Hearthstone Read2Win TOP  >  Cities:Skylines >  Cities Skylines – 初心者ガイド: 工業の専門化について

Cities Skylines – 初心者ガイド: 工業の専門化について


cs002




 Introduction (はじめに)



都市建設シュミレーション Cities Skylines



       Cities Skyline のガイド記事第2弾です。第1弾のガイドはこちら


     "Cities Skylines" は、所謂シムシティ的な街作り/交通網の整備を楽しむ箱庭ゲーム。3月10日に発売され、割と高い評価を受けています。


     この記事では、初心者の方向けに 「工業の専門化」 について簡単に説明してみようと思います。




    注意 : 元記事は2015年3月16日のものですが、環境が変化し現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。





     工業の専門化とは



    一般生産業だけが工業じゃない



          Cities Skyline では、工業エリアに日用品生産以外の専門的な業務を行わせる '専門化(specialization)' を割り当てる事が可能です。

       資源ビューであなたの土地を眺めてみると、Oil(石油)、Ore(鉱石)、Forest(森林)など幾つかの資源を見つけることができるでしょう。これらを利用して独自の生産活動を行わせることになります。
        


       一般的な工業である生産業のレベルは1から3まであるのに対し、専門化した工業エリアには1つのレベルしかありません。しかしながら24人の雇用が可能であり、これは一般工業のレベル2に相当します。また、各専門化された工業には 独自の税収と経費 が設定されています。


       またゲーム序盤の区画設定と専門化は、コストや建造物の立て直しという点からオススメできるものとは言えません。都市がある程度発展した後の工業はよりクリーンで多くの雇用を生み出すようになります。そのため、専門化が有効に働くのはゲーム中盤以降であると覚えておくとよいでしょう





      4種類の専門産業


         Cities Skylines には以下の4種類の専門産業が存在します。


        • Forest Industry(林業)

          • 森林(Forests)は再生可能な資源。通常産業に比べ税収がやや増加するが、汚染度も若干増す。


        • Farming Industry(農畜産業)

          • 肥沃な土壌(Fertile land)は再生可能な資源。林業同様に税収がやや高まるが、地表の汚染は増加しない。その代わり、農業はより多くの水を消費し水質汚染を引き起こしやすい


        • Ore Industry(鉱業)

          • 鉱石(Ore)は再生不可能な限定資源。上記2種より多くの収益を得られるが、地表の汚染は一層増す。通常産業よりも多くの電気を必要とする


        • Oil Industry(石油工業)

          • 石油(Oil)は再生不可能な限定資源。他の専門化より多くの収益が見込めるが、更に多くの電力を必要とし汚染度も最大となる






        4種の工業を比較してみよう


           さて、ここでは各専門工業のメリット、デメリットを分かりやすく比較してみましょう。


          indus002



           やはり気になるのは再生資源なのか否かという点ではないでしょうか。森林や肥沃な土壌と異なり、鉱石や石油はいずれ枯渇してしまいます。しかし、完全に廃れてしまう訳ではありません。道路や鉄道などで外部と接続しているのなら、必要な場合に輸入するという形式に切り替わります。


           外部から輸入できるなら問題ないではないか、と思うかもしれませんがデメリットはしっかりと存在します。外部から資源を輸入する場合、収入が低下するだけでなく交通機関に影響して渋滞の原因となります




           工業を専門化する方法



          ステップ1: まずは適正な場所(タイル)を見つけよう


             では、具体的にどうやって専門工業を指定するのかみていきましょう。まず先にも述べた通り、それぞれに必要な資源が存在します。あなたのタイルを眺め、資源をさがしてみましょう。時には、現在のタイル上に求める資源が無いといったことがあるかもしれません。

             他のタイルと比較してみるのはどうでしょうか。一段階視野の広い状態にしてみましょう。ここで下図赤い四角で囲った部分には各種資源がどれくらいあるのかが示されています。このデータを参考にするとよいでしょう。


            cs004





            ステップ2: 資源の分散具合を確認しよう


               目的のタイルを見つけ出すことができたら、次に実際どの場所に資源があるのか探しましょう。左上メニューの右列下から2番目のボタンを押すことで、天然資源ビューに切り替える事が可能です。これで通常は表示されていない資源の場所が分かりやすく表示されます。

               下図では、画面右側に森林と肥沃な土壌が広がっているのがお分かり頂けると思います。


              cs004





              ステップ3: 区画(district)を設定をしよう


                 天然資源と産業をリンクさせるためには 区画(district) の設定が欠かせません。下図赤枠で示すツールを使用し、好みの範囲を区画設定していきましょう。この際、名称も自由に変更可能です。◯◯林業区 / ▲▲農場 などと名前を付けておくとよいかもしれませんね。

                 ちなみにこの区画設定は、工業に限らずゲームの色々な場面でデータを分析するのにも有効です。ここで覚えておいて損はないでしょう。


                cs004





                ステップ4: 区画に専門化を適用しよう


                   下図に示すように、区画指定ツールの右側には4種類のどれを設定するのか決定するボタンが用意されています。赤枠で囲ってあるのが農畜産業を指定するものです。指定が成功すると、区画名の下に各産業に対応したアイコンが表示されます。このアイコンが表示されれば専門化の完了です。


                  cs004





                   最後に



                  工業区に変化をつけて素敵な都市づくりを
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL