Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  The Meta Report #54 (2015年1月第5週)

The Meta Report #54 (2015年1月第5週)








 Introduction (初めに)


 この記事では、”チームIHEARTHU” が毎週発表するメタランキングを示します。これはLadder(ランク戦)における普遍性/人気であって、必ずしも強さを意味するわけではありません。しかし、強力なデッキはそれだけ多くの人にプレイされるというのは間違いありません。また人気のデッキに対するカウンターを考えるプレイヤーも一定数存在します。そういったプレイヤーの心理がメタに影響をあたえるわけです。



注意 : 元記事は2015年1月31日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。






 Meta ranking (メタ人気ランク)



1. Hunter

hunter001
  例の弱体化を受けるまでは、ハンター人気は相変わらずといった感じでした。Savannah HighmaneDr. Boom を採用したミッドレンジタイプが増加している印象です。Undertaker が弱体化を受けた今後は、ハンターを選択する人数が減少するでしょう。しかしミッドレンジハンターは十分に強く、引き続き戦えるデッキとしてプレイされると思われます。




2 Paladin

paladin001
  ミッドレンジパラディンは、ドルイドやハンターに僅かながら有利であることから人気度が上昇しています。デッキ構成も似たようなもので、差し替え例としては Zombie Chow を採用しているモノや、Mind Control Tech + Equality を取り入れているモノが見受けられます。最低1枚の Antique healbot を入れるのが普通のようです。




3. Druid

druid001
  ドルイド人気は相変わらず高いのですが、先週ほどの熱狂ぶりではありません。最近の流行りはダブルコンボが入っていないランプドルイドで、Sneed's Old ShredderCenarius がよく用いられているようです。Undertaker の弱体化後は、今以上にドルイド人気が高まることが予想されます。




4. Mage

mage001
  ハンターを選ぶプレイヤーが多い中、LadderではMechメイジとミッドレンジメイジも割と多くプレイされています。多くのミッドレンジタイプでは、Counterspell を採用しているので警戒しておくべきです。




5. Rogue


rogue001  大きく何かが変わったという訳ではありませんが、プレイヤー数は少しずつ増加しています。Tinker's Sharpsword Oil + Southsea Deckhand を組み込んだバーストダメージ型に注意しましょう。




6. Warlock

warlock001
  Ladderにおいては、以前までの勢いが感じられません。Zooウォーロック / ハンドロックが共に、現在多く見られるパラディンそしてハンターに分が悪いというのが原因でしょう。Undertaker 弱体化後は、ハンドロックの勢いが復活するのではないでしょうか。




7. Warrior

warrior001  ドルイドがLadderでの地位を確立して以降、ウォーリアは苦しい立場にあるようです。今回の Undertaker 修正を受け、ハンドロックとドルイドが主流になると予想されることから暫くはこの状況が続くと思われます。




8. Priest

priest001
  シャーマンよりもややプレイ人口が多いといった程度ではないでしょうか。Ladderで出会うことがあるなら、Prophet VelenBaron Geddon を採用しているタイプを警戒しましょう。Undertaker の弱体化はプリーストにそれ程影響しないでしょう。




9. Shaman

shaman001
  現在のLadderでは出会う機会が殆どありません。今回の Undertaker 弱体化を一番ありがたく感じているのはシャーマンかもしれません。ミッドレンジシャーマンはハンターに弱く、他のミッドレンジデッキ及びコントロールデッキに有利が取れるという特徴があります。復活の可能性が全くないとは言い切れません。





 Deck of the Week (今週の注目デッキ)



 strifecropal03.png   今週注目のデッキは、StrifeCroのミッドレンジパラディンです。


 Ladderでパラディンと出会うことがあればこのタイプと思ってもよいほど、現在メジャーなデッキです。Ladderに限らず、トーナメントでも活躍を見せています。


 パラディンと対戦する際には、Mind Control Tech に十分警戒するようにしましょう。


このデッキを使用する側としては、3ターン目に Mind Control Tech をプレイすることも選択肢に入れるとよいでしょう。







<引用元 : The Meta report #54 >



code.png
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL