Hearthstone Read2Win TOP  >  デッキ >  GvGデッキ: Sjow warrior (GvG ウォリコン)

GvGデッキ: Sjow warrior (GvG ウォリコン)


midconwar01.jpg




 Introduction (はじめに)



 今回はGvGカードを採用したデッキリスト紹介になります。有名配信者の ”Sjow” が使用し、12月11日に EU/NA両サーバーでレジェンド1位を達成した ”GvG Warrior Control(GvGウォリコン)” です。


 ウォリコンこと "コントロールウォーリアデッキ" は、数多くのレジェンダリカードを要することから 構築するのが大変なデッキ という印象を持っている方が多いかと思います。


そんな構築コストの問題はありますが、安定感が高くアーマーを稼ぎつつ相手のミニオンを上手く捌いて試合後半に持ち込めば、強力なレジェンダリカードで圧倒できる事から、常に一定の人気を持つデッキです。Naxx導入時も新カードを上手く取り入れつつ変化を見せたウォリコンですが、GvGによりどのような変化を見せるのか楽しみです。



注意 : 元記事は2014年12月11日のものですが、環境が変化し現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。






 Let's Take a Look at the Deck (デッキリスト)



 
sjwar01.png
  



 FAQ (質問と回答コーナー)




なんで Whirlwind が2枚も入っているの?


    LeperGnome01 ClockworkGnome01 MusterforBattle.png


     現在の速攻型デッキは Leper GnomeClockwork Gnome の採用率が高く、これらに対し Whirlwind が非常に有効です。

    同様にパラディンデッキで人気の高い Muster for Battle、多くのdivine shieldミニオンに対しても有利が取れます。

    hr1.jpg

    Armorsmith BaronGeddon AcolyteofPain.png



    従来からあるような、Armorsmith との組み合わせによるアーマー獲得、Baron GeddonAcolyte of Pain とのコンボは健在です。






    なんで Brawl が採用されていないの?

      Brawl01 Shieldmaiden01


       このデッキは、ボードコントロールのためにミニオンと武器を駆使するタイプです。この点から、Brawl を採用する価値はそれ程高くないと思います。Shieldmaiden が中盤の攻防に貢献してくれるでしょう。






      なんで Dr. Boom が入っているの?
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL