HearthStone Read2Win TOP  >  2015年08月

メタ: Tempostorm Meta Snapshot#27


AGSD001.jpgHearthstone


 TGT第一週、メタ分析記事のまとめ部分


TempoStorm のメタ分析記事

 ManaWraith02.png   TGTがリリースされて約1週間が経ちました。日々新しいデッキが生み出され、刺激的で楽しい時期だと思います。

 いつもは 'Liquidherth' のデッキパワーランクを記事にしているのですが、今回は動きの激しい時期ということで 「Tempostorm のメタ分析(まとめ部分)」 を紹介してみようと思います。
 


注意 : この記事は2015年8月31日に書かれたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。



 Tempostorm: THE META SNAPSHOT: #27



流動的なメタにおける、各デッキの動き


 今週のメタ分析に際し、これまでと異なるアプローチを採用しました。というのも新カードのリリースに伴い、多くのデッキタイプが試行錯誤の最中にあるためです。各デッキのポジションをこの段階で決めるのは困難だと言えるでしょう。


 ハンターに代表されるミッドレンジデッキでは、特にそれが顕著です。流動的なメタにおいてどのタイプが適しているのか、「試しては修整する」 という作業を繰り返しているようです。

 その他、Mechメイジなどは別の影響を受けています。プレイヤーの多くは新しく登場したTGTカードをもっと楽しみたい、といった理由で従来数多くプレイしてきたデッキの使用を避けるというものです。新カードがMechメイジに適していればこうはならなかったでしょうが、残念ながら現在のところTGTカードとMechメイジの相性はあまり良くないようです。


 こうしたデッキが時間経過と共に研究され、新しいTGTバージョンとして復活する可能性は十分にあります。今後数週間に渡り、そういったデッキが以前までのメタリポートでいう 'Tier4' の位置に登場するでしょう。



プリーストの活躍

 mage
  
 TGTリリース前には、プリーストを好むプレイヤーは 「回復を活かせる時代がやってくる」 と希望を抱いていました。Lesser Heal を多用することで、’Inspire’ が活躍するといった感じでしょうか。

 しかし蓋を開けてみると、Inspireの影響はリリース前の盛り上がりに比べそれ程強くないように感じられます。しかしプリースト愛好家の皆さんはガッカリする必要はありません。


 今週活躍したのは、別のデッキタイプ 「ドラゴンプリースト」 です。これまで 「プリーストの中ではやっていけるデッキ」 という見方が強かったのですが、それに力強さがプラスされた格好になります。

 現在はTier2のトップに位置しており、今後更なる改良が加わればTier1へ移動するのも容易であると期待されています。Ladderに限らず、トーナメントでプリーストを使用するプレイヤーも直ぐにドラゴンプリーストの採用に踏み切ることでしょう。




Inspireを活用するヒーロー、シャーマン


 mage
  
 現在 ’Inspire’ の恩恵を最も受けているのは、シャーマンです。新しいヒーロー専用カードと強力なトーテムが相乗効果を発揮し、以前のミッドレンジシャーマンよりも他デッキと戦える存在になっています。

 リリース前に想像していた程の勢いではありませんが、メタが安定していくまでに 「トーテムシャーマン」 が大きく変化する可能性は十分にあるでしょう。





脅威の勢い、シークレットパラディン


 mage
  
 どこを見てもパラディン、と言われるほどの流行ぶりです。TGTリリース前にはアグロ型が活躍したものの、中途半端な存在であったパラディンが一気にトップスターへと変貌を遂げました。

 「シークレットパラディン」 は、他のどのデッキにも有利が取れると言ってもよいのではないでしょうか。リリース前のPatronウォーリア状態です。


 プレイヤーの多くは 「Patronウォーリアをどうにかしてよ」 と願っていたのですが、皮肉にもそれに変わる 「同様に圧倒的なデッキ」 が誕生してしまった形となります。




これからのメタリポートに注目


 TGTは停滞していたメタに新しい風を吹き込みました。これまでパッとしなかったヒーローにチャンスを与え、Ladderでの復活を実現させています。今後のHSがどうなっていくのか、考えるのが非常に楽しみです。

 「シークレットパラディン」 や 「トーテムシャーマン」 がこのまま好位置をキープしてメタが形成されるのでしょうか。それともこれらを更に超える新デッキがプレイヤーにより生み出され、メタを席巻するようになるのか。トーナメントにおける環境も非常に気になります。





<引用元 : THE META SNAPSHOT: #27 >



code.png

TGTリリース5日目、注目のデッキ


 TGT has come ! Featured decks
Hearthstone

TGTリリース5日目、倒しても倒しても蘇るアイツが活躍


  • TGTリリース5日目、シーズン終了まで残り3日となりました。

     リリース前まで高い評価を受けていなかった Dreadsteed 。そんなカードを活用したデッキが2人の有名プレイヤーにより作られ、話題になっています。





  • プレイ動画


  • Tides of Time のプレイ動画は 「こちら」 から。以下の動画は Kripparian の解説/プレイ動画になります。




  • code.png

    デッキ比較: 有名プレイヤーのシークレットパラディン


     TGT has come ! Featured decks
    Hearthstone

    「シークレットパラディン」 ブーム到来


  • 巷ではちょっとしたシークレットパラディンブーム。ここでは、有名プレイヤーが使用していたデッキを並べてみます。今後どのように変化していくか楽しみです。






  • code.png

    TGTリリース4日目、注目のデッキ


     TGT has come ! Featured decks
    Hearthstone

    TGTリリース4日目、新カードを採用したデッキを紹介


  • TGTリリース4日目、シーズン終了まで残り4日となりました。

     ウォーリアを好んで使用する事で有名な 「Kitkatz」 が、TGT新カードを採用したコントロールウォーリアを試しているようです。Justicar Trueheart の威力はいかほどか。




  • code.png

    ガイド: 過小評価だったTGT新カード TOP5


    AGSD001.jpgHearthstone


     正に手のひら返し!実はイケているカードだった


    イメージと実際の使用感が異なるカード

     ManaWraith02.png  
     TGTリリース3日目を迎え、皆様どのようなHSライフをお過ごしでしょうか。欲しいカードがパックから出ない、想像以上のオリジナルデッキが組めて満足している、など色々あるかと思います。

    ’HS Players’にて、「過小/過剰評価だったTGTカード TOP5」 という面白そうな記事があったので、今回前半部分を紹介します。
     


    注意 : この記事は2015年8月27日に書かれたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。


    TGTリリース3日目、注目のデッキ


     TGT has come ! Featured decks
    Hearthstone

    TGTリリース3日目、新カードを採用したデッキを紹介


  • TGTリリース3日目、まだまだデッキのアイディアは底を尽きないようです。

     ’HS Players’ では、Aviana を採用した ランプドルイドのデッキガイド が公開されています。気になる方はチェック!




  • code.png

    TGTリリース2日目、注目のデッキ


     TGT has come ! Featured decks
    Hearthstone

    TGTリリース2日目、新カードを採用したデッキを紹介


  • 8月24日、ようやくTGTがリリースを迎えました。リリース後暫くは、引き当てたカードをなんとか活用しようと様々なデッキが登場してきそうです。

    有名プレイヤー達も同様で、新カードを採用したデッキを模索しています。ここではその一例を紹介します。






  • code.png

    TGTリリース初日、注目のデッキ


     TGT has come ! Featured decks
    Hearthstone

    TGTリリース初日、有名プレイヤーが使用したデッキ


  • 8月24日、ようやくTGTがリリースを迎えました。皆様どのようなカードが手に入りましたか。

    プロプレイヤー達は、早速新カードを採用したデッキを模索し始めています。ここではその一例を紹介します。









  • code.png

    Info: Patchノートに記載されていない3.0の変更点 & バグ


    UPN001.jpgHearthstone


     パッチノートに書かれていない変更点



    知っていれば得をする? 細かい変更点 & バグ


     情報掲示板 reddit に、公式の3.0パッチノートに記載されていない変更点 & バグ をまとめた投稿(リンク)がありました。その中から気になったものをピックアップ。



  • 一般的な変更

    1. Concedes(敗北宣言) が 直ちに処理される ようになった。

    2. コレクション画面の検索欄で、"new" というワードが機能する。これにより、新規に獲得したカードのみ表示されるようになる(一部バグ報告あり)。

    3. クラフト画面にTGTカードが表示されるが、現時点ではクラフトすることは出来ない。

    4. TGT仕様のゲームボードが登場。

    5. 月末に獲得できるランク報酬のカウントが開始。クエスト画面にて 今月の最高到達ランクが確認可能

    6. 「特定ヒーローで3勝する(50ゴールド)」、「Tavern Brawlで5勝する(60ゴールド)」 がデイリークエストとして追加。




  • 特定カード、効果に関する変更

    1. 他カードより生み出されたカードはラベル(明記)され、サイドバーに表示されるようになった。



    2. Fel Reaver のカードテキストが変更。これまで "discard" とされていた記述が "remove" へ。除かれたカードは、画面左のヒストリーでも確認可能。

    3. コスト増効果(Loathebなど)の影響を受けているカードをプレイすると、相手にその数値が適用されたマナコストが表示されるようになった。

    4. DuplicateEcho of Medivh のエフェクト(見た目)が変更。

    5. Thoughtsteal のエフェクト(見た目)とサウンドが変更。

    6. サイレンスのアニメーションが、より速いものに変更。





  • バグ関連

    1. 観戦モードでの試合中、全カードの枠が緑色になってしまう不具合がある。マウスを動かすことで解除可能。

    2. コレクション画面の検索欄に "The Grand Tournament" と入力すると、TGTカードが表示されるが全てではないという不具合がある。

    3. Gnomish Experimenter がプレイされる際、ドローしたカードが Chicken に変化したかどうか、表示されない不具合がある。




    <引用元 : HearthStone 3.0 — Unofficial Patch Notes >


    code.png

    Hearthstone Quiz - Vol.1


    AGSD001.jpgHearthstone


     ゲームの仕組みをクイズで確認


    知識がピンチを救う?


     qes01.png   ハースストーンのルールは他のカードゲームよりもシンプルで分かりやすいと言われます。しかしながら、どのような事が起こるのか予想しにくい状況 が存在するのも確かです。

    そのような特殊な場面に出会うことは少ないとは思いますが、ルールや効果の処理をしっかりと把握しておくことでピンチをチャンスに変えられた! といったことがあると思います。

    この記事では3段階の難易度別に、カード効果を確認出来るようなクイズが紹介されています。


    注意 : この記事は2015年8月13日時点で書かれたものです。既に環境が変化し、現況に沿わない内容があるかもしれません。基本的な考えを把握できれば、という趣旨で和訳しております。ご了承ください。