Hearthstone Read2Win TOP  >  スポンサー広告 >  ガイド >  外したカードはどこへ行く? マリガンの謎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外したカードはどこへ行く? マリガンの謎


canyou02.png



 Mulligan (マリガンの謎)


今回は和訳記事とは異なり、ちょっとした調べ物です。メールで Mulligan(マリガン)について質問を頂いたので調べてみました。質問は以下の様なものです。

”マリガンで取り下げ対象に選んだカードを再び引いてくることはあるのでしょうか?”


なんとなく一度外したカードがマリガン中にまた手元にやって来たことがあるような気がしていましたが、確信を持てませんでした。そこで公式コメントを探してみることに。




公式コメント


検索してみると、以下の様な公式コメントが見つかりました。


公式コメント:

When you mulligan your cards, you do not have a chance to draw the cards you are mulliganing again. They are set aside, you draw your new cards, then the mulliganed cards will go back in your deck.

あなたが手札をマリガンする場合、マリガン中にそのカードを再び引くことはありません。それらカードは脇に一旦置かれ(別プール)、残りから新たにカードを引いた後にデッキに戻されます。


マリガン時に選択したカードはまるでデッキに戻るようなアニメーションで処理されますが、そうではなく一旦保留されているということですね。




確認作業


 qes01.png 上記コメントは約1年前のモノだったので、一応自分でも確かめてみることにしました。方法は簡単で、シングルカード30枚からなるデッキ(同カードを2枚採用していない)を作成しマリガンを繰り返してみるというものです。

20回と試行回数は少ないですが、交換を選択したカードをマリガン中に再び引いてくることはありませんでした

マリガン中に戻って来たことがあるという記憶は、おそらくデッキに同カードを2枚採用した場合に起きたモノだったのではないかと思います。


同じカードが2枚手元に来てどちらも交換した場合も、やはり再びそのカードを引いてくることはなさそうです。





 手元に来る確率


以上の事を踏まえるとあなたが先手の場合、デッキに2枚採用した特定カードがフルマリガンをした結果手札に少なくとも1枚来る確率は以下になるの、か、な?(計算がうろ覚えなのであまり自信ありませんが)。


 1 - (28C6 / 30C6) = 約37%


更に先手3ターン目まで、5ターン目までに特定カードが少なくとも1枚ドロー出来る確率は以下(ここでは「Arcane Intellect」 や 「Shiv」 などのドローを進めるカードは考慮していません)。

 3ターン目: 1 - (28C6 / 30C6)*(25C3 / 27C3) = 約50%
 5ターン目: 1 - (28C6 / 30C6)*(25C5 / 27C5) = 約58%


これが後手(マリガン後3もしくは5枚引いた状況)になると…

 3ターン目: 1 - (28C8 / 30C8)*(24C3 / 26C3) = 約59%
 5ターン目: 1 - (28C8 / 30C8)*(24C5 / 26C5) = 約66%


先手と後手では結構違うものですね。




code.png





関連記事

No title
コメントありがとうございます。

試行回数を増やすとそういったバグが検出可能なのかも知れませんね。ただ気が付きにくいバグであるため、見過ごすプレイヤーが多いのかなあと思います。

修正されていることを祈ります。

[ 2014/08/04 13:27 ] [ 編集 ]
No title
仕様上はそうなんですが、バグ報告を見るといくつもマリガンに関するバグが報告されているので、起こりえないというわけではなさそうです。
既にFIXされているかも知れませんが・・・
[ 2014/08/04 00:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。