Hearthstone Read2Win TOP  >  デッキ >  GUIDE: Control Paladin (コントロールパラディン)

GUIDE: Control Paladin (コントロールパラディン)

paladin02.jpg


今回は、情報サイト ”HearthPWN” の注目デッキとして紹介されていた ”コントロールパラディン” についてです。5月に入ってからのメタを考慮したデッキで、5枚ものレジェンダリカードを用いるというカード資産を必要とするものとなっています。しかしながら、ガイドには代替カード案も示されているのである程度の補完は効くようです。

注意 : 元記事は2014年5月13日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容もあります。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で翻訳しております。ご了承ください。



<引用元 : http://www.hearthpwn.com/decks/53343-new-meta-control >




----- < Introduction(導入) > ------------------

このデッキは、現在Ladderで主流となっているデッキに対抗するという目的で作成されました。もちろん、「Unleash the Hounds」 が弱体化され、ハンターが減少した後のメタを想定しています。

ミニオンに対処する、そして盤面を一掃する能力に加え、回復能力を備えるこのデッキは現環境でとても強力です。ハンターの減少に伴い、ハンドロックやミラクルローグ、各種ドルイドやコントロールウォーリア等の 「動き出しの遅いデッキ」 がよく用いられる傾向にあります(2014年5月13日現在)。そのような環境の下、これらに対する本デッキの有用性がより増しています。

一方で、デッキ作成に10540ダストというとても高いクラフトコストが必要となるという難点もあります。しかしながら、代替カード案も後半に示してありますので、5枚あるレジェンダリーのうちあなたが所有していないカードの代わりを、そこから探し出してみてください。




----- < The Deck List(デッキリスト) > ------------------


 palacon01.pngAAAAAAAASpellbreaker
以前はあまり目にしませんでたが、最近はよく用いられるカードです。このデッキにおいては様々な用途があります。ハンドロックに対しては、「Twilight Drake」 をヒーローパワーと組み合わせて処理することができます。ローグには、「Edwin VanCleef」 への対策に。対戦相手に合わせ、「The Black Knight」 を除いてこのカードを2枚にするのも有効でしょう。

Aldor Peacekeeper
強力なカードですが、先ほどのカードと同様に対戦相手次第です。「The Black Knight」 の代わりに 「Stampeding Kodo」 入れて8ターン目以降の強力な除去として用いることも可能です。ドルイドに対しては特に有効性が高く、盤面維持に大きく貢献するでしょう。ハンドロックに対しては、ジャイアント対策となります。Zooウォーロックに対しては、攻撃が3+のミニオンの侵攻を妨げる効果があります。これにより試合を長引かせ、こちらの得意な終盤に持ち込める可能性が高まるでしょう。

Blessing of Kings」:
パラディンデッキにそれ程見られないカードですが、序盤・中盤に試合を有利な方向へと導くパワーがあります。また、試合終盤に相手ヒーローへのバーストダメージ用として使うことができます。「Harvest Golem」 や 「Faceless Manipulator」とのコンボがよさそうです。


Equality」:
このデッキの範囲除去となります。「Consecration」 と組み合わせることで、相手側のミニオンを一掃しヒーローにも2点ダメージを与えることが可能です。自陣のミニオンの体力も1になってしまう点に注意しましょう。


Tirion Fordring」:
8マナというコストは、10ターン目に使用しても余剰マナが2あるという、嬉しい状況を生み出してくれます。「Big Game Hunter」 の対象範囲からも外れており、これは大きな強みとなります。Divine shield のおかげで効率的なトレードも望め、相手にプレッシャーを与えるでしょう。倒された後の効果も素晴らしく、5ダメージ武器は 「Chillwind Yeti」 でも打ち倒すことが可能です。合計15点のダメージは驚異的です。「Hex」 と 「Polymorph」には弱いですが、登場が終盤であるため、これより前にプレイされるミニオンに使用される事が多いでしょう。


Ysera」:
対戦相手に大きなインパクトを与えるカードです。多量の体力でトレードに優れています。このミニオンも「Big Game Hunter」 の対象範囲から外れています。「Dream」と、あなたのデッキの他のカードとの相乗効果は相当よいものになるでしょう。相手の巨大ミニオンを盤面から退去させるだけでなく、「Guardian of Kings」 との組み合わせでヒール効果を倍増させることも可能です。




----- < Alternatives(代替カード案) > ------------------

Cairne Bloodhoof」:
代替カードとして最も適しているのは、「Boulderfist Ogre」でしょう。対戦相手によっては、「Chillwind Yeti」 か 「Sen'jin Shieldmasta」 でもよいでしょう。

Sylvanas Windrunner」:
先にも述べた特徴とマナコストの観点から、「Stampeding Kodo」 は候補として悪くないでしょう。もう1枚 「Spellbreaker」 を追加するのもよさそうです。「Chillwind Yeti」 も候補となります。

The Black Knight」:
どのヒーローと対戦するのかに大きく依存するカードです。盤面コントロールの観点からは、「Boulderfist Ogre」 と 「Chillwind Yeti」 が候補となるでしょう。「Argent Commander」、「Spellbreaker」 などもよいでしょう。

Tirion Fordring」:
パラディンデッキの根幹となるカードなので、レジェンダリーカードをクラフトするならまずはこれになるでしょう。代替カードとしては、終盤で強力なミニオンがよいでしょう。「Guardian of Kings」 でヒールを強化するのもよし、「Sunwalker」 もよい候補だと思います。特に後者は shadow word (プリーストの除去スペル)の対象外であるので、相手がプリーストの場合にはより良いでしょう。

Ysera」:
このデッキにおいて、2番めに重要なレジェンダリーカードです。デッキ内カードとの相乗効果はかなり良好です。交換対象は、先ほどと同じ理由から「Guardian of Kings」 、「Sunwalker」 になります。




----- < Match-up Strategy(マッチアップ) > ------------------


rogue001
AAAAAAAAA Miracle Rogue (対ミラクルローグ)

Harvest Golem」 と 「Aldor Peacekeeper」 、「Spellbreaker」 を狙ってマリガンしましょう。現在のメタで多く見られるデッキの一つですが、幸運なことにこのデッキとの対戦は好ましいと言えます。序盤の盤面を維持し、ヒーローパワーや武器カードを使わせることで、本体にダメージを与えていくのが理想的です。「Acidic Swamp Ooze」 は 「Deadly Poison」 を使用するのを待ちましょう。欲を言えば、「Assassin's Blade」 が出てくるまで待ちたいところです。また、「Spellbreaker」 は 「Edwin VanCleef」 に使用したいカードです。

Equality」 + 「Consecration」 のコンボは 「Gadgetzan Auctioneer」 に使用し、少しでも相手にドローさせないよう警戒しましょう。「Conceal」 に上手く対処できないヒーローも多いのですが、パラディンにはそれが可能です。

試合中盤までのミニオンに 「Sap」 を使用させ、終盤の 「Tirion Fordring」 + 「Ysera」 のサイクルに持ち込むのが望ましいです。「Leeroy Jenkins」 のコンボに対しては、トーントミニオンを上手く活用して防ぐといいでしょう。ヒール能力を活用し試合終盤までたどり着ければ、相手は燃料切れになる可能性が高いでしょう。


warlock
AAAAAAAAA Hand Lock (対ハンドロック)

Spellbreaker」 と 「Aldor Peacekeeper」 を狙ってマリガンしましょう。Zooとハンドロックという2つのタイプがどちらも多くみられるため、マリガン時には非常に悩まされます。なぜウォーロックがLadderで強いのかというと、一方のタイプを想定してマリガンを行い、その予想が外れてしまった場合、負ける可能性が高まるからだと思います。しかしながら、ハンドロックは相手にしやすい部類です。「Spellbreaker」 はジャイアントに対してとても有効です。

Aldor Peacekeeper」 は 「Twilight Drake」 に対して役に立ちます。相手が前半にヒーローパワーを使用している間、盤面上にミニオン(ヒーローパワーを含む)を並べることを意識しましょう。中盤では、「Defender of Argus」 は、あなたが Equality コンボに必要なカードをドローしてくるまで防御壁を維持するのに適役です。「Sylvanas Windrunner」 は盤面に展開しておくことで、相手がジャイアントをプレイするかどうか考えさせることができ、大抵はサイレンスか 「Siphon Soul」 をする結果となるでしょう。

相手の残りライフが10前後で盤面にある程度のミニオンが残っていれば、相手の 「Molten Giant」 2体 + 「Defender of Argus」 コンボに対し、こちらも 「Equality」 + 「Consecration」 のコンボを当てて一気に試合を終わらせられることが出来るでしょう。状況が厳しい場合には 「Faceless Manipulator」 を、また 「Acidic Swamp Ooze」 は 「Lord Jaraxxus」 に対して残しておくとよいでしょう。



warlock
AAAAA Zoo Warlock (対アグロウォーロック)

Wild Pyromancer」 、 「Consecration」 、「Truesilver Champion」 、「Aldor Peacekeeper」 を狙ってマリガンしましょう。

先にも述べた様に、対ウォーロックのマリガンは非常に難しいものとなります。また、Zooウォーロックはこのデッキにとって厳しい戦いとなることが予想されます。序盤の数ターンにマナカーブ沿った理想的ミニオン展開をされると、処理をしにくくなるでしょう。またデッキの性質上、あなたより先に ”使える” カードを引くことが多いです。

しかしながら、適切なタイミングに効果的なカードを引くことができれば、それらを上手く処理し、中盤~終盤に圧倒することが可能となります。まず、相手の攻撃力3以上のミニオンに対抗するため、 「Aldor Peacekeeper」 が欲しいところです。被ダメージを抑えるだけでなく、3/3 ミニオンとして場に残る非常に優秀なカードです。盤面をいくらか維持できている、もしくはあなたのミニオンを全く無視して来るようなら、「Defender of Argus」 でなんとかしのぎましょう。

中盤では、「Consecration」 を基点とするコンボを駆使し、盤面を一掃するようにしましょう。比較的盤面が片付き、相手の手札が切れてくれば、こちらに有利となってきます。終盤では、大きなミニオンで出来る限り効率的なトレードができるよう努めましょう。ここまで維持できれば、ヒーリングスペルを使用できるようになってきます。「Leeroy Jenkins」 + 「Soulfire」 のコンボに耐えうる体力まで回復できればよいでしょう。試合はさながら綱渡りの様相を呈することが多いでしょうが、「Consecration」 を完璧に活用できれば勝利はほぼ確信できるはずです。



warrior
AAAA Control Warrior (対コントロールウォーリア)

Harvest Golem」 、 「Spellbreaker」 、「Truesilver Champion」 を狙ってマリガンしましょう。

序盤数ターンは、何か特殊な事態が発生することはありません。双方が盤面維持に務めるでしょう。「Truesilver Champion」 があると、「Armorsmith」 の処理が非常に楽になります。「Aldor Peacekeeper」 は、「Frothing Berserker」 の対策に有用です。また、終盤の 「Grommash Hellscream」 にも適しています。

Spellbreaker」 は序盤の厳しい局面、もしくは終盤のやっかいなミニオンのどちらにも有効です。「Acidic Swamp Ooze」 は、できれば 「Gorehowl」 に当てたいところですが、2回チャージの残っている 「Fiery War Axe」 に当てるほうが有効である、といった考え方もあります。

Brawl」 への警戒は必要です。しかし、もしも 「Cairne Bloodhoof」 が生き残り、手札に 「Faceless Manipulator」 が残っていれば、勝利は直ぐ目の前です。体力が15以上でのヒーリングスペルは、「Alexstrasza」 を考えると有効ではありません。 しかし、相手が 「Gorehowl」 を装備しており、それに耐えられなさそうであれば、9ターン目以降は 「Grommash Hellscream」 コンボに注意する必要があります。



hunters
AAAA Mid-range Hunter (対ミッドレンジハンター)

Harvest Golem」 、 「Aldor Peacekeeper」 、「Truesilver Champion」 を狙ってマリガンしましょう。「Unleash the Hounds」 の弱体化の影響を受け、それほど一般的ではありません。それ以来Ladderであまりにもあたらないため、どのように立ち回ればよいか十分な経験が無いことを、予め述べておきます。数少ないながら、対戦相手としては優位でしょう。通常のガイドは、盤面に3体以上のミニオン展開を避けましょうといった記述が見られますが、このデッキの特性上、この考え方は当てはまりません。

4体のミニオンを並べたとしてもそれ程大きな問題ではありません。「「Harvest Golem」 と 「Cairne Bloodhoof」 が助けてくれることでしょう。

もし序盤に 「Unleash the Hounds」 コンボをお見舞いされたとしても、後半のヒール可能なマナ域まで持ち込めさえすれば問題ありません。「Equality」 コンボは 「Scavenging Hyena」 が巨大化してしまった時、もしくは 「Houndmaster」 コンボが出てくるまで温存しましょう。

Savannah Highmane」 には、「Aldor Peacekeeper」 もしくは 「Spellbreaker」 で対応しましょう。これらがなければ、対応が非常に困難となってしまいます。「Truesilver Champion」 は彼らの得意とする 「Animal Companion」 を対処する非常に便利なカードです。



druids
AAAA Ramp Druid (対ランプドルイド)

Harvest Golem」 、 「Truesilver Champion」 を狙ってマリガンしましょう。ウォーリアとの対戦と同様、試合前半は特に何事もないでしょう。「Harvest Golem」 は序盤に向いています。「Defender of Argus」 は 「Swipe」 をプレイさせ、「Keeper of the Grove」 を誘い出す目的で、中盤に使用するのがよいでしょう。

The Black Knight」 はトーントミニオンを多くプレイするドルイドに対し、特に有効です。

Sylvanas Windrunner」 は、相手を悩ませるだけでなく、結果的に相手があなたに有利なトレードをさせるような強制力があります。またこのカードは、相手が「Swipe」 や各種サイレンスを使いきったと判断できる場合は、「Tirion Fordring」 をプレイする際のセキュリティとしても機能するでしょう。

Blessing of Kings」 様々な場面で活躍します。例えば、「Harvest Golem」 に使用すれば 6/7 ミニオンとなり、「Druid of the Claw」 を倒すことができます。倒すだけでなく、その後も盤面キープに大きく貢献することが可能です。「Aldor Peacekeeper」 は、ゲーム終盤の脅威を事実上無効化できる点が素晴らしいカードです。「Equality」 コンボが必要なかった、などどいうことさえあります。適切なタイミングで使用するよう心がけましょう。

Force of Nature」 + 「Savage Roar」 のコンボに脅威を感じるならば、ヒーリングをしっかり行い、トーントを立てるか盤面をコンボで綺麗に片付けておくように努めるとよいでしょう。



shaman
AAAA Control Shaman (対コントロールシャーマン)

Harvest Golem」 、 「Truesilver Champion」 、「Aldor Peacekeeper」、「Spellbreaker」 を狙ってマリガンしましょう。このマッチアップは、拮抗した対戦になることが多いです。しかし、シャーマンにはヒール手段が殆ど無いの加え、オーバーロードのリスクもあるため、盤面を元に戻す猶予は十分に持てるでしょう。

Hex」 がこのデッキにとっては唯一の懸念材料となります。相手がより大きいミニオンに使おうとしている場合が多いです。しかし、2枚という限度があるため、消耗させてしまえば有利な立場となるでしょう。「Earth Shock」 はこちらの展開を遅くさせるカードです。序盤で 「Harvest Golem」 に使ってもらえるとラッキーです。

シャーマンは通常、盤面に多くのミニオンを置く傾向があります。数が多くなってきた場合、相手の展開を遅くするため 「Aldor Peacekeeper」 や 「Equality」 コンボをもちいるとよいでしょう。相手が 「Earth Elemental」 を採用しているなら、「The Black Knight」 は非常に有用ですが、現在採用率はかなり低いです。ただ、僅かですが増加傾向にあります。

Acidic Swamp Ooze」 は通常、「Doomhammer」 のために温存しておきますが、フィニッシュまで出てこない場合も多いため、序盤に 「Stormforged Axe」 を破壊するにもいいでしょう。




関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL