HearthStone Read2Win TOP  >  動画

2016年冬季:各地域の地域予選動画





 2016 Winter Preliminaries: Movies


Europe / EU地域予選


  • 2016年2月13、14日に行われた「EU地域予選」の動画。再生リストのリンクはこちら






  • Americas / アメリカ地域予選


  • 2016年2月21、22日に行われた「アメリカ地域予選」の動画。再生リストのリンクはこちら





  • code.png

    2015 Blizzcon Opening Week: 'Kno'選手の試合を観てみよう


    wchow001.jpgHearthstone / ハースストーン


     ハースストーンの世界大会、World Championship


    グループステージ、日本人プレイヤー’Kno’選手の活躍を振り返る


  • 2015年10月29日~11月1日にかけて行われた「Blizzcon Opening Week」。強豪ひしめくグループAを勝ち抜き、見事本戦出場権を獲得した’Kno’選手の試合動画を並べてみます。



  • 第1戦 'Kno' vs 'JAB'






    第2戦 'Kno' vs 'Thijs'(EU選手権チャンピオン)






    第3戦 'Kno' vs 'JAB'






     Blizzconで行われる世界大会本戦


    トーナメント表が決定!


    cursed.png


  • 日本時間11月7日~8日にかけて行われる世界大会。出場全8名が決定し、トーナメント表が公開されています。

    日本人’Kno’選手の初戦の相手は、中国の’DieMeng’。隣の山には’Zoro’、’Hotform’といったポジションです。あの大舞台で活躍してくれることを期待しましょう!


  • code.png

    動画を観てみよう: Kolentoのプレイング(フェイスハンター)


     フェイスハンターは簡単なデッキなのか
    Hearthstone / ハースストーン


    低コストでオススメしたくなるフェイスハンター


  • ゲームを始めて間もないプレイヤーに対し「オススメしやすいデッキ」というモノが幾つかあります。コストが安くてプレイングがそれ程複雑ではない、というのが条件になるでしょうか。

    「フェイスハンター」は比較的低コストで構築出来るため、ベーシックデッキでゲームのコツを掴んだフレンドに勧めるというパターンがよく見受けられます。



  • ヒーローだけ狙っていれば良い?


  • フェイスハンターはその名が示すように「相手ヒーローのみを攻撃し続けて、削り切れなければ負け」というデッキなのでしょうか。確かにその傾向が極端に強いデッキです。下に示している画像の様に、「相手の盤面を覆ってプレイしても大丈夫」というジョークが一時期流行りましたね。

    しかし、結果的に相手体力をゼロに出来ないという事はあっても、プレイングの良し悪しは存在するはずです。

    cursed.png


    プレイングに関しては、有名プレイヤーの力を借りましょう。以下に、’Kolento’がレジェンドランク帯にてフェイスハンターをプレイした動画を添付します。




  •  Let's Take a Look at the Deck (デッキリスト)


     
    cursed.png



     Movie(動画)



    いつヒーローを攻撃し、いつ何とトレードするのか


  • 動画を観る際、ターン開始時に一時停止し「自分であればこのターンにこうアクションする」と考えてみましょう。その後に再生を進め、Kolentoが実際に行ったプレイと比較してみる事で鑑賞がより一層楽しめると思います。

    もちろんKolentoの選択が常に完璧であるとは限りません。素晴らしいアイディアが得られた場合、フレンドと検討してみるのも面白そうですね。



  • プレイ動画





    code.png

    Funny and Lucky Moments - Hearthstone - Ep. 41



    密かに楽しみにしているHSの珍プレイムービー。もう41作品目にもなるんですね。

    1ネタ目は 気まぐれ爆弾魔こと 「Mad Bomber」 の散々な結果。相手に笑いをプレゼント出来たと自分に言い聞かせるしかないですね。

    2ネタ目は 珍しい相打ちの場面。「Baron Geddon」で相手が死に、「Ragnaros the Firelord」で…

    3ネタ目が一番お気に入りです。相手の動きに翻弄されることってありますよね。自分の場より相手の場に注意を払ってしまうという…