Hearthstone Read2Win TOP  >  Meta >  The Meta Report #33 (2014年9月第1週)

The Meta Report #33 (2014年9月第1週)







 金曜日恒例のメタリポートです。新カードの追加は一段落したものの、それらを活用した新デッキがまだまだ多く誕生しているという状態です。VGVNなど大きな大会で使用された幾つかのデッキが話題を呼んでいるようです。ランキング本文で登場しますのでお楽しみに。





 Introduction (初めに)


 Ladderリセットの時期が再びやって来ました。様々なレベルのプレイヤーが顔を合わせる機会を持つ、不思議な時期でもあります。今週のメタランクにはあまり大きな変化は見られませんでしたが、プレイヤーは 「Naxx新カードをどうにか上手く活用できないものか」 と模索し続けているようです。先週とはどのような違いがあるのでしょうか。


 以下に、チームDKMRのメタランキングを示します。これはLadderにおける普遍性/人気であって、必ずしも強さを意味するわけではありません。しかし、強力なデッキはそれだけ多くの人にプレイされるというのは間違いありません。また人気のデッキに対するカウンターを考えるプレイヤーも一定数存在します。そういったプレイヤーの心理がメタに影響をあたえるわけです。



注意 : 元記事は2014年9月5日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。






 Meta ranking (メタ人気ランク)




1. Hunter

hunter001
 前シーズンでは、 「選択すべきデッキはミラクルである」 と言ってよい程ローグに勢いがありました。現在はハンターがそれに該当しています。ランクを上げるにも取り敢えずハンターを選んでおけば良さそうだという状態です。低マナコストのビーストミニオンと 「Houndmaster」 によりテンポで優勢を得る、遅れをとっていたとしても 「Starving Buzzard」 + 「Unleash the Hounds」 コンボで巻き返しを図れるハンターは、あらゆるマッチアップで勝つための手段を備えるヒーローと言えるでしょう。現在のハンターブームは、以前のミラクルローグに比べて初心者向けでもあります。というのも、シンプルな2カードコンボが基軸であり逆転プランが分かりやすいためです。




2. Warlock

warlock001
 ハンドロックはハンターに対しかなりの不利である一方、Zooデッキは展開が早いためにLadderがリセットされたこのタイミングで好まれ、人気度が上がっています。ハンターよりも若干勝率で劣るかもしれませんが、それでもあらゆるマッチアップで一定の勝率を得られるというのも原因の一つでしょう。Naxxの影響でZooデッキにも色々なバリエーションが生まれました。「Echoing Ooze」 採用型や、「Power Overwhelming」 + 「Void Terror」 コンボ採用型などが代表的でしょうか。ハンター以外のマッチアップはそれなりにイケていることから、ハンドロックが健闘するのを見かける機会があるかもしれません。しかし [DKMR] ではその道を選ぶ前に今一度考え直してみることをオススメしています。




3. Warrior

warrior001 デッキを構築できるだけのカード資産を持つプレイヤーにとって、コントロールウォーリアは安心感を得られる存在となっているようです。速攻系デッキだけでなく、ハンターやその他のコントロール系デッキにも対応が可能なため、現時点では手堅い選択であると言えるでしょう。ドロー運が良くない場合でも、ミッドレンジハンターやミラクルローグは 「Armorsmith」 の稼ぐアーマーや 「Unstable Ghoul」、「Sludge Belcher」 といったミニオンに対して打点を消耗することになります。Zooデッキのような攻撃的なタイプに対応しつつ、強力なレジェンダリカードのバランスを考慮するといったプレイヤーの経験値も上昇してきています。




4. Druid

druid001
 ”Kolento” がVGVN #2 で優勝したことにより、ミッドレンジドルイドの人気が再び上がってきました。ハンター、Zooウォーロックそしてウォーリアに対抗できるため、Kolentoのデッキをコピーしてみようというプレイヤーが増えても何ら不思議ではありません。ランプドルイドもここ最近プレイヤー数を増やしているようです。Zooデッキに対抗できること、そして 「Wild Growth」 を早い段階で得られ相手が 「Hunter's Mark」 を得るのに苦戦するようならばハンターにも勝利することが可能なことが要因でしょうか。実際に [DKMR] の”DTwo”は、ランプドルイドを駆使して先週の DKMR invitational を勝ち抜いています。




5. Priest

priest001
 数多くの有名配信者がプリーストを試していること、またこれまで触れる機会が少なかったヒーローに対する新鮮さから、Ladderにおけるプレイヤー数が増えています。「Undertaker」 を採用するDeathrattle型デッキが非常に強力である一方、コントロール系デッキも未だに人気があります。主要トーナメントでまだ勝利を納めていないことからまだ奮闘中といったところですが、それでも以前の状態に比べれば断然マシであると言えるでしょう。





6. Rogue

rogue001
 ミラクルローグは、現在のメタにおけるトップ帯デッキを倒すことが可能なことから、未だに最強の一角であります。しかしながら、最近はLadderで見かける数が明らかに減っています(少なくとも先月に比べては)。おそらく、Ladderやトーナメントであまりにもミラクルローグを見る機会が多かったからなのでしょう。また、「Sludge Belcher」、「Harrison Jones」 のようなミラクルローグにとって好ましくないカードの採用が増えたことも原因の一つではないでしょうか。ミラクル以外ではテンポローグがやや増加傾向で、フェイス型ローグは減少傾向にあります。





7. Shaman

shaman001
 [DKMR] はシャーマンが強力なヒーローであると考えているのですが、Ladderではあまり愛されていないようです。”Xixo” が使用したシャーマンデッキや、最近 [DKMR] の ”Faramir” が iHearthu に投稿した別タイプのシャーマンデッキ(本ブログでの紹介記事はこちら)は、トップメタデッキに上手く対応しています。「Nerubian Egg」、「Haunted Creeper」、「Echoing Ooze」、「Undertaker」 といったNaxx新カードは、序盤の盤面維持に大きく貢献しているようです。今後数週間でこのメタランキングを上がって行くことが期待されます。





8. Mage

mage001
 シークレットメイジはハンターを除くあらゆるタイプのデッキに対しとても強力です。ハンターがBanされる率の高いトーナメントにおいては、このハンター問題は致命的ではないでしょう。しかしLadderにおいてはメイジの居場所はなさそうです。現在、メイジデッキのスタンダードはシークレットとDeathrattleがメインになっており、「Undertaker」、「Mad Scientist」、「Sludge Belcher」 の採用率が高いようです。また、[Tempo Storm] に所属する ”Hyped” が使用している 「Fireball」 不採用型フリーズメイジ(こちら)が話題を呼んでいます。メイジのメジャーデッキで 「Fireball」 を採用していないのはおそらく初めてと言ってよいのではないでしょうか。





9. Paladin

paladin001
 パラディンは決して弱いヒーローではないのですが、なぜかLadderで人気がありません。ヒーローパワーで ”あいつ” を呼び出す作業があまりお気に召さないのでしょうか。パラディンは安定感という点で問題を抱えています。強力なトーントミニオンやコンボカードが引けなければ、ドルイドやシャーマン等のミッドレンジデッキそしてZooに対抗するのは厳しいものがあります。またヒーローパワーが現在主流であるハンターに対して分が悪いという点もあります。しかしプロプレイヤー曰く、コントロールパラディンはミッドレンジハンターに勝てるそうです。コントロール系以外ではアグロパラディンがありますが、「Avenge」 の追加にも関わらず残念ながら殆どプレイされていないようです。









<引用元 : http://ihearthu.com/meta-report-33// >







code.png




関連記事

久々の更新だー!
いつも楽しみにしてます(`・ω・´)
[ 2014/10/13 16:38 ] [ 編集 ]
いつも記事お世話になってます。
忙しいのかな?
また時間のあるときに更新されるのをまったりお待ちしております。
[ 2014/09/16 20:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL