HearthStone Read2Win TOP  >  デッキ >  GUIDE: PRIEST CONTROL (コントロールプリースト)

GUIDE: PRIEST CONTROL (コントロールプリースト)

priest01.jpg


今回は、情報サイト ”Hearthstone Players” で特集されていた ”コントロールプリースト” についてです。恥ずかしながら、私、今日までプリーストでプレイしたことがありません。対戦する際に、相手が「何をしたい/何が苦手」 なデッキなのかよくわからず対応が難しいと思っていました。これを機会に理解を深めようというのが選択の理由です。

注意 : 元記事は2014年5月13日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容もあります。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で翻訳しております。ご了承ください。



<引用元 : http://hearthstoneplayers.com/dkmrpriestmay/ >





Introduction (導入)



本日は、チームDKMRの ”BorN” がコントロールプリーストのガイドを書いてみます。プリーストは、Ladderであまり対戦機会の多くないヒーローです。相手に対応するという防御的な特徴を持つため、テンポよくランク上げをするには向かないでしょう。しかし、トーナメントにおいては十分に戦えるヒーローだと思います。

プリースト専用カードは、カードやミニオンを対象に操作(強化や弱体化)を行う、というものが多いです。また、相手のミニオンにかぎらず、デッキや手持ちのカードを盗んで活用するという特徴を持ちます。先に述べたように、これらの特徴がプリーストのプレイを、防御もしくはカウンター型にさせている要因になっています。プリーストを上手くプレイするには、相手のプレイに対する答えを考慮し導き出す能力が求められます。そしてそれは 「我慢して耐える」 能力でもあります。

今日紹介するデッキは、序盤~終盤までどのステージでも強力な盤面維持をキープできるように考えられたものです。





The Deck List(デッキリスト と個別カード)



 palacon01.png Circle of Healing
Circle of Healing」は、一見すると全く使えないカードに思えます。え?味方だけじゃなくて相手のミニオンも回復したら意味が無いじゃないか、という方もいることでしょう。しかし適切に使用すれば、即効性と力強さを兼ね備えたカードとなるのです。盤面に 「Injured Blademaster」 や 「Northshire Cleric」 などのミニオンがいたなら、プレイしたそのターンに回復させることができます。 「Injured Blademaster」 であればたった3マナで 4/7 のミニオンを場に出せることになります。盤面にダメージを受けたミニオンが多ければ、「Northshire Cleric」 で驚異的なドローを実現することも可能です。

また、このカードは攻撃的な使用も可能です。盤面に 「Auchenai Soulpriest」 がいる場合、「Circle of Healing」 で全てのミニオンに4点のダメージを与えることができます。さながらゼロマナの 「Flamestrike」 といった感じでしょうか。このようなコンボは試合状況を大きく転換させることができ、2枚同時に使用したのなら盤面を一掃することになるでしょう。

Power Word: Shield
Power Word: Shield」 、はプリーストがデッキを効率よく運用するための優れた手段になります。ヒーローパワーでミニオンをヒールすることができるため、ミニオンの生存率が上がりトレードできる可能性も増加します。対戦相手にとっては、こんな迷惑なことはないでしょうね。またマナコストが低いということもあり、「Wild Pyromancer」 と組み合わせれば、盤面を一掃する目的にも適しています。



Northshire Cleric
Northshire Cleric」 は、放っておくと手に負えなくなるほど、実は ”ヤバい” カードで、ヒーローパワーとの高い相乗効果があります。適切に使用すれば、何枚ものカードをドローすることが可能になるでしょう。ミニオンを回復することで確実にドロー出来るため、相手の脅威に対応するのに非常に頼りになります。あまり温存しようなどと考えないほうがよいでしょう。「Holy Nova」 や 「Circle of Healing」 などとの強力なコンボがあります。「Wild Pyromancer」 とのコンボも考えられます。こういったコンボを使用することで、もうドローは必要ない、というくらいカードが手に入るでしょう。
 NorthshireCleric.png 


Shadow Word: Pain
Shadow Word: Pain」 は、「Water Elemental」 や 「Sen'jin Shieldmasta」 の様な、体力は高いが攻撃力の低いミニオンを処理するのに適しています。ではなぜ枚数が1枚なのかというと、強いけれど私は結局2枚もデッキには入れない、という単純なものです。強いのですが結局のところ 、試合全体で眺めるといつでも 1対1 のトレードができるカードではないのです。活躍の場はやはり序盤に限られてしまいます。とはいえ、1枚はデッキに入れておきたいカードです。


Bloodmage Thalnos
Bloodmage Thalnos」 は、時折プリーストのデッキに採用されるのですが、僅かなスペルパワーと1枚のカードドローというのはこのデッキにおいて目立った強さであるとは思いません。ピンチの際のドローとスペルパワーが得られるのは非常に役立つため、それを期待するプレイヤーはデッキに組み込むでしょう。


Crazed Alchemist
Crazed Alchemist」 は、それ程プリーストのデッキに採用されません。このカードは、「Shadow Word: Pain」 や 「Shadow Word: Death」 との相乗効果がいい具合です。これにより好都合なトレードに持ち込むことが可能になります。また、比較的低マナの攻撃力 4 を持つミニオンにも用いられます。


WildPyromancer.png Wild Pyromancer
Wild Pyromancer」 は、非常に有用なカードです。この範囲攻撃効果のおかげで、序盤~中盤にかけての盤面をコントロールすることができます。「Circle of Healing」 と 「Northshire Cleric」 も組み合わせると素晴らしい効果が望めます。ヒーローパワーでこのミニオンをヒールすることで真価が発揮されるといってもよいでしょう。2マナで 3/2 という、相手にしてはやや処理に困るステータスも魅力の一つです。


Shadow Word: Death
Shadow Word: Death」は、巨大なミニオンを処理するのに用います。大抵どのプリーストのデッキを除いても、必ず含まれているでしょう。


Earthen Ring Farseer
Earthen Ring Farseer」は、3マナの強力なカードであるだけでなく、コンボに用いることができます。「Injured Blademaster」 のヒールをするのもいいでしょうし、「Northshire Cleric」 を回復してカードドローしてもよさそうです。盤面に 「Auchenai Soulpriest」 がいるのであれば、シャーマンの 「Fire Elemental」 の如く、相手ミニオンを破壊したりヒーローを直接攻撃することも可能です。


Injured Blademaster
Injured Blademaster」は、パッと見はくだらないカードに思えますが、様々なヒール手段のあるプリーストにおいては異なります。プリーストが使用すると、相手は処理するのが非常に面倒なミニオンだな、と感じることでしょう。「Circle of Healing」 と組み合わせることで、3ターン目に 4/7 というステータスのミニオンを盤面に展開すること、すなわち処理するのに高いコストを強いることができます。


Auchenai Soulpriest
Auchenai Soulpriest」は、ヒール効果をダメージに変換する非常に攻撃的なミニオンです。先に述べたように、「Circle of Healing」 を強力な範囲ダメージへと一変させます。また、ヒーローパワーを一時的に 「Shadowform」 状態のように利用させてくれます。このカードを使う際には、盤面にいる限り、自身を回復する術も失われてしまうということを忘れないで下さい。全てのヒールカードがダメージに変わっているので、味方を倒してしまわないようご注意を。


Defender of Argus
Defender of Argus」は、アグロデッキ対策に有効です。トーントを付与するだけでなく、ミニオンを増強してくれるのはありがたい効果です。より好ましいドレードに持ち込める可能性が高まるでしょう。

Sen'jin Shieldmasta
Sen'jin Shieldmasta」は、上記を除けば唯一のトーントミニオンになります。アグロデッキに対する壁となり盤面の安定感に大きく寄与します。あまりアグロデッキとあたらないようであれば、「Chillwind Yeti」 に差し替えてもよいでしょう。

Holy Nova
Holy Nova」は、主要な範囲ダメージ源になります。ダメージを与えると同時に、味方を回復する素晴らしいカードです。序盤の弱いミニオンを一掃するのに役に立つでしょう。「Northshire Cleric」 や 「Bloodmage Thalnos」 と組み合わせることで、より素晴らしい効果が得られます。


Holy Fire
Holy Fire」は、「Chillwind Yeti」 や 「Azure Drake」 を処理するベストな選択と言えます。ヒール効果も、急な回復を必要とする状態では非常に役立ちます。


.Cabal Shadow Priest
Cabal Shadow Priest」は、やや議論の余地があるカードです。弱いミニオンを奪うことはできるという単純な解釈もできますが、「Loot Hoarder」 が相手の場にいるならば有効ですし、「Unbound Elemental」 や 「Frothing Berserker」 が奪えるのなら、相手は相当苛立つことでしょう。また、「Crazed Alchemist」 と組み合わせることで、瀕死の大きなミニオンを奪うことも出来ます。


Ragnaros the Firelord と Ysera
Ragnaros the Firelord」 と 「Ysera」 は、終盤に活躍するでしょう。プリーストのヒール能力や試合を長引かせるスタイルが、これらコストの高いミニオンの登場機会を底上げします。おそらくそれまでに、相手は他のミニオンに大半の除去手段を使い果ててしまっていることでしょう。


Mind Control
Mind Control」は、相手の場に素敵なミニオンを見かけたら用いるカードです。勝ちを決定づけるようなカードが望ましいでしょう。奪うことで、相手は逆にそれをどう処理しようか悩むはずです。「Ysera」 のようなトレードが非常に困難なミニオンに温存しておくのがよいでしょう。もっとも相手にダメージを与えられる場面で使用しましょう。






Play-style and Strategy (プレイの方針と戦略)



コントロールプリーストの目的は、大半のコントロールデッキと共通しています。ミニオンを粛々と処理し続け、可能な時に少しずつ相手の体力を削っていくというものです。序盤に 「Wild Pyromancer」 を用いるかどうか、中盤に 「Auchenai Soulpriest」 をプレイするか、それとも 「Shadow Word: Pain」や「Shadow Word: Death」 をシンプルに用いていくかなど、プリーストの選択肢は多岐に渡ります。

プリーストに最も必要なのは、手札を潤沢に保つドローパワーと、いつでもミニオンに対処できる状態です。「Northshire Cleric」 を1ターン目にプレイするな、というのははよく言われることです。少なくとも何枚かは確実にドロー出来る状態で、場に展開すべきでしょう。アグロデッキと対戦するときは例外で、1ターン目に展開すると、次ターンで攻撃力の低いミニオンを誘い出す場合が多く見られます。コントロールデッキが相手の場合は、このようなことはせずに適切なタイミングが来るのを待ちましょう。

アグロデッキとの対戦では、「Wild Pyromancer」 や 「Shadow Word: Pain」 が手札に来るようマリガンを試みましょう。もし前者が手元にきたのなら、「Power Word: Shield」 のような低コストのスペルはコンボ用にとっておくとよいでしょう。

スローなデッキと対戦する場合、「Injured Blademaster」 や 「Wild Pyromancer」 を狙ってマリガンしましょう。序盤から盤面を抑えるようにできるのが理想です。

Shadow Word: Pain」 は、終盤にドローしても殆ど意味が無いため、マリガン時にはキープしておくのがよいでしょう。序盤に使いたくなる場面が必ずあるはずです。即座にヒールできる状態でないのなら、「Injured Blademaster」 のプレイは控えたほうが良いかもしれません。簡単に除去されては悲しいですからね。もしヒール無しでも生存が確信できる場合は、もちろんプレイすべきでしょう。

中盤に移行後は、「Auchenai Soulpriest」 を駆使したり、 「Cabal Shadow Priest」 でミニオンを奪うなど、相手に脅威を与えていきましょう。ミニオンは出来る限りヒールし、有利なトレードに持ち込めるように、または除去されづらくなるように心がけること。レジェンダリーミニオンを展開できる状態を作り出すことが出来れば、相手は相当の窮地に陥ることでしょう。







関連記事

告知手段
コメントありがとうございます。
このブログ初めてのコメントで、多少興奮しております。見てくれる人がいるんだと実感でき、嬉しいものですね。

確かに、記事のアップロード完了など、何かしらの通知手段があるとよさそうですね。

Twitterのアカウントを近いうちに取得してみようと思います。
アドヴァイスありがとうございます。
[ 2014/05/15 21:03 ] [ 編集 ]
No title
記事の更新通知用のツイッターなどはないのでしょうか?
[ 2014/05/15 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL