Hearthstone Read2Win TOP  >  2016年05月

TempoStorm Meta Snapshot#3 - The evolution of shaman


 「旧神のささやき」リリース後3度目のTierリスト


TempoStorm のメタ分析記事 スタンダード版 第3弾

 ManaWraith02.png  
 毎週更新される ’'TempoStorm’による「Mete SnapShot」。今週は「旧神のささやき」リリース後2度目の公開となります。

ランクマッチでは未だ数多くのデッキが試されていますが、「安定した強さを見せるデッキ」というモノが幾つか存在します。この記事ではTier1~Tier4のデッキ名一覧と、上位デッキの日本語カードリストを紹介しています。
 


注意 : この記事は2016年5月30日に公開されたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。


5月メタ:vS Data Reaper Report #2




 Introduction (初めに)



Vicious Syndicateによるメタ分析記事


 'Vicious Syndicate' によるメタ分析記事「vS Data Reaper Report #2」が公開されました。

 プレイヤーから寄せられた数千件の対戦データを解析し、最近のランクマッチにおける環境構成と動向を示す記事となっています。総合データのみならず、レジェンドランク帯のみ、ランク5からランク1までといった範囲を限定したデータも示されているのが特徴的です。


#2では、5月18日から24日までのデータが集計されているそうです。この期間にはどのようなデッキがよくプレイされていたのでしょうか。



注意 : 元記事は2016年5月28日のものですが、既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。


5月シーズン、採用率の高いカードを紹介


TMS3401.jpgHearthstone


 Tierリストと組み合わせたカード評価


現環境で勢いのあるデッキに採用されているカードとは


 この記事では、’reddit’で見かけた「Card Value Analysis List」にて示されている、現環境でバリューの高いカードをレアリティ別に紹介しています。「Tempostorm Meta Snapshot」のTierリストを基にカードのスコアを算出しているそうです。


魔素によるカード作成、パックで当たったカードを分解してよいかどうか、といった判断をする際の基準の一つに。



旧神のささやき 低予算デッキ(9ヒーロー)


basic1to10001.jpgHearthstone


 新拡張後の低予算デッキ
Hearthstone

900~1600魔素で構築可能なデッキを紹介


 ここでは、’reddit’で見かけた「Sheng's Budget Standard Decks for All 9 Classes」という記事内の 「旧神のささやき 低予算デッキ」 を紹介します。無料で手に入る「クトゥーン」を活用したデッキだけでなく、ヒーロー専用の強力な新カードを採用したデッキなどがありますので色々と試してみましょう。


TempoStorm Meta Snapshot#2 - The new tier shaman


 「旧神のささやき」リリース後2度目のTierリスト


TempoStorm のメタ分析記事 スタンダード版 第2弾

 ManaWraith02.png  
 毎週更新される ’'TempoStorm’による「Mete SnapShot」。今週は「旧神のささやき」リリース後2度目の公開となります。

ランクマッチでは未だ数多くのデッキが試されていますが、「安定した強さを見せるデッキ」というモノが幾つか存在します。この記事ではTier1~Tier4のデッキ名一覧と、上位デッキの日本語カードリストを紹介しています。
 


注意 : この記事は2016年5月16日に公開されたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。


春季EU地域予選 デッキ / データ


TMS3401.jpgHearthstone


 HCT Europe Spring Preliminary


「旧神のささやき」リリース後初の地域予選


  • 5月14~16日の3日間に渡り、春季EU地域予選が行われました。

    この記事では、予選を勝ち抜いたプレイヤーの使用デッキや大会におけるヒーロー選択数 / 勝率についてのデータを紹介します。



デッキアーカイブ Vol.2


lib02.jpg



 デッキアーカイブ


 本ブログの デッキライブラリ に掲載していたが、やや時代遅れになってしまったモノをこちらに移しています。たまには「過去にこのようなデッキが流行っていたのか」、と懐かしく眺めてみるのはいかがでしょうか。

最近気になるデッキ、バリエーション紹介


TMS3401.jpgHearthstone


 最近話題のデッキについて、色々なリストを紹介。


複数人のデッキに触れ、違いを感じてみよう


 この記事では、ある1タイプのデッキについて、複数リストをまとめて紹介します。時期や環境、或いは大会用に調整されたものを一つの画像に載せる予定です。自身のカード資産やランク帯に合わせ、カードを入れ替えてみましょう。


ハースストーン大型大会 「DreamHack Austin 2016」


TMS3401.jpgHearthstone


 DreamHack Austin 2016


LHSルールによる大型大会


  • 5月7日~5月9日にかけて、ハースストーン大型大会「DreamHack Austin 2016: Hearthstone Grand Prix」がアメリカで開催されています。大型大会というのは、賞金総額$10,000以上でHCTポイントが計40ポイント以上付与されるトーナメントです。


    LHS(ラスト・ヒーロー・スタンディング)というルール、スイスラウンドという形式で行われる大会です。「旧神のささやき」リリース間もないこの時期、どのようなデッキが活躍したのか紹介します。


旧神のささやき第1週: インパクトを与えたカードBest10


Hearthstone


 環境にインパクトを与えるカード


情報サイトで公開されているカードランキング


  • 各情報サイトにて、「旧神のささやき」リリース第1週における「高インパクトカードのランキング」が公開されています。この記事では、2つのサイトで示されていたデータを日本語版カード画像で紹介しています。

    カードを作成する際の一つの目安にする、デッキに採用して自分でその強さを試してみるなどしてみましょう!