Hearthstone Read2Win TOP  >  スポンサー広告 >  BRM >  BRM新カードについての所感 vol.1 - Grim Patron

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM新カードについての所感 vol.1 - Grim Patron


wwt001.jpg




 新アドベンチャーモード 「Blackrock Mountain」



新カードは31枚!


    BRM006

      
     先日発表された新アドベンチャーモード、
    「Blackrock Mountain」

    新規追加カードは31枚あり、その内の5枚が公開されました。この記事ではそれらカードについての意見をあれこれ紹介していきます。



     
    注意 : 元記事は2015年3月8日のものですが、環境が変化し現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で紹介しております。ご了承ください。





    Grim Patron


       今回扱うのは 「Grim Patron」 です。ニュートラルの5マナミニオンで、効果は以下のとおり。


      EnhanceoMechano.png

       
      Grim Patron
      ダメージを受けた後に生き残っているなら、その度に Grim Patron を1体召喚する。





      Grim Patron についての所感



        • StoTheX

          • このカードは、実際のテストなしに評価するのが非常に難しいと思います。マナとステータスは Antique healbot と同じですが、Grim Patron の能力は他のどのカードとも異なっているためです。おそらくウォーリアのデッキで用いられるでしょう。しかし現在のところ、5マナ帯には素晴らしいカードが揃っているため実際に採用されるのは難しそうです。


        • Nydra

          • 素晴らしいカードになる可能性はありますが、確信は持てません。5マナといえば Azure DrakeAntique healbotLoatheb といった競合相手がおり、更にこれ等は 場に出た瞬間に仕事をするタイプの能力 です。一方の Grim Patron はどうかと言うと、能力の起動に一手間かかるのが難点です。ウォーリアで WhirlwindCruel TaskmasterBouncing Blade などと共に用いる事になりそうですが、結局それら起動役がいなければ悲しいことになってしまいます。


        • Skim

          • 組み合わせによってはとても楽しいプレイが期待できるカードだと思います。正しく機能すれば再生にも似た効果が得られますが、環境には数多くの除去手段が存在しています。3ダメージ以上を与えるのが珍しい事ではないため、この Grim Patron が活躍するのは難しそうです。結局今のメタで重要なのは’ステータスの高さ’なのではないでしょうか。新アドベンチャー発売後にはメタがまた動くでしょうが、このカードが活躍するためには能力を補うさらに別の1枚が必要となるでしょう。



        • Dorazion

          • 個人的にとても好感の持てるカードです。5マナ 5/5 というステータスから、価値を見出すにはコンボしかありません。そしてコンボは私がとても気に入っているプレイです。

            WarsongCommander BRM003


            攻撃力が3であるということは、Warsong Commander の恩恵を受けられます。3ターン目にWarsong、4ターン目に The Coin からの Grim Patron という流れで相手ミニオンを倒すことが出来ればもう1体の Grim Patron が得られます。運が良ければ更にもう1体、といった具合です。このコンボが上手く決まらなかったとしても、WhirlwindCruel Taskmaster といったカードが控えています。



        • Nomlix

          • 既存の5マナミニオンに比べるとステータスが低いため、即時にこの効果を活かす事が出来るアクションが求められます。一手間かかるので敬遠されそうですが、試合をひっくり返すポテンシャルを持つカードだと思います。

            BRM003 BouncingBlade01 Whirlwind


            特にウォーリアにおいての Bouncing Blade とのコンボ、そして Whirlwind との組み合わせが期待されます。メイジでの使用も考えてみましたが、7マナで 3/2 と 3/3 の2体が並ぶだけなのでそれ程のインパクトはありません。やはりネックは能力発動にワンアクションを要するという点になってきます。




        • SylvanHunter

          • このミニオンを一撃で倒すのはそれ程難しくありません。チャージも持っていないため、これを活かすには残り使用回数1回の Death's Bite を装備している場合か、Inner Rage が手元にある場合といった状況が必要になりそうです。それ以外だと、6もしくは7ターン目に WhirlwindCruel Taskmaster を併用するパターンでしょうか。ローグで Backstab を使用するというアイディアもありますが、残りライフ1はいとも簡単に処理されてしまうため賢明ではありません。相手がローグの場合、Deadly PoisonBlade Flurry を持っていない状況で場に出す、という大きな制約がかかる事になるでしょう。






        <引用元 : What do we think about the 5 new Blackrock Mountain cards? >




        code.png
        関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。