HearthStone Read2Win TOP  >  デッキ >  デッキガイド: TaleNT's "Token Rogue" (トークンローグ)

デッキガイド: TaleNT's "Token Rogue" (トークンローグ)


spellrogue00.png



今回は久々にデッキ紹介になります。情報サイト ”Liquidhearth” で見かけた TaleNT ”Token Rogue(トークンローグ)” です。


ローグといえばミラクルローグ、テンポローグ、バックスペースローグ等が有名ですが、これは一体どのような特徴を持つデッキなのでしょうか。



注意 : 元記事は2014年8月29日のものですが、環境が変化し現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。






 Surprise move (不意打ちデッキ)


このデッキは 「NEL Summer 2014 Season 1」 という大会で、”L.TaleNT” という選手が使用したデッキのようです。

BO5形式の対戦において、0-2 と圧倒的不利な状況に陥った ”TaleNT” 選手。しかしこの状況で、トークンローグという見慣れないデッキを用いて素晴らしい逆転劇を見せることに。


大会でよく見られるミラクルローグとは明らかに異なるデッキだったため、対戦相手は驚いたのではないでしょうか。シークレットメイジ、ランプドルイド、そしてシャーマンを次々と倒し、トークンローグが勝利をもたらすことになったのです。経験豊富な [Team World Elite] でさえ、これに上手く対応できないまま敗れるという結果になりました。






 Let's Take a Look at the Deck (デッキリストと戦略)



 
tokenrogue.png
  
デッキリストを眺めてまず目を引くのは、2枚の 「Sprint」、「Preparation」、そして 「Gadgetzan Auctioneer」 が1枚も採用されていないことでしょうか。


皆さんご存知のミラクルローグというデッキは、相手よりも早くカードサイクルを進めることができるというのが強みです。カードドローに使えるだけでなく、ローグ特有のスペルカードが相手の盤面を処理しつつ体力を削るという素晴らしい性能を併せ持つ点も重要です。


しかし、ミラクルローグは比較的序盤の動きが弱いという特徴があります。また、「Gadgetzan Auctioneer」 を引けなければ負けも同然、と言ってよい程このカードに依存するデッキでもあります。





このトークンローグでは、序盤のテンポを考慮することでスペル重視型(ミラクルローグ)の弱みを補強しようと試みています。戦略としては、「Defias Ringleader」 や 「SI:7 Agent」、「Backstab」 といったカードを駆使して序盤を凌ぐことになります。


DefiasRingleader.png SI7Agent.png Backstab.png



試合の後半では、「Sprint」 が活躍するでしょう。このカードのおかげで序盤に消費したカードを補充し、カードアドバンテージを取り戻すことが可能です。後で紹介する動画でも、「Sprint」 の活躍する場面を何度か見ることができます。




最後に、”TaleNT” の対戦後インタビューから。


序盤は盤面を確保するためにテンポローグのように動くこと。5ターン目はとても重要です。というのも、「Azure Drake」 か 「Assassin's Blade」 のどちらをプレイするのか選択する必要があるためです。あなたが既に 「Deadly Poison」 を持っているなら、「Assassin's Blade」 をオススメします。

DeadlyPoison.png AssassinsBlade.png



続く6ターン目では 「Deadly Poison」 を使用し、残りの5マナで 「Azure Drake」 という動きがよさそうです。もしくは、何かしらの1マナスペルと 「SI:7 Agent」 もしくは 「Eviscerate」 を相手本体に打ち込むというプレイもありますね。

対戦相手が動き出しの遅いデッキであれば、「Preparation」 から 「Sprint」 をプレイし手札を補充するという案もあります。


それ以降のターンでは、もし先の武器+毒コンボを既に使用しているなら、出来る限り相手の体力を削ることに集中して 「Blade Flurry」 のタイミングをうかがいましょう。「Ancient of War」 といった巨大なトーントミニオンであっても、武器殴り + 「Blade Flurry」 で処理することが可能です。


ここまで見てきたように、このデッキは ”Miracle” ではありません。現地中国では、このデッキをTaleNTが作り出した新しいメタ ”Mirakuru Token Rogue” と呼んでいるようです。









 Movie (動画)


トークンローグが登場するのは、26分20秒頃になります。









<引用元 : http://www.liquidhearth.com/forum/constructed-strategy/465857-nel-deck-spotlight-talent-token-rogue >





code.png
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL