HearthStone Read2Win TOP  >  WOTOG >  旧神のささやきリリースと同時期に適用される、既存カードの変更

旧神のささやきリリースと同時期に適用される、既存カードの変更


 00000054534543Hearthstone / ハースストーン

 ベーシック / クラシックカードに大きな変更が


旧神のささやきリリースと同時期に入れられる、弱体化のメス


 2016年4月21日、「旧神のささやき」リリースを前に 基本カード / クラシックカード の弱体化情報が公開されました。日本公式サイトのページはこちら







※注意: 弱体化を受ける事になったからといって、今直ぐにそのカードを還元してしまわないように。クラシックカードについては、変更適用後「期間限定で作成に必要な魔素と同量で還元できるようになります」(公式FAQより)。



既存カード変更①: 知識の古代樹


EPT#3bkt


  • 選択能力で2枚ドロー可能だったのが1枚に。体力5回復やマナコストはそのままです。


  • カードドローは、ハースストーンにおいて非常に強力な能力です。そのため、「知識の古代樹」は殆どのドルイドデッキに2枚採用されてきました。ドルイドプレイヤーには「他のカードも採用に値する」と感じてもらいたいという事から、ドロー枚数を1枚に減らしました。





    既存カード変更②: 自然の援軍


    EPT#3bkt


  • マナコストが「6から5」に低下しますが、召喚される 2/2の トレント から”突撃”能力が取り除かれます。また、これまで「召喚されたトレントはターン終了時に死亡する」となっていましたが、その部分が取り除かれています。3体の 2/2トレントは盤面に残ることになります


  • これまで猛威を振るってきた、「獰猛な咆哮」との組み合わせによる1ターンバーストダメージを実現不可能にさせる変更です。ドルイドデッキに必須なカードではなくなるでしょうし、使用されたプレイヤーは対応する機会を得られるでしょう。





    既存カード変更③: 木立の番人


    EPT#3bkt


  • マナコストや能力はそのままで、ミニオンの体力が「4から2」へ変更となります。


  •  沈黙という便利な効果とそれなりのステータス値を兼ね備えていることから、万人が強力で応用力の高いミニオンであると認め、どのドルイドデッキにも自動的に2枚採用されているカードです。このような「採用されて当たり前」という状況を変えるため、ステータス値に変更を加えます。





    既存カード変更④: 鉄嘴のフクロウ


    EPT#3bkt


  • 能力やステータスはそのままで、マナコストが「2から3」へ引き上げられます。


  •  安価な沈黙手段として、数多くのデッキに採用されています。沈黙という効果にかかるコストを底上げするという考えから、このような変更となりました。





    既存カード変更⑤: 大物ハンター


    EPT#3bkt


  • 能力やステータスはそのままで、マナコストが「3から5」へ引き上げられます。


  •  非常に手軽な除去手段の代表であり、場にミニオンを残すというオマケ付きカード。強力な除去手段が用意されているヒーローであったとしても、この中立ミニオンを選択するという考えは当然といった感じがします。そこでマナコストを増加させることにしました。





    既存カード変更⑥: 狩人の狙い


    EPT#3bkt


  • 能力はそのままで、マナコストが「0から1」へ引き上げられます。


  •  ハンターには重要な選択肢の一つなのですが、さすがに0マナでは効率が良すぎるだろうということで、コストを引き上げます。





    既存カード変更⑦: 千刃乱舞


    EPT#3bkt


  • マナコストが「2から4」へ引き上げられ、ダメージの対象から相手ヒーローが除かれます(相手ミニオンだけ)。


  •  盤面一掃だけでなく、ヒーロー本体へのバーストダメージも同時に実現してしまう事から、ローグ専用カードをデザインする上である種の障害となっていました。これを解決するためマナコストを上乗せし、攻撃対象を相手ミニオンに限定しました。こうすることで手軽にどちらも達成する事は出来ず、脅威を排除するのか相手ヒーローをアタックするのかという選択が必要になります。





    既存カード変更⑧: ナイフ・ジャグラー


    EPT#3bkt


  • マナコストや能力はそのままで、攻撃力が「3から2」へ下がります


  •  低コストミニオンを多数展開するようなデッキのお供という位置付は良いのですが、攻撃力3という事でそれ以外のデッキにも幅広く採用されています。攻撃力を2にすることで、採用に何らかの目的や動機が求められるようになるでしょう。これまでのような2マナコストのベストチョイスという状況が変わるはずです。





    既存カード変更⑨: レプラノーム


    EPT#3bkt


  • マナコストやカード効果はそのままで、攻撃力が「2から1」に下がります


  •  コストの割に打点の期待値が高いため、殆どのアグロデッキに採用されているのが現状です。「とりあえずこれを入れておこう」と感じてしまうカードは、より良いデッキを作るための機会を奪っているとも言えます。他の1マナミニオンにも選択の機会を与えるため、このような変更になりました。





    既存カード変更⑩: 魔力のゴーレム


    EPT#3bkt


  • マナコストそのままで体力が「2から4」へ引き上げられますが、”突撃”能力が取り除かれます


  •  突撃は、慎重に扱うべき能力だと開発チームは考えています。「魔力のゴーレム」はアグレッシブなデッキ、また1ターンで相手を倒すようなコンボデッキの必需品といった存在です。デメリットはあるのですが、それが殆ど気にされていないという状態ではないでしょうか。

    この2点を同時に解決するため、デメリット部分を残しつつ、突撃能力を除き体力を増加させることにしました。





    既存カード変更⑪: 溶岩の巨人


    EPT#3bkt


  • 能力やステータスはそのままで、マナコストが「20から25」へ引き上げられます


  •  「溶岩の巨人」は非常に面白いカードなのですが、現状だとマナコストを0にするのがあまりにも簡単であるという印象です。低マナコストを実現するためにプレイヤーが負わねばならないリスクを底上げするため、この様な変更となりました。ドルイドのコンボや「魔力のゴーレム」の変更により、低体力にするリスクが今後低下すると予想されます。





    既存カード変更⑫: 変装の達人


    EPT#3bkt


  • 能力が「味方ミニオン1体に隠れ身を付与する。」から「”自分の次のターンまで” 味方ミニオン1体に隠れ身を付与する。」へと変わる。


  •  永続の”隠れ身”効果を与えるという能力は、長らくカードデザインの支障となってきました。そこで今回、自分の次のターンまでという制限を設けることに。これにより、今後多くのエキサイティングなカードが生まれる事になるでしょう。


    code.png

    関連記事
    ゴーレムはなぁ…
    突撃持ちから突撃消してどうすんだよ
    この修正にコルクロンの精鋭が巻き込まれたらたまらんよ
    [ 2016/04/26 21:32 ] [ 編集 ]
    サイレンスOPすぎたから番人とフクロウはいいんじゃないか
    ステータス上昇系がデッキに採用されにくかったのはこいつらのせいだった訳だし
    むしろ遅かったくらいで、溶岩とサイレンスはグランドトーナメントで変更されても全然よかった
    魔力のゴーレムは、、、もう見ることないかな
    [ 2016/04/26 20:00 ] [ 編集 ]
    レプラノームは1マナで2点ダメージほぼ確定でおまけに攻撃持ちだから修正後でも十分opで悪い修正じゃない
    知識の古代樹も今までがOPすぎただけで修正後でも十分使える
    しかしフクロウと魔力のゴーレムは明らかに修正するところがおかしいし他との釣り合いが取れなくなるし方向性がよくわからん

    運営が突撃とバフのコンボで一気に殺しきる状況をどうしても作りたくないってことはよく分かるが
    そうすると一度盤面とられたら死ぬまでずっとそのままなゲームバランスになるんじゃないかな
    [ 2016/04/24 10:43 ] [ 編集 ]
    フェイスハンター死んだな
    [ 2016/04/23 15:00 ] [ 編集 ]
    ホーホホは2 1/1で良かったんじゃね?
    エンジニアと同じスタッツ、1ドローと沈黙なら釣り合い取れるっしょ
    3コスにした事でスペブレとのバランス取れなくなってるし、対象カードしか見てないだろ感が半端ないな
    鰤側のカードデザインの基準がかなり杜撰なことになってないか?
    [ 2016/04/23 12:19 ] [ 編集 ]
    ナーフを見れば今の運営のバランス感覚が分かるってもんだ。
    突っ込みどころが多すぎて、新拡張の期待値も下がる一方だな…
    [ 2016/04/23 12:03 ] [ 編集 ]
    フクロウ3コスって1コス追加だけで+2/+2か
    [ 2016/04/22 19:35 ] [ 編集 ]
    他のカードも選べるようにって言い張るならせめて自然の援軍みたいに部分的には良くなってるも作ってくれないと…
    レプラノームならせめて1/2とか1/3にしてくれればまだ今までとは違う使い道ができたかもしれないのに。これじゃ絶対無理やろ
    [ 2016/04/22 18:42 ] [ 編集 ]
    魔力のゴーレムとか誰が使うんだこれww
    [ 2016/04/22 16:21 ] [ 編集 ]
    せめて味方ミニオン全員やろ、、、
    [ 2016/04/22 13:58 ] [ 編集 ]
    ティリオンは?
    [ 2016/04/22 00:07 ] [ 編集 ]
    変装の達人は操られた鎧が最初は中立ミニオンで出す予定だったけどこいつのせいでメイジで出すことになったみたいな話もあるし今後刷るカードとの兼ね合いのナーフなんだろうね
    [ 2016/04/21 23:11 ] [ 編集 ]
    変装の達人なんやこれ、今後多くのエキサイティングなカードでるけどこいつ一生つかわれんやんけ
    [ 2016/04/21 22:21 ] [ 編集 ]
    弱体化はしたけどまだ強いし使えるだろ
    公式にも書いてあるけど狙いはデッキ構築の幅を広げるところにあるわけだし
    [ 2016/04/21 15:03 ] [ 編集 ]
    禁止ではねぇだろwwwww
    [ 2016/04/21 13:35 ] [ 編集 ]
    弱体化っていうか事実上の禁止だよねジャグラー以外
    [ 2016/04/21 12:24 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL