり、スペアパーツといった ダメージに関係ないスペルも打点に変えてしまうオマケ付きです。相手盤面にミニオンがある場合、Flamewaker はそれらを一掃するポテンシャルを持っていると思います。


          GoblinBlastmage Flamewaker02 UnstablePortal02 TheCoin


           今までに使用していたMechを含むメイジデッキでは、Goblin Blastmage が強力なため、それを活かすような動きをしていました。Flamewaker はGoblin Blastmageのミニ版と見ることが出来、スペルを使用する度にその効果を発動します。Unstable Portal から The Coin まで適用されるためより使いやすく魅力的に感じます。




          発動の順番


             一つ重要なのは、Flamewakerが Wild Pyromancer と同じような働きをするという点です。トリガーとなるスペルが使用された場合、スペル効果の発動を待ってから2点ダメージが飛んで行くという寸法です。


            ManaWyrm02 ArcaneIntellect02


             初心者の方のために例を挙げてみましょう。Mana Wyrm が盤面にある時に Arcane Intellect を使用した場合、先にMana Wyrmが強化されるでしょうか、それともカードがドローされるでしょうか。

            当たり前だろと思われるかもしれませんが、この組み合わせの場合盤面にいるミニオンの能力が先に発動するため、Mana Wyrmが強化されてからカードが補充されることになります。



            例を挙げてわざわざ強調したかったのは、Flamewakerダメージが無駄になりにくいという性質を持つということです。


            Flamewaker02 Flamestrike02


             上のように Flamewaker が場にいる状態で Flamestrike をプレイする場合を考えてみてください。正にダメージが無駄にならない例と言えます。先に全体ダメージが入り、生き残ったミニオンもしくは相手ヒーローへ追撃が入ることになります。もしも発動順が逆だとすると、Flamewakerから飛んだダメージが Flamestrike のみの4点で倒せるはずのミニオンに飛んで行く可能性が十分にあるため、かなり残念な結果となるのがお分かり頂けると思います。


            Polymorph


             Polymorph を使用した場合にも同様の事が当てはまります。羊に変わった相手を追撃で倒す可能性が十分にあると考えられます。




            メイジデッキの可能性
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。